吉日、パワスポ、縁起もの


※こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今日(11/25)は1日目の一粒万倍日+イロイロ吉日

御用もあったのでお出かけしてきたモーネルです🍵

明日(11/26)も2日目の一粒万倍日ですが

平日はあまり出かけられないですよね~

数日後のほうがもっと吉日なんだそうですが

私なりの占星術で申し上げますと

明日や数日後だと満月の3日以内になりません。

今日の宝くじ売り場には、たくさんの方が

様々なお考えをもったり、なんとなくだったりで

並んだことだろうなぁと思いました。

11/25のお昼前で海王星も順行になったし…

そもそも逆行って、ただの天動説的な錯覚ですけど。

でも、一粒万倍日とかの吉日って

別に金運の日ってことでもないんですよね~

東洋占術はお金や見えるモノについて

もの申すことが多い占いのような気がしますが

占星術的とかから見ると、よくわかりません。

でも、その強引さが…なんていうかなぁ

すごく大陸的な「勢い」というか、気力を

上手に引き出す場合もあったり…

基本的に東洋占術はあんまり…

サビアンシンボルに関わるものもあるので

必要最小限で見たりしますが

占術そのものに取り入れることはありません。

占星術はとてもクールで客観的な要素が強いので

理屈より直感みたいな

ハチャメチャなタイプの方や、気分屋さんには

「縁起」の要素が強いもののほうが

性分的には合うのではないか?と思います。

気分が良くなる、という意味ですが。

こんなこと言ってますが

若いころは私もハチャメチャ派でした。

だから長所短所や因果の抜け方…よくわかります。

イヤミではなく、本当にそう思うんですよね~

「景気がいい」って、要するに

世間の皆さんの気分がいいってことですから。

バレンタインやクリスマスなどのイベントだって

実に大陸的ですよね~

個々の関係のタイミングは割とどーでもよくて

ただただ、みんなでワーっと…っていう。

気分屋さんのための景気づけ。

奥手すぎたり、ノミの心臓な方のためのキッカケ作り。

失敗した時のために涙ってモンがあるわけで

そもそも成就していないものは、失うものもないですし

多くのご老人は「若いころは楽しかった」と言いますし

ハチャメチャなほうが、確かに楽しい場合も…。

でも、手持ちのカードが増えてくると

違う遊び(楽しさや幸福)ができるようになるのが

オトナってもんかな~という気もします。

実際、モーネル自身、今が一番

ちゃんと自分で生きられているなぁって思うので…

消費から生産に回って、空虚感が消えたっていうか。

なんていうかなぁ、若いころは

刺激と消費と失敗の繰り返しで

ナニカを見つけたり、積み上げることが下手でしたね~

後にはつながらない種類の

どこにでもある一時の楽しさがあっただけ。

それに気づいた時、昔の記念品や

写真の大部分を捨てました。

とてもスッキリしたのを覚えています。

赤ちゃんもそうですけど

人は泣いて強くなる、を是とすれば

失敗や損失を回避しすぎたり

行動しない人ほど弱くなる、も、また正解だと思います。

自分らしさなんか叫んでみても、実際の自我は

針でつつけば割れるだけの風船みたいに空虚。

人間関係で酷い目にあった!私は被害者だ!

という方のブログをよく目にしますが

よく読むと…だいたい、そうでもない感じです。

手持ちのカードが少ない人ほど

善悪などの超単純な価値観の一本やりで

人やモノゴトをよりわけている自分に気づきません。

ですから、なんでもかんでも

やればいいってわけではないのだけれど…

それでもなお、行動は不可欠なんですよね~

七転び八起きで精進あるのみっていうか。

いろいろあがくと、カードが自然に増えてきます。

私も若いころ通った道です🍵

宝くじセンターで、そのほとんどがはずれ券なのに

そうと知りながらも嬉しそうに

並んでいる人々を見かけますと

占術とは、なんのためにあるのだろうかと

考えることがあります。

当たらなければまったくご用をなさず

されど真実であればこそ希望を失わせることも…

別の希望が見つけられたらいいけれど

それさえも遠い時期の人もいるのも現実です。

だから、つい、良いことを言ってあげたくなる…

でも、それって消費的な喜びだと思うんです。

宝くじの「はずれる券」を大切にもっている時

その人や身内の方々は、とても幸福な時間を

過ごすことができるので

宝くじ売り場は世間から「嫌われる」ことがありません。

だって確率だけは公平に販売できるから。

占い師は、確率を与えることができません。

それを与えることができるのは神様だけだとすれば

単純な方ほど疎ましく感じるでしょうね…

夢・気力・欲求の勢いだのみで生きてるわけだから。

でも、その夢の先の結末を見るのが

占い師の責任の範疇だから、仕方ないね。

いい加減なものを出すわけにはいかないですから。

ただ、「幸福を手に入れるから、幸福なのだ」

と考える西洋占星術は

少し…真面目すぎるかもしれません。

時代も人間も、とっくにメチャクチャになってきてるから

難しいところですよね~、ほんとに。

たとえ後で無残に散る夢だったとしても

夢を見ている間の幸福感で

人生を埋め尽くしたいと考えている(自覚はない)

消費者型の人だっているわけですから。

それとは逆の、生産型の私だって

「もし10億円あったら、アレとコレができるなぁ」

って考えると楽しいですもん(*´艸`*)♫

でも、一粒万倍日などの吉日だからこそ

一生をかけて積み重ねる価値のあるものについて

きちんと考えてみるのも

アリなんじゃないかな~と思います

東洋と西洋のミックス的な発想というか。

そのほうが、抽選日や若い日を過ぎても

消えないものが残るんじゃないかな~

#占い占星術西洋占星術東洋占術吉日パワスポ縁起もの金運恋愛運運気運勢人生勢い #消費者生産者欲求の限界刺激経験宝くじ気分屋空虚感行動価値観幸福感安定夢の先

​最新記事