不思議なものについて ⑬女神様と毒親が電話?


※こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今日は久々の「不思議なものについて」

実話なのですが、それゆえの配慮が必要なので

あえて「よもやま話」として記事にさせていただきます。

実話ゆえのフェイクも多少入りますが、お許しを。

ある知人のお話になります。

その知人の実家だった田舎町では

ずっと昔から、女神様をお祀りしていました。

その町に、自分の子供を徹底的にいじめる

いわゆる「毒親」がいました。知人の親です。

今なら通報ものだろうな、ということも多かったといいます。

そんな子供時代、知人はよく女神様の

ましますところに行きました。

まるで母のように慕わしく思っていたんですね~

知人は卒業後すぐに毒親と大喧嘩し、家を出ました。

そして苦労の末、幸せな生活を築き

中年になってある程度の余裕ができました。

人間についてはもう嫌になっているけれど

母とも慕った女神様のために…と

消えゆく町にとって良い話を推進しようとしていました。

しかし、小さな町で目立つことをすれば

「サイコパス10個の特徴」がピッタリな毒親たちが

黙ってはいないと思い、一定の和解をしようとしました。

毒親たちがやましさゆえに

これまで同様にあることないこと言いふらし

しかも居直って憚らない、邪悪そのものだということを

もう嫌というほど知っているからです。

嘘でもいいから、心身ともに傷つけられたほうの

自分が謝るしかないことも分かっていました。

そうでなければ話にさえならないことを…

それは嫌だな…とためらっていた時

女神様のような不思議な声が聴こえたそうです。

「今なら私が力添えをしてやろう。電話をせよ…」

不思議とフワフワした感覚にあたたかく包まれ

知人はまるで流されるように電話をかけました。

…結果は言わずもがな💦

謝られたことに「勝った!→正しいのは私だ!」

とばかりに、さらに調子に乗り

さんざん馬鹿にし、傷つけたおしたあげく

一方的に勝利宣言してガチャ切りした毒親。

そんなのほっとけばいいのに~‼って私も思いました。

あんまりにも残酷で理不尽だし…

知人は「わかってたし今は幸せだから大丈夫なの~」

と言っていましたが、古傷がえぐられた様子でした。

その2日後、知人は不思議な夢をみたそうです。

女神様が現れて、厳しい顔で立っている…

知人は夢の中で

「私がうまくやれなかったので、お怒りなのかしら…」

と思ったそうです。

そして、女神様はキッパリと一言おっしゃいました。

「〇〇、お前の負けじゃ!」

知人は、親不孝を叱られるものと…

女神様にも一般論で責められるのか

おわかりいただけなかったのか…と

夢の中でとても残念に思ったそうです。

毒親もちには「あるある」ですよね~

無理解な人からのセカンドレイプやモラハラ。

しかし、女神様は続けて言ったそうです。

「そして、私も負けじゃ。

 負けた者は出てゆくがこの世のさだめ…。

 さて…ともに、どこに行こうかの…?(*^_^*)」

…と、優しい微笑みで…。

すると、どこからともなく

待ってました~!!と言わんばかりに

神様のような人達?がワラワラ集まってきたそうです。

「仕方ない~♪出て行くぞ~♪」など歌うような感じで。

知人の傷は一瞬で癒されてしまったそうです。

さすが神様ですね~

たった一言で、ほんわか~と解決なさるとは…。

確かに「救い」を前提に生まれた土地の神様ならば

その土地を自分から捨てることは不可能

だったのかもしれません。

たとえどれほど呆れ果て、軽蔑していようとも…

どれほど「我が子」が不憫であっても…

モーネルはふと考えました。

電話で毒親に謝るとき、不思議なほど嫌でもなかったという

知人の言葉の、本当の意味を…

電話してたのって…

体はその知人でも、魂というか精神というか

見えないもの…実は女神様だったんじゃない!?

だとすれば…

その親御さん…10分以上も女神様に

悪意の攻撃と罵詈雑言を続けたわけで…💦

最後に勝利宣言まで…

女神さまも「私も負けじゃ」って言ってたし…

無礼千万という言葉では足りない気がします💦

見えないモノが見えない人って

本当にスゴイことするなぁ~。

そして女神様も…先にぜーんぶわかってて

あえて電話させたのかな~?

もう苦しまなくていい、私と共に暮らそう…って。

私のために傷ついてほしくない…って。

神様が出ていかれた土地はすぐにアレな感じに…

という神話も、枚挙にいとまがありませんし。

誰かとぶつかることは誰でもあります。対立も。

でもそれが異常なレベルだったり

ありえないほど理不尽なことも起きるのが

現実の世の中でもあります。

そういう不幸の元に生まれた子だったからこそ

女神様はずっと見守っていたし

見守られていたから、知人も忘れなかった。

お互いが、お互いをかばうために傷ついてもいいと…

素敵な関係が実る時が来たのも、納得です🍵

女神様がお母さんになってくれたり

神様たちが家族になってくれるなんて、あるんですね~

今後はきっと、とても楽しい時間になるでしょうね~

仏教にもそんな感じの概念があるそうです。

「泥の中にありて、泥になじまずにいた者は

 美しい花(蓮)を咲かせるであろう」

っていう、レンコンさんのお話。

仏教における蓮の花は、そういう意味という。

毒親さんで苦しんでいる方にとって

このお話が何の救いになるかはわかりませんが

「本当の親」を自分で見つけていく?のも

悪くない方法なのではないかなぁと思いました。

なんだか昔話のような、最近のお話。

それぞれの今後はどうなることか

その未来はまだ見れなくても

もう分かるような気がしますよ…

まともな人間関係の基準は勝ち負けではありませんが

勝てばいいってもんじゃないよね~

勝っちゃいけない相手っているよね~

っていうお話でした🍵

#占いスピリチュアル不思議謎女神神様神救い毒親親子関係不思議な体験霊夢夢 #不思議な夢神様の夢人生家庭親虐待不幸乗り越える絆蓮捨てる神あれば拾う神あり母親

​最新記事