人生のバイオリズムについて


※こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今日は、モーネルの思う

ホロスコープ上に見える「運」の部分について

大雑把にお話してみようと思います🍵

かーなり大雑把に、ぱっと見でわけますと

①普通くらいの方

②幸運な方

③トランスサタニアン組

の3種類に分けられる気がします。

わかりやすく図にしたものがこちらです。

①普通くらいの方についてありていに申しますと

持ち運というか、持っている星の

良い部分が出るのか悪い部分が出るのかは

半分ほどは努力とかでカバーできるし

その成果も経過も、人との関りが重要です。

悲喜こもごもな割に平凡ではありますが

努力したぶんの充実感が感じられますので

地に足がつくのが早く、浮足立った性質でもなければ

安定して過ごすことも比較的簡単です。

努力値や経験値などが

最後のゴールとイコールになりやすいです。

②幸運な方について正直に申し上げますと

生まれる前から幸運な人々ではありますが

ゴールや個性はあまり重要になりません。

こちらのタイプも①普通の方同様

人との関りが強いほうですので

老後などはもう役目をバトンタッチしており

ご自身で運ぶような感じではないので。

ナニカの「中継ぎ」「支援者」のような役割をする人達です。

それについて無自覚な方もいれば

謎の空虚感として抱える方もいらっしゃいます。

③トランスサタニアン組は…完全に別物です。

成功率は目標の高さに反比例します。

わかりやすく申しますと

甲子園には毎年2回、35~50チームほど出場できますが

高校ドラフトの1位プロ入りは、1年で数人。

しかも、その後も活躍しようとすれば…

簡単に言うと、1000~1000000分の1の世界。

かなりの難関コースで、一本道です。

高きものを目指すほど、レベルがあがるほど

脱落しやすくなります。

ですので、現実的な高き(たかき)山ではなく

精神的な貴き(たかき)山を目指すほうが

幸せになりやすいし地雷に当たる回数も減ります。

③トランスサタニアン組は別勘定、というのは

運命先行型だったり、特殊な性質を持っているためです。

神と魔にもまれやすい八合目の前後が

一番の勝負どころで、危険地帯。

アスリートであれば、このへんで骨折したりします。

起業家だったら大きな挫折とか…。

5合目くらいまでの方でも

運命を自分で選びにくいのは同じなんですが

まだ引き返したり諦めたりしやすいので

①普通コースへと脱出することは可能です。

強靭な意志や相当な実力をお持ちでない方は

危険地帯に入る前に引き返すべきかと…。

ヒマラヤの登山(ヒマラヤの星)とそっくりで

8合目以上は自力本願のフルアクセルでないと

到底、到達できませんので…

しかし、本当に到達し、最後の正解を出せますと

天空の特異点から報酬がたっぷり引き出せます。

…というか、トランスサタニアン組の本当のお宝は

山頂の上の不思議な扉の中にしかありません。

道の途中にもいくらかは良いモノもありますが

正味な話、8合目に達するまでに必要なぶん

だけしかないような感じです。

8合目からは完全に自力のみで苦境を抜けますので

知恵や精神力がたくさん必要になります。

山の頂あたりにつくころ、トランスサタニアン組の方は

不思議な夢を何度も見たり

ナニカの体験を通して、価値観などが変わったり

ちょっと不思議な時期を通過します。

常識なんか通用しないヒマラヤの星の問いかけに

正解(通過)して、やっと不思議な扉が開き

…様々なモノが内外に現れます。

それを開眼とか成功とか、人類の進歩とか言うのかも…

民族や人間の単位で考えれば

1人でも多く山頂に上げて、神様からナニカを

引っ張ってきてもらえたほうがいいわけですから

そこを手伝うのが占い師のお仕事の1つでもあるし

ファンや周囲のやるべきことなのかなーと。

いいものを神様からもらうのに、必要な人たちっていうか。

それをアシストできればいいなぁと思っています🍵

占い師なんか嫌われますし、アヤシイ人みたいだし

酔狂でもないとやってらんないです(笑)

悪いことを言えば、恨まれる。嫌われる。

だからって良いことばっかり言ったとしても

今度は当たらないと言われるわけですから。

トランスサタニアン組は、どこまでも因果な性質ですが

それ以上に有意義さも掴みやすいんで

とにかく頭も心も技術もフルに使って

自力で8合目を超えればいいと思います。

その先は不思議な扉から自然に出てきますので…

①②の方々は主に人間同士で

吉凶のなにかをやりとりするのですが

トランスサタニアン組だけは、なんか違います。

それを成功者と呼ぶには、あまりに因果。

単なる幸運・不運・波乱な人々ではなくて

求道者的なものが求められるのが特徴です。

とくに求道者的な要素がなかったり

5合目まででリタイアする人たちの場合は

因果や業や幻想に没頭しやすい性質として

出る場合が多い気がします。

本当はそこまで不運な方でもないのに

不運や不満を感じやすかったり…

ですので、ただトランスサタニアンが強いというだけで

大袈裟に受け取らなくても良いのですよね~

因果な商売をやるのに向いてるだけって場合も

多々ありますから。

お山が低めだったりするとそうなりやすいです。

(たぶん私もそのケース)

あくまでも私の考え方ではありますが

根本的に違う種類の人と接する時の目安とか

仲間を探す目安にしていただけましたら…

単純な振れ幅のことではなく

人間はまったく1種類でも平等でもない

現実の、ごく大雑把な枠のお話です。

だから、12星座別の占いとか、ああいう

意味不明っぽい?文章になっちゃうんですけど

(後になるとよくわかるんですが…)

自他がこのへんをわかりあえないと

無駄に誤解も増えますし

空回りも繰り返しも増えてしまうような気がします。

自他の星をうまく使うのに、自分の立ち位置や

山の高さ、人生全体の雰囲気を

先に掴んでおくことは、とても有意義だと思います🍵

#占い占星術西洋占星術宿命占星学サビアン占星術トランスサタニアン人生スピリチュアル運命 #宿命因果幻想登山バイオリズム全体像人生の仕組み占い師運不運求道者幸運特殊性

​最新記事