天の川銀河が消えるのは?


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今回は、日本の民話と世界の神話の

相関性についての記事を書く予定でしたが

なんとなく別の…良書のご紹介を

してみようかな~と思ったモーネルです🍵

読書の秋を先取りしてもいいかなぁと。

猛暑で疲れて、お家にいたい方も多そうですから。

ご紹介するのは、2か月前に出ました

天文学者、谷口義明先生のご著書

「天の川が消える日」です。

俳句や伝記などをまじえつつ

恒星、銀河、太陽…などなどについて

科学的な要素をわかりやすく盛り込んだ

とても読みやすい1冊です。

これによると、あと40憶年もたたないうちに

天の川銀河は、お隣さんのアンドロメダ銀河と

衝突して、いったん通り過ぎて、また引き戻されて

最後は1つの巨大な楕円銀河(ほぼ球状)になると

予想されているそうです。

球状の銀河は蠍座のほうにもありますが

宇宙のはじまりと同時期にできた感じの

超~ジイサン(バアサン)銀河なんだそーで。

蠍座さんが「時代の番人」や「長寿組」なのは

このへんから来ているものかもしれません。

でもモーネルが一番気になるのは

この2銀河合体後…

実際はアンドロメダの衛銀河2つもあわせて

4銀河の合体ですが(海王星な世界ですね~)

最終形態になった時、どの銀河のカミサマが

頂点の玉座に立つのだろう?と。

一見、気の遠くなるような先のお話ですが

もう46億歳になっている地球組の私たちには

あと37~8億年なんて、あっという間かも…。

もう半分過ぎてますから。

30歳を超えると、次のオリンピックが

なんだかすぐに来るように感じますしねw

占星術は太陽系をアレコレと切り取って

小さき儚き人間が使う感じのものですが

その太陽系は間違いなく

銀河にひっぱりまわされているわけで。

太陽とトランスサタニアンが、特にその関係では

銀河の軌道に対してまっすぐに運動しています。

…天王星は、ちょっとひねくれてますがw

次回は予定通り、ロギア(自然)系の理について

世界の神話や日本の民話を通して

記事にしてみたいと思います🍵

#占い占星術西洋占星術天の川が消える日アンドロメダ銀河銀河の衝突楕円銀河読書の秋

​最新記事