古い占星術と西洋占星術


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

その必要が出たので、コンパスなど使い

久々に手書きのホロスコープを作成していたら

YouTubeにいきなり「IKUZO」を聞かされて

ずっこけたモーネルです(笑)

手書きのHSなんて、久々で…懐かしい~(*´ω`*)

昔は西洋占星術の入門書を片手に

眉をしかめながら計算機カタカタやったもんです。

今も「式」をイロイロ織り込むのに

計算機カタカタやってますが、ホロスコープは全くの別物…

初心者時代のホロスコープとはエラい違いです…

なんでこんな奇妙なことをしておるかと申しますと

西洋占星術でまず出した最初のチャートが

⑪室はそのままに、②室と⑧室が入れ替わるようにせよ

紙をひっくり返せ、横倒しにせよ

という指示を出してきたからです。

モーネル「式」の占星術では

✡ 個人のホロスコープはそのままで見られない(歪んでる)

✡「星が見えている」ほうがおかしい

✡ 星座盤もちゃんと見ようね(そこに解がある場合も多い)

という、3つの作業工程があります。

つまり、西洋占星術の最初のチャートは

プラモデルの組み立て説明書みたいな感じだろうと。

古い占星術を研究なさっていらっしゃる方には

ホロスコープ内の星を「 陽の部分☯」と

定義していらっしゃる方もいるようなのですが…

モーネル的には「平凡の範囲(日常)のこと」と

ホロスコープ組み立て指示を示してる気がします。

これに気づきませんと…真の解には至らないような。

太陽や月の様子くらいは…たまに見ますが…。

西洋占星術でヒントをもらって

必要に応じて複数にわけて、組み立て直し

分解→再結合(プラモデル作ってるみたい)ですw

だからこそ休憩にパズルやゲームをやるんですけど。

まちがった組み立て方をしないように…

上にずらす、横倒しにする…とか

そのくらいなら普通に印刷物を横倒しすればいいんで

大したことじゃないんですけど

裏返し×横倒し×ミラー度数はさすがに

兄やんの製図道具を借りて頑張るしか…(笑)

さすがに頭ぐるぐるしてくる~( ;∀;)💦

今月最後のお仕事も、もうすぐ一段落…です

ほとんどのお客様が応援したくなるような方ばかりで

つい、お節介したくなってしまったり…

いけませんね、ちゃんとお客様に主導権を

渡したままでお伝えできませんと…

先月から今月の鑑定は山あり谷あり

不思議な地図あり、昼間の月探しあり

とどめの「ゼロ地点から手書きでかかってこい」

絶対に解いて(正確に組み立てて)やるぅ~‼

と妙に燃えてますw

でも、自分でした占い(射手座の時期の蠍座)に

当たってちゃ世話ないですよね~(-_-;)

お客様とのやり取りもそうですし星周りもそう。

ということは、モーネル式の手法って

そんなに間違ってないんだろうな~ってことで。

つまり、古い占星術や西洋占星術は

とても優れた面もあるし日常をみやすいのだけど

個人の深い部分(真の資質)については…??

…なんだろうなぁと思っています。

だって、西洋占星術(サビアンも)で見ると

モーネルの適職は「主婦や飲食店」なんですもん

しかもドッグラン系の…大型犬は苦手💦

牧場系ならやってもいいけど掃除が…((+_+))

確かに主婦でもありますけれども…

飲食業も自然も好きだけど…う~ん?

アスペクトとか他の星の種類が悪すぎるので

「レストラン★ケルベロスへようこそ!…ひっひっひ!」

みたいな感じになるの?かな?(笑)

星からの組み立て指示は、たとえば

「先祖から継がれたレースのハンカチ」

というサビアンになっている場合もあります。

要するに「トレーシングペパー使え」と。

つまり「複数枚にわけて、ずらして重ねろ」と。

けっこうダイレクトに指示してきます。

(これを上品、形見、家柄などと読む場合もあります)

指示に従ってイロイロやっていきますと

いろんな絵ができあがります。

もちろんちゃんと意味があるので

またそれを読んで…。軽く調べものして…。

そしてやっとやっとホロスコープの真意である

MCの意味(ホロスコープの影からの出口)にゴール。

せっかく西洋占星術に興味をお持ちになっても

やめちゃう方も多いと思うのですが

1つ1つのサインや星、アスペクトなどと

何年も辛抱強く向き合って行かれますと

こういうヘンなホロスコープ?が作れるように

なるますゆ、本当に楽しくなりますゆ、というお話でした

だから古い占星術とか西洋占星術は間違ってる!

と言いたいのじゃなくて

あくまでもベースと言いますか、で、基礎って

何年も大切にするとフィギュアスケート選手みたいに

ふわっと花開く日がくるんだよね~っていう。

だからいろんな占星術は楽しいんですよね~と。

また何か取り入れるかもしれませんし

入れないかもしれないけど

ホロスコープ次第では必要になるかもしれませんし。

応用とかは、その次。

最初は手書きのホロスコープから…

20年ほどかけてやっと「星」の使い方がわかってきて

占星術ソフトを活用できるようになったのに

今度は「手書きしろ」とか…ひどい~(涙)

ひっくり返しに手書きで再構築してみると

左右対称じゃないサイン(♍とか♑とか)に

なんかあんだろなーって気がついたり…イロイロ。

今度トレーシングペーパーでも買ってこようかなぁ

あと参考になりそうな本も何冊かほしいし。

ド〇クエのBGM聞きながら。よしそれで行こう。

今月の鑑定はとても楽しかったです。

本当にありがとうございました

庭ではコオロギさんが鳴きはじめました。(秋?)

キツイ酷暑ももうすぐ終わって…くれないかな~

#占い占星術西洋占星術古い占星術ホロスコープ計算機星座盤点球技コンパス手書きのHS #星座盤星は陽の部分サインアスペクト星

​最新記事