占星術の基本 ⑧土星


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

火星→木星の活発な「動の世界」から

「星座以外の星や銀河」たちを見つけていき

できあがった「アラのある曼荼羅の大枠」が

土星の門を開きます。

木星までで「幻想=神話=イメージ」は卒業です。

土星の世界は、現実的なものや根拠に基づいて

その曼荼羅を埋めていく求道者の世界です。

木星が初歩的でアラ(歪みや間違い)のある

望遠鏡、羅針盤、天球儀、世界地図

という「大航海時代」みたいな

数百年前ほどの世界観とすれば

土星の世界は、現代そのまんまです。

でも、現代文明とは

過去の積み重ねの結晶ですから

歴史や努力などを司ります。

「さまざまな大勢の力」で獲得した成果を

裏から表から再検討し

検証し、間違いを探しては修正し…

そうやって「答え=理の欠片」を出していきます。

その過程が「反転」の作用として出やすいのです。

わかりやすい画像を2つにわけて作ってみました。

交互に見ていると、違う部分=間違いが見えます。

2つをパパパっとアニメーションのように

高速で入れ替え続けると

間違いの部分が点滅して見えますよね。

これが土星の「反転」の意味です。

土星の世界はたぶんかなり暗くて

細かい星々までよく見えるのでしょうね。

神話、イメージ、幻想などを頼りに

活発に想像力を駆使して

見えない答え(星)を探していた木星とは違い

ただただ静かな状態(明鏡止水の境地)で

すでに見えているものの答え合わせをして

取捨選択をしていき

様々な分野での成果をあげます。

たくさんの人々、時代、分野、事象、森羅万象から

バラバラに発生した「もっともらしいもの」を研きあげ

その小さな結晶を整理するのが土星の役割です。

それを綺麗に並べられたとき曼荼羅が完成します。

ただ、まだそれを「見る=感じる」ことは

ちと難しい状態です。

自身では現実主義者だと思い込んでいるので…。

実際には「超現実主義者」なんですけど。

で、それに気づいて開眼したらゴールです。

見えようが見えまいが同じことで

真理=曼荼羅を完成させると

ある浄玻璃(真実を映す精神の水鏡)が現れます。

これが外惑星の中でも「不可視惑星」と呼ばれる

トランスサタニアンの世界との境界線です。

代償と報酬の、魔術的で不可思議な…

苛烈な運命の世界への道ですから

通常の世界でふつーに生きていたければ…

引き返すなら今…という

ボーダーラインでもあります。

それが土星の「防衛線」という意味になってます。

数学(化学)の世界では

「リーマン予想に挑むことは自殺行為」と

言われていますが…そんな感じです。

へんな常識や現世の幻想を完全に消し去って

精神すっぱだか(完全な無=冥)にし

この危うい浄玻璃に飛び込んでしまうと…

地動説を唱えて天に召された人のように

世間からは変人・嫌な存在として認識されたり

自分の世界観の軸が変ってしまうので

二度と、世界を同じように感じる道に

戻ることはできません。

そこは理と運命…「見えないものの世界」ですから。

このへんの感覚がわかりやすいのが

ディズニー映画の「マダガスカル」です。

3まであるのですが、1だけでも充分ですので

お時間のある方は…ぜひご参考にどうぞ🍵

研究者気質や使命感や夢などで

ここまで辿り着いて来た人でも

これ以上の必要がなければ飛び込まないほうが

良い人生になると思います。

へんなオカルトや歪んだ常識の服が脱げない人

0から我が道を歩む性格ではない人には

「真理」に至ることが不可能ですから…

ですから、現実問題を見る時の目安として

木星と土星を活用するのが良いと思います。

そんなわけで、化学や時代は一進一退で

ゆっくりと…なのでしょうね。

自己都合でどーにかなるもんではないというか。

つまり土星は現実と時空の交差点です。

過去や未来との。

だから土星は白黒の世界なのです。

絶対の1本の矢→2極→運命の3女神の干渉

このリズムの根本となる「陰陽」を示すので。

土星の輪の9つは安定的なリング状で

3つは不定的な円弧になっています。

木星よりもトランスサタニアンの影が強い…。

そりゃ木星より近いから当然なのですが

土星の示す「影=シャドウ」はこれ…と。

火星→金星への干渉も「降魔の時」でしたが

こちらはトランスサタニアンの干渉でしょうから

もっと規模の大きな「降魔の時」を示します。

なので、悪く出ると

戦争、災害、魔女狩り、暴力、怪我、事故、厄…

みたいな感じになります。

死神やブラック企業の社長のような…。

良く出ると

求道者、シャーマン、研究職、責任者、科学者

時代をけん引する天才気質の人、職人、プロ

なんでもアリでナニカを守る

戦国武将みたいな強者や政治家…

など、時代(社会)を少しずつ動かす感じになります。

なので、土星は「時計」に

例えられるのかも知れません。

23:59分の次は、同じ0:00分になるのか

まったく違う✫:8?分になるのかは…

運命の矢と選択次第ですが。

ですから、オカルト主義者は

曼荼羅世界の住人=シャーマン=魔女

にはなれません。

無(冥=静)になれない人も同様です。

お話が脱線してしまいますので、このへんは

シャーマニズムの世界の記事をどうぞ。

(トランスサタニアンのカテゴリです)

木星と土星の2天体だけで、惑星全体の質量の

92%を占めますので

ふつーに社会の流れとか見たらいいと思います。

というわけで、土星を強く持った方は

苦労や挫折や間違いや…いろいろ経験しますが

意味もなく、ただ運が悪いのではありません。

最後にはちゃんと見合った成果を手にします。

休養や現実生活を大切にしながら

精神は「静の状態」に軸足をおいて

ささやかな違和感を感じるアンテナを磨き

持久戦を戦い抜くと良い気がします。

最後はとても穏やかでナニカが豊かな人生に

ゴールできることと思います。

ここからは余談になりますが

木星と土星は対になっているだけではなく

5:2の軌道共鳴も持っています。

でも、そこはあまり重要ではなくて

土星の北極に六角形の波紋を持っている

ことのほうが意味があるんですよね~

金星→火星ワープも「見えない」六角形でした。

金星の示す五芒星に人が飛び込むと「6」なんで。

土星もカンストすると別世界へとワープする

ことを示している気がします。

もちろん、外惑星でも特殊で苛烈な…

トランスサタニアンの世界へ。

天王星(冥王星・海王星と入替わってる?)の門の

カギは代償と大きめの運命の矢の2つです。他は一切なし。

拒否はできるのが救いですね💦

…で、それが土星の「停止」の本当の意味です。

進めぬ人の平穏を守るための作用です。

誰もがスーパーになれるわけじゃないし

なりたいわけでもないでしょうし

能力の発揮と幸福はイコールではありません。

よって、土星の強い方の「高望み」や「野心」は

あんまり良い結果に繋がりません。

常に心は清澄(素朴)でいることが大切です。

大器晩成型ですから、どうぞ焦らず🍵

土星の持つ、不思議な部分に

もし名前をつけるとしたら「卑弥呼=日巫女」。

このへんが伝わりやすい動画は

「ALI PROJECT - 卑弥呼外伝 Full 」で検索を…。

かなり歌詞が聞き取りにくいので

「卑弥呼外伝 歌詞」とかで検索してから

見た方が良いかも知れません。

モーネル式では、外惑星の定義?は

火星、木星、土星の3つだけ。

ある「目的」に沿って動いており

ここまでの通常の時間軸のヨコ(円)世界から

時空の特殊な、タテ(螺旋)世界に行きますから

トランスサタニアンの世界は

完全に別物だと思うんですよね~

だから1個目の天王星は横倒しなのかも(笑)

ヨコのヨコはタテですから。

#占い占星術西洋占星術サビアン占星術現実主義現代根拠検証反証曼荼羅防衛ライン使命 #研究者気質求道者我が道を行く時空の交差点陰陽シャドウ戦争災害事故天才プロ職人

​最新記事