占星術の基本 ⑤金星


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今日(2018-6-18=大地震)はどれだけ

ルーティンで自己強化をしても

なんと言葉を始めたらよいのか…

言葉にならないモーネルです。

日本は地震大国ですし、地球も活動期なのは

重々わかってはいるのですが…

どうぞ少しでも皆様が心穏やかに…と。

現在、金星がドラゴンヘッドとくっついています。

「〇〇の事で頭がいっぱいになりやすい」

状態を示すのが金星の主な作用です。

不安や心配、お仕事、予定など…

それぞれに考えておられることと思います。

私もチビビの便秘で気を揉んでおります💦

恋愛、結婚、妊娠、出産、育児

仕事、美容、趣味…などなど

ドラゴンに頭をかじられている今でなければ

通常は、生の喜びを内包したことで

一時的に頭がいっぱいになる状態を示すので

「恋愛💖」の星と勘違いされやすいのですが…

いや、確かにときめきますよ、はい。

興奮したり夢中にもなりやすいです。

金星はスーパーローテーションという

自転の60倍もの速度の風に覆われていたり

熱の対流や二酸化炭素などの作用があって

昼夜の温度差も低い星です。

「熱中しすぎて昼夜を忘れる」感じですね。

モーネルが金星を見る時

「気流」という意味を絶対に加味するのは

そういう理由です。風なくして金星なし。

そのため、地表のものが風化しやすく

数か月~数年間くらいで風化するものや

平均的なご縁を示します。

よくアフロディーテに例えられるのは

このあたりの感じを指すのでしょうね。

「強風に舞う桜吹雪」のような世界というと

わかりやすいかもしれません。

なので、運命の人や特別なご縁は示しません。

平均的なゆるさがある感じです。

どんなにスゴイ人でも、なぜだか

どこか平凡な印象になります。

いつしか消えるもの、いつか薄れゆくもの

与えられ→引き出されるものです。

ガーン‼と絶対的にある愛などは

特別な星周りでもない限り、滅多に示しません。

誰かに愛されるのと、自分が愛するのは違います。

ナニカに憧れて楽しみを味わうのと

どうしようもなく人を愛してしまうのは別のことです。

歌手とファンの違い…っていうとわかりやすいかも。

わかりやすーく言うと

「愛され度」「アイドル度」「美意識」

みたいに見ればいいと思います…恋愛などでは。

金運、対人運などでも同様です。

頑張りに対する反応(リターン度)の目安のような星ですから

ぜひ上昇気流を捕まえてほしくなりますね🍵

個人(本人)にとっての運命の人は

前記事「占星術の基本 ④水星」で

書いた通り、水星で見るべきだと思います。

強いて言えば、金星でも強く(長めに)出るものは

友情とか家族愛、ポリシー、モテ度、健康度など。

これもまた変容しやすいものだから

なんとも微妙なんですが…。

熱気やぬくもりは確かにあるのですけれども

なんかこう、人生の中の「ときめき」や「煌めき」

以上の意味は…あんまりないような。

通常の情感や素敵な思い出とは

惜しみない無駄のことなので、結局OKですが。

格別な情感は、もう出会っただけで丸儲け🌸

みたいな感じなので、完全に別物です。

金星だけ見て運命の人だー💖って突っ走っちゃうと

後で「…なんでこうなっちゃったの?💦」って

なりやすいので、ご注意を。

なんでこんな味気ないことを言うかというと

金星は共鳴関係にないからです。

いわゆる五芒星のカタチをしたスピログラフ

に見える運動?をするので「五行思想」も示します。

ルシルフェルやイエス様、お釈迦様などが

金星に例えられましたが(他にも神話は無数)

金星の中にある「黄金律」「数字」「様式美」「理」などの

意味合いが関係あるのだろうと思います。

要するに、悟ったり、天界やコキュートスに行くわけで

「別世界への入り口」だったりもします。

簡単に言えば、ステージの変化です。

冠婚葬祭や妊娠出産、出世(キャリアアップ)など…

もちろん、上ばかりが別世界ではないので

堕落していくケースもありますが

「手鏡」を意味する金星の強い方は

外見と内面がほぼイコールするので

対面鑑定などでは、わかりやすいタイプ。

特に色やアクセサリーで性格が出やすいです。

ただ、ちょっとだけ時間軸がおかしい星なので

「後になってからわかることが多い」

というのがついてまわります。

優柔不断や悩みなどをひきずりやすい性格は

このへんから来てるのかも知れません。

でもそれもまた風化するので、多くの場合

最後はクールに(サッパリ)仕上がるのですけど。

「金星=愛や金運」なんて思っている方は

かなり期待して読んでしまったと思うのですが…

…そういう星なんです。まさに、こういう感じ。

色気のない記事になっちゃいましたが

まぁガッカリしないでくださいね

運命の人はちゃんと水星が示してますから🍵

「淡雪のように散るからこそ美しい花の真理」

「諸行無常」を示すのが金星です。

熱い時期を何度か通過してから

中年以後など…なんか悟る人が多いです。

で、そっからが人生の本番なんですよね~。

「無駄ではない無駄」に覆われた

とても哲学的な道を開く星です。

序盤は平凡なのに、着地点が特殊で美しいのです。

…堕落しなければ…ですが…

いつまでも悪い方に進んで(留まって)いると

クレクレ魔王、おんぶおばけ、無駄遣い、カゲロウ状態

…みたいになるのが難点です💦

ゆるゆる~ゆらゆら~っと

ステージ(目線)が変化していくので

本人も周囲もどの時点から変わるのかが

わかりにくいのです。

なので、モーフィング

メタモルフォーゼなんかも示します。

思想哲学、占術、技術、研究、芸術、帝王学…

求道者のホロスコープには欠かせない星なので、

普遍的な意味では「自分磨き=実力磨き」に関わる

はずなのですが…なにぶん不安定な性質なので

出生図によりますね~。

多少気乗りしなくても「エイヤ‼」と気合いを入れて

バシュ‼っとやっちまうのが

結局は一番現実的な開運法だと思います。

前日あたりに予定として入れておくとやりやすいです。

流されやすい性質も、使いようですね~

自分で自分を思い通りの方に

吹き流せるようになったらゴールです。

自力で飛べるって、そういうことですから。

自由とは、自己に由来する…字の通りです。

惜しみない無駄を愛し、手放し、また後に愛でる…

何度も潔さを求めてくる

ゆらゆらと無軌道な星です。

何度もメタモルフォーゼする…。

長期にわたって不自由さを感じていたり

何度も同じ失敗を繰り返すようであれば

ちと認識の修正が必要かも知れません。

反復→反芻→消化(昇華)の過程と

貪欲なほどの求道者気質などが

牡牛座に相当する部分なのでしょう。

#占い占星術西洋占星術金星恋愛結婚妊娠出産数理黄金律五行思想気流気圧熱中 #風化求道者モーフィングメタモルフォーゼ潔さ不安定自由性格無駄平凡自分磨き別世界

​最新記事