木星IN射手座の時期 ⑨射手座


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

ナマグサ坊主の空念仏ほど

シラケるものはないなぁと思いながら

今日もへんな感じでホロスコープと

にらめっこしていたモーネルです🍵

射手座さんにしては、珍しく派手さがない感じ…

よく言えばまったり日和…一見、平凡な感じです。

一時期だけは、白さと疾走感がすっごいんですが。

木星が射手座を運行する期間の占いですが

個人の状態や星周りを無視してホロスコープを

見ることはできませんので

最大公約数と思ってお気楽にお付き合いくださいませ🍵

射手座

まず、モーネルの独断なのですが

射手座のカタチって、本当にケンタウルスなのか

甚だ疑問に思っています。

どっちかっていうと、騎馬民族の矢撃ち神事

当てはめたほうがしっくりくるんですよね~

モンゴル平原の大空の下を

騎士として、酪農家として…自由に生きる感じ。

実際、射手座さんは農家や酪農家、畜産業

ペット関係などに関わる方が多いです。

アメリカみたいな飛行機社会だったら

航空関係に関わる方も多いのでしょうが

日本は基本、農業国ですので

そういう出方になるんでしょうね。

…まず、お耳に痛いお話をしなくてはなりません💦

そうしないとホロスコープの示す意味が

まったくわかんないので…

まぁ坊さんのお経でも聞き流す感じで

お付き合いくださいましたら幸いです🍵

射手座さんが空回りや失敗をするときの

原因の一つが「一方的なコミュニケーション」

というのは、よく指摘されるお話です。

では、なぜ、そうなるのでしょうか?

「人の悪口や、暗い話、難しい話が嫌い」

だからです。苦手じゃなくて、嫌いです。

…ここまでも、ご自覚なさっている方は多いと

思いますが、その奥の理由にまでは

手が届いていない方も多いので

書かせていただきますね。

簡単に言うと「言葉や言語に対する感覚」

ズレているからです。

そのせいで、口より先に手が出たり

まったく場の空気(相手の気持ち)が読めずに

自爆してしまうことがあります。

そして、そのズレ方は

「言霊信仰」みたいな、ちょっと特殊な感覚が

原因じゃないかなぁとモーネルは思っています。

「言葉そのものの印象」みたいなものに

なんというか、過剰に反応しているんですよね。

だから、みんなが職場の愚痴などを言っていると

「人の悪口を言うくらいなら、本人に言えば?」と

苦悩の中にいる人をキツく突っぱねたり

「一生のお願い!!」を都合よく何度も繰り返したり

そうかと思うと今度は「詐欺師」にひっかかったり

「ネット美人」みたいになってしまったり…

なんというか、言葉の裏が読めないというか…

言葉が言葉としてまったく機能していないのです。

まるで「道具」とか「モノ」みたいになってるのです。

だから、暗い言葉に触れると、射手座さんは

まるで「石つぶて」でもくらったように

逃げ出したり、怒りだしてしまうんだろうと思います。

言葉とは、それだけでは「空念仏」みたいなものだと

わかる人にはわかるのですが…

なので、顕現したクロートー(♅)は、射手座さんの

誤った言霊への感覚を、浄化することにしました。

以前にも書きましたが、今期の射手座さんは

お相撲大会(モンゴル相撲)で

実力に見合った「心づけ=戦果」を受け取る時です。

様々な問題と真剣に組みあいながら

一段ずつ、階段を上っておられることでしょう。

しかし、8月から2月くらいまでの非日常タイム⏳で

その取り組みの相手は「見えないモノ」になります。

詳細は割愛しますが

ホロスコープを見ますと、白馬に乗った騎士?と

白蛇(龍?)が戦う姿が浮かびます。

それと、心配そうに外側から見守る3人の娘。

その絵がコマのように高速回転して

ホロスコープは「まっ白な円」と

「不思議な文字の外枠」になっちゃいます。

浄化のため、いっぺんトランスサタニアン以外の星は

みんな消されてしまうのです。

へんな文字で縁取られた白いお皿みたいですね(笑)

非日常タイムの中で、射手座さんはきっと

ご自身の体感(実感)として

「うまく言葉にはできない感覚」

何度も遭遇するかもしれません。

それは、淋しさの限界を通りこした

恋しさとさえ言えない切ない虚しさ…

のようなものかもしれませんし

ハイキング中に見つけた野鳥の和毛の色合い

なのかもしれません。

または、「正しい言葉」を駆使した

奇妙な嫌がらせ(イヤミ・慇懃無礼)などに会い

近親憎悪を通り越した悔しさや悲しさのような…

複雑すぎる気持ちになるかも知れません。

「誤った言霊幻想=空念仏」の悪循環に

ハマっていた方ほど、ハッキリ出ると思います。

そんで、出口はそこです。

大きすぎたり、密度がありすぎて

言葉にならない気持ちで

胸や頭がいっぱいになった時…

出てくるものってなんでしょう?

涙。

沈黙。

溜息。

大きすぎる感謝。

根深い恨み。

慈悲のような許し。

…つまり、クロートーが射手座さんに与える

「真言=真の言霊」の意味が

日常の中でちょっとずつ体感できるのです。

「真の言霊」とは、理性や自律神経などでは

とどめることができないほどの何かの心(魂)が

宿った言葉や想いのことです。

「あの上司、本当に嫌なヤツでさ~!」

って愚痴ってる人の、見えない部分や心の中に

言葉以上のナニカがあるって

考えなくてもちゃんとわかるようになります。

そこがクリアできた射手座さんは

その人に(自然と)こう言うようになります。

Before 「悪口はやめなよ、卑怯だよ!」

After 「あなたは、ずっと頑張ってきたんだね…」

それが会話の基礎なのです。

会話とは、人間関係の基礎です。

仏像とかの、土台の蓮の花の部分っていうか。

人の心をまだまだ反映しきれていない

言葉そのものを、そのまま

「正しさ・美しさ」の基準にしてはいけません。

少し昔までは、悪(陰)とみなされた言葉を

「忌み語=忌み言葉」などと呼び

日本の各地でも、民話などに応じて

さまざまと禁忌が作られていたそうです。

今もそれを続ける地域もあるかも知れませんが

モーネルはなんというか…内容次第では

馬鹿馬鹿しい習慣だと感じるかも知れません。

空念仏や、幻想に基づいた忌み語あつかい

自分を棚に上げたキレイゴトほど

自他を虚しい気持ちにさせるものはないと

モーネルは思います。

そこに話し合いの余地はありませんから。

上から裁いたり要求をしてくるだけの人と

いつまでも仲良くしてくれるヒマ人は…

限度も質も、たかが知れています。

「ちきしょう!ちきしょう!あの女に騙された!!」と

口汚く喚いて酔っぱらう人の、みっともなさの中にある

純粋な愛の欠片は、とても美しいものです。

どれほど彼女にほれ込んで、一途に夢を見

彼女の心を狂おしく求めたことか…と。

「愚かさ」だと切り捨てるには優しすぎる…

(身勝手や高望みなどの場合は例外ですが)

もしお時間や機会がありましたら

ROOKIES(ルーキーズ)の映画とか見て

考えてみると良いかも知れません。

綺麗な言葉があんまり出てこない映画ですから。

非日常タイムのゴールはそこです。

言葉の並びなんか、ブツ切りのメチャクチャだって

実感や心の籠った言葉は

多くの人の心をいとも簡単に動かします。

とても参考になると思いますので

井上陽水さんの「少年時代」など聞いてみてください。

ここからは、余談のようなものですが

内外の状態がよろしくなく

悪戦苦闘しすぎていらっしゃる方に向けて…

モンゴルの神話や民話について調べてみたら

ちょっと変わった伝説(民話?)が出てきました。

3人の娘を食べようとした大蛇(龍)が

英雄に討ち取られる物語です。

一見、出雲のオロチ退治のお話と似ているようでも

民俗学?として見ると、根本的に違っていて

伊豆の三嶋大神さんに同じ伝承があるそうです。

稲作の国だった日本では、オロチ退治(製鉄の話)以外で

龍や蛟(みずち)、蛇などを悪者にした神話は

あんまり多くないと思います。

水源の豊かな島国ですし。

忌み語という「点」から発生する悪循環は

祝詞(のりと)で相殺してしまうのが一番です。

三嶋系のお社様などにお参りして

お口をすすいでみても良いかも知れません。

クロートーの真言=真の言霊(心・魂)を

しっかりと受け取れた時

射手座さんのホロスコープにある

様々な問題を示す星たちは

徐々に九字護身法(臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前)

っぽい姿に変容していきます。

ここ一番に強くなる。

心の選球眼が良くなるので、人間関係はもちろん

縁結び(良縁)も期待できます。

金銭的には余裕がなくても

心に余裕が出てくるので

資格取得や技術向上も期待できます。

本当の言霊を手に入れると

言葉やナニカの真偽が簡単に見破れるし

自身の状態を整えるのにも良いからでしょうね。

集中力もやる気も出るようになるというか。

本当の原因に気づくのが簡単になりますし。

射手座さんにしては珍しく

過去の失敗に囚われやすい状態の方が

多い時期ですので、ご参考になれば…と🍵

#占い占星術西洋占星術木星の射手座入り射手座言霊言霊信仰コミュニケーション人間関係心 #魂実感基礎会話真言モンゴル浄化九字護身法騎馬民族神話民話三嶋大神三島大社

​最新記事