太陽とトランスサタニアンの関係


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

昨日は、思わぬところから好きなアーティストの一つが

バレてしまったモーネルです(*´艸`*)プフフ

ゲーム音楽からクラシック、洋楽、邦楽なんでも聞きますが

トランスサタニアンの強い私が

こういう系統も好きなのは意外かも知れませんね。

※「怒髪天 オトナノススメ」で

YouTube検索してみてくださいまし。

いかにも太陽🌞の世界って感じで

ウワーっと、粋に、飾らず。

怒髪天のボーカルさんって、昔はアニメタルの人でした。

意外な方向転換に思えるでしょう。

アニメタルの時のイメージに囚われていると

意外な転身すぎて、同一人物だと気付かない

方も多いのではいかなぁ~と思います。

今日は、そういう

「もともとそうなんだけど、意外性のある感じ」

のお話をしたいと思います。

ちょうど、天王星の移動する日ですし(2018-5-16記述)

…というわけで、太陽とトランスサタニアンの関係について

ちょっと書いてみようと思います🍵

まず、月とトランスサタニアンの関係の記事につけた

本当の太陽系(惑星たち)の軌道の動画を

以下の点に注意して、もう一度みてみてほしいと思います。

動画の後半だけで十分ですので…。

公転の時間が長いトランスサタニアンの軌道を

太陽の軌道と同時に見てほしいのです。

螺旋は描いているものの、太陽の軌道と

トランスサタニアンの軌道は「ほぼ平行」していることに

お気づきいただけることと思います。

そして、質量や彩度だけで見ると気づかないのですが

「範囲」という目線で見るとその効力の大きさも納得です。

私はよく「冥王星の世界は時間軸がおかしい」と表現しますが

ちょっとナナメでズレた軌道をもつがゆえに

進む太陽を追い越したり、後追いしたり

外にはみ出したり、内に入り込んだりしながら

公転しているために、そうなるんだろうな~と。

実際、地球上の「時間」というものは

緯度と経度により決まっています。

太陽と冥王星の関係では、その特殊な軌道のために

太陽を軸にして見ると

緯度も経度も安定することがありません。

それを地球上と同じように

緯度経度で時間に…直せません(笑)

なので、冥王星の作用は

いつ、どのタイミングで起きるか

なかなか把握しずらいのです。

12星座ごとの「天王星IN牡牛座」のような

星読みが出来たのは、トランスサタニアン3つが

山羊座→蠍座→牡牛座→魚座の順番で作用していく

流れがきちんとできていたためです。

で、それを…ここから先は魔女の企業秘密💦

現在のホロスコープ上では

しっかり手を繋いだり集合している状態ですが

占星術ではなく科学の方向から見ても

もともと海王星と冥王星の軌道は

「軌道共鳴」の2:3の比率を持っています。

なので、軌道は交差しても衝突することはありません。

これもトランスサタニアンの特殊性だと思います。

運命の3女神とかモイラ(リリス)になぞらえる

モーネルの考え方では

トランスサタニアン→大人の星

それ以外の惑星→コドモの星

ということになります。

月が母、3女神が子供(娘)、他の惑星が孫。

どの惑星が誰の子供なのかは

占星術をカジっている人であれば

ちょいと考えれば、わかることと思うし

企業秘密なので書きませんが

太陽と軌道があまり並行になっていない

孫星ばっかり見ても、あんまり意味は…

という感じがします。

そりゃ、10000~5000年も昔であれば

人間はみんな精神的に「コドモ」みたいな時代が

とても長くあったと思いますから

当時はそれでよかったのでしょう。

でも、中世時代あたりからは

天動説から地動説へ、宗教や迷信から科学へと

どんどん人間は「オトナ」の世界に

触れ始めて、慣れ始めていると思うんですよね。

ですが、最近の現実世界に

稲作を始めた頃の世界観をあてがうと

様々な誤解のもとに星を見ることになります。

ただの「頭がいっぱいになる作用」を持つ孫星を

「恋愛の星💖」とか「美の星✨」なんていう

単純すぎる受け取り方しかできなくなったり

天王星の「縁結び」の作用に気づけなくなります。

といっても、ロマンティックなものではなく

クロートーからすれば

ただのお花の品種改良の作業なんですけど…

なので「ビビビ⚡」なんて言葉が合います(笑)

孫星でも、平常時のささやかな出来事なら

簡単に見れるだろうと思いますが

その人の運命の全体図は見えてこない気がします。

ある意味、「コドモの世界」とも言えますね。

だからトランスサタニアンを把握できない人は

大昔のコドモ時代の人達のように

おまじないやオカルトに走ったり

しやすいのだろうと思います。

トランスサタニアン組の私は

「オトナの世界」のほうが楽しいし

いろいろとハッキリ見えるようになるので

最初に「オトナノススメ」をご紹介しました(笑)

クロートーは空

アトロポスは地

ラキシスは海

西洋占星術ではこんな感じで考えてもいますが

私もそこは同じように受け取っています

ただ、ギリシャ神話風というより

下の動画みたいな感じで受け取ってるんですけどもw

現代人的感覚=オトナの世界

って、面白いでしょう(*^_^*)

ここまで書いてもまだ入り口ですが

トランスサタニアンの世界って

すっごく古風で、未来的で、無味で、有意義で、真実で

運命的で、残酷で、優しくて、奇跡的で…

すご~く楽しいんだなぁ~

って思っていただければ幸いです🍵

でも結局、ホロスコープもタロットもなんでも

最後はインスピレーションで見ることになるので

「こんなへんな見方をするヤツもいるんだな」

くらいに思っていただいてちょうど良いと思います。

#占い占星術西洋占星術太陽天体公転軌道共鳴トランスサタニアン運命の3女神宿命人生 #天王星海王星冥王星全体図地図ものの見方ホロスコープスピリチュアル精神世界真実座標

​最新記事