まったく、冥王星って子は…


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

ベテラン歌手さんの大切なお船が

すでにご高齢のご本人様より一足先に

天に向かった本当の意味もわからず

事故だ火災だと報じたり、謝罪会見させたり?だの…

野暮さといったらないですねェ…

初めて見る桜吹雪に「わぁ~🌸(*^▽^*)」と

不思議そうに喜んでいたチビのエモいことと対照的です。

過剰なほど正しくあろうとすればするほど

歪んでいくものもまた、大きくなるのでしょうね。

長年、本当に「心の友」みたいに大切にされたモノには

きっと魂が宿るんじゃないかとか

だから歌手の方が天寿を全うなさった際に

自分が「お迎え」したいから、先に昇ったのだとか

日本人らしく、もっとエモく解釈したらいいのに…と

唯心論が心の隅を駆け抜けるモーネルです🍵

日本人は、自分の手で神様を創る民族だと思っています。

できあいの神様を拝む(ご利益信仰のみする)人たちとは

違うからこその「神州」であり「神道」じゃないかなぁと。

そうして、人生をかけて自力で作る

小さな神への道を「唯心論」と勝手に名付けました。

中途半端で意味の薄いエモさはガキ臭いだけですが

唯心論までいくと、逆に大人の清々しさが

出てくるような気がしますが、いかがでしょうか?

モーネルの祖父母まであたりの日本人は、

とても清々しいエモさのある大人が多かったと思います。

実に日本人らしい良さを普通に持っていたというか🌸

今、俳句の添削番組や和装遊びが人気なのって

野暮ったい世の中への反動みたいなものも

大いにあるんじゃないかと思うのです。(無意識に)

拝金主義だのメリットだのは、もうおなかいっぱい!というか。

どっかのお坊さんが言っていましたが

人間にとって一番許せないのは他人のワガママで

人間にとって一番許しやすいのは自分のワガママだそうです。

高校生の頃、雨宿り先のお坊さんから聞いたのですが

「なるほど。」と妙に感心したのを覚えています。

最近は座り込んだまま幸せになりたがるような

奇妙なワガママが大手を振って行進していますが

蠍座の私からすれば、ものの数代で消滅する

よわっちい雑音みたいなものですので

全部やり過ごしています。

普通の人って、そこまでバカじゃないと思いますし

世界はそんなか弱い理屈では動かないのだと

本能的に感じているせいかも知れません。

唯心論というのはモーネルの造語ですが(調べてません)

「神性=最高以上の状態」を引き出す通り道のことです。

盲目(酔生夢死)→うす目→開眼(現実の直視)

→滅私→羽化→明鏡止水→唯心論→神性

という順番で、人の心(魂)は

最高以上の状態に辿り着くと思うのですが

その最後の扉を「唯心論」と呼んでいます。

普通くらいの精神力の方は、そうですね~

明鏡止水あたりまで辿り着いたら充分かも知れません🌸

哲学ブログでも心理ブログでもないので、

そのへんのお話はまた機会がありましたら…💦

では、冥王星の作用に従って

ほかの社会現象(占星術)のお話にワープいたしますw

前記事で、最近のいくつかの記事で解説?したとおりのことが

甲子園や土俵の上でおきましたね。

逆転、ポロリ、コンバスト。

しかし妙に小さく出たな~?あれれ~?外した?💦

…と思っていたら、地球の裏側で

2刀流の大谷選手が、3ランHR💣かっとばして

伝説のベイブルース氏と同じ記録をうちたてて

鮮烈なスラッガーデビューを果たしていました(*^_^*)

「実は、Tスクエアはかっ飛ばすのに良い時期です」

「過剰にエモいぜ。余計に燃えるぜ。(笑)」

なんて予想してしたモーネルですが

ここまでの大記録は予想外でした…。

甲子園球場じゃなくてアメリカ大陸でかっとばすとか💦

このように冥王星という子は

時空を不作為に(みえる)ワープしては

自他ともに予想外の展開を引き起こす

誰の手にも負えない、星空の問題児?なのであります(´Д`;)

いえ、実際にやってることの「意味」は

人間(民族)全体の機能の促進やメンテナンスなので

言われているような「悪い星」ではないんですが…。

今の星周りからみると、ですが、冥王星は

メリット優先(拝金主義・利己主義)の世に流されず

「唯心論」を後世に残そうとしているように見えます。

実際、そういう流れも(一部で)出てきてますし。

「粋(いき)」や「エモい潔さ」という概念は

きっと、人間が見失ってはいけないものなんでしょう。

絶対にそうだ‼とは言えませんが…。

占星術師にとって、「想定外の露出」を示す冥王星ほど

読みにくい星はありません。

沈黙したり潜伏したりして、とにかく何も語らないうえに

厄介な二重性まであり

パワーと神性(運命性)だけは10万倍で

時空は歪ませるし、必要がなければ何も作用しないし…。

なので、主流の西洋占星術ではなく

我流で見ることにしたんですが、それでも難しい子です。

冥王星の本拠地である蠍座のアンタレスって

実は12星座の中で2番目にでっかいんですよ~

太陽なんかもうぜんぜん比較にならないくらいです。

(1番大きいのは射手座内のピストルスター)

パワーがケタ違いなのに、ステルス機能と

ワープ機能まで搭載しているので

蠍座はヤバそうな印象を人に与えやすいのではと(笑)

さらにレベルがMAXになると最新テクノロジーまで

駆使して「ロックオン」かけてくるので…

※詳細は12星座「蠍座」の記事からどうぞ

こう書くと、まるで某アニメの女性宇宙海賊のようですね。

大苦戦する某宇宙戦艦に向かって

「弱いくせに、うろちょろするんじゃない」

と特大の錆び釘を刺して、さっさと帰還していく

豪胆さに包まれた優しさを持つ、謎の女性宇宙海賊…

「そこをどけ」という理由だけで国ごと滅ぼす

天下無双のアバンギャルドな一面も

うん…確かに冥王星(蠍座)は、ちょっと怖いかもw

カセットテープのA面とB面に

ぜんぜん違うジャンルの曲が入っていて

それを好きな時に好きなように再生してるような

実に特殊な性質を持っている気がします。

ホロスコープの説明自体も、具体例をあげたとおりに

だいたい当たってはいましたが

来年あたりから、12星座で一番

占星術とシンクロしやすい状態になる水瓶座もちの

モーネルとしてはちと不本意な自己採点になります(´Д`)

コンバストの時期にしては(我流でも)

けっこう具体的に見れたとは思いますが…💦

これが明鏡止水の発揮です、たぶん。

冥王星(蠍座)やTスクエアの作用の実例としては

思いがけず良い事例になりました🍵

#占い西洋占星術占星術サビアン占星術冥王星蠍座Tスクエアホロスコープ感性心の友神道 #野暮拝金主義唯物論唯心論粋潔さコンバストアンタレスアバンギャルド宇宙海賊冥王星

​最新記事