ご縁の入れ替え時について


こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

近所の梅の花が1~2輪ほど咲きました🌸

1輪でも咲けば、あとは勝手にぶわ~っと

競うように咲き出すのがお花の自然な姿なわけで…。

最近までの記事は、ご自身の天井のあげ方

いろんな角度から書いてきた部分もあるのですが

どれか一つでも、使えそうなものはあったでしょうか?💦

ヒントとしてでも何かがあったとしたら、書き甲斐があります。

語順と内容のおかしい長文を、連日連夜(笑)

まずは1輪🌸その先は自然にぶわ~っと行ってほしいなぁ…

そのためのブログであり、占いだと思っています。

自分が変わるときって、周囲も変わりますよね。

新しい繋がりができたり、誰かとの関係が復活したりもしますし

淋しい事でもありますが、逆に切れていくご縁もできてきます。

でも自身の経験上、ほとんどのお別れの場面で

ここで消えていくものを追いかけてはいけない

本能的に感じましたので

「風通しの良くなる、入れ替えの時期なんだろうな~」

と思うことにしました( ˘ω˘ )

なんでもかんでも引きずっていたら

進むものも進まないですから。

悲しみや寂しさというものは、ご縁への感謝をしながら

天にお返しするのが一番良いのかなぁと…。

人間に抱えきれないものはなんでも

天にお返しするのが一番自然だと思うので。

例えば、もう会えなくなる関係ってありますね。

お別れした相手、目の前からそっと消えた相手

もうどうにもならないと悟ってしまった相手…

そういう人たちへの想いというのは

とっても切ない感情ですし

思い出って、映像も音声も伴う記憶(事実)ですから

なかなか消し去るというのは難しいと思うのです。

身勝手な人や薄情者は、基本的に頭が悪いので

なんでもかんでも簡単に忘れちゃうんですけど💦

真面目な人や愛情深い人ほど

関係が終わったときの悲しみとか寂しさって

どうしようもなく大きくなってしまうんですよね。

お若かったり、打たれ弱い方だとなおさらです。

(打たれ弱さは相手より、過剰な自己愛の問題ですが💦)

モーネルは、忘れることが難しい感情を消す必要が出たら

その方はまだ生きているけど

ご縁としては死んだ人だと思うので

べつに仏教徒ではないのですが

お線香やお香を焚いて、煙が風に消えるのを

無心でじーっと見つめてみたりします。

ご縁のお葬式…というと奇妙ですが、そんな感じ。

来世で会いたいとか一切願いませんし

また会いたいとか念じたりもしません。

ただひたすら、気が済むまで煙を眺めています。

馬鹿馬鹿しいようで、これが、かなり落ち着きます🍵

思い出の品も、みんな捨ててしまいます。

神道のお家では、故人のものをあまり形見分けしませんが

それと同じことで、お焚き上げしてしまいます。

(今は焚火は禁止されているので、燃えるゴミに出します)

そして、最後に窓をあけて

風や陽光をどんどん家に入れ、お掃除もしちゃいます。

「よ~し、もっと素敵な人生にするぞ~‼(*´▽`*)」

っていう気分に自分を持って行くというか。

ぐいっと自分の背中を押しちゃうというか。

恋人であれば、相手の基本的な人格について

文句を言いたくなったら縁の切れ目ですし

友人知人であれば、「あんたはいいよね‼」と

理不尽に睨まれたときが縁の切れ目になりますね…。

モーネルにも、自分が幸福になればなるほど

関係が難しくなっていく友人がいました。

最初は本当に応援してくれていたその人も、いつしか

「あんたはいいよね‼」って言うようになりました。

本当は、ご主人や自分自身に向けなければならない

不満や反省を求める気持ちを、理不尽な怒りにすり替えて

私にぶつけるようになってしまったのが

手に取るようにハッキリわかり、とてもガッカリしました。

この人にとって、私はもう気分のゴミ箱でしかないのかと…。

確かに、そういう方法でしか人付き合いできない

さもしい人もたくさんいますが

私はそこに混ぜてほしくないので…

そんな相手といるより、一人でいた方がよほど幸福です🍵

そういう人と社会的な部分で関わらざるを得ない時は

仕方なく付き合うこともありますが

こちらからは一切話しかけません。

なのでスマホは持たないことにしています。

そういう人に限ってラインとか電話魔なので、魔よけです💦

「あー、もうこの人は友達(恋人)じゃないな…」と感じるとき

どうして私は単純に悲しめないのかと考えると

気が付かないフリをしてきたけれど

実はとっくに嫌気がさしていた部分を把握できます。

だから、一言でいえない「複雑」な気分になるのですよね…

できることなら許したいと願う意識の下では

本当はとっくに身軽になりたい気持ちだったから。

本当は縁を切りたかったのに、切らないでいただけだから。

そういう自分のネガティブな気持ちを

最後にまたお焚き上げして

私の「告別式」は終わります。

自分で捨てた以上、骨は拾いません( ˘ω˘ )

人生にはいろいろなお葬式や告別式があるけれど

結婚式や金婚式なんかもあることも

ちゃんと意識して、人生の季節を楽しみたいと思います🍵

本当にかけがえのない相手というのは

どんな関係だったにせよ、私を複雑な気持ちにさせません。

青空を見あげる時のような

爽快な気持ちでその人のことを想えるものだと思います。

もちろん、最初は誰でも悲しんだりガッカリします。

でももし、いつまでも心の嵐が去らないのであれば

それは恨みや意地、過剰な依存心(期待)などの

ネガティブ要素が隠れているのを

正面突破できないでいるのかもしれません。

私はけして綺麗な青空のような人間ではありませんが

せめて星空のような人でありたいと思います。

自分自身の中で、ですが(笑)

私を一生かけて観察し続けて評価してくれる人なんか

実在しませんので、そう区切らないと仕方ないですし💦

きっと、見えないものはある程度で区切らないと

なんにも前に進まないのだろうと思います🍵

なんにも前に進まないのだろうなぁと思います🍵

#占いスピリチュアル離婚別れ悲しみ淋しさ出会いお葬式告別式人間関係友人関係恋愛

​最新記事