業(カルマ)について


こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

チビビがショッピングカートから飛び降りるようになってしまい

一度ふつーに落下したため

仕方なく(チョロチョロ💦)歩かせつつ買い物をしていると

事情も知らない高年齢層から

色々言われるようになったモーネルです(´Д`;)

いちいち理解されたいと思っていませんが

ご注進から先のお話が…

もうメチャクチャなんですよ、最近のご老人たちは💦

いきなり自民党を倒す話になったり(革命戦士?)

嫁が金がかかるとか(金がかからない嫁なんかいません)

酷い時は、双子はCIAに全身の血を抜かれるとか(意味不明)

子供は神様のものだから、けして叱ってはいけないとか…

へんな宗教に入っている人が多い田舎では

こういう人たちが珍しくないので非常~に困ります💦

どうせあと20年以内に片付く問題なので

特に何かしようとは思わないのですけど。

モーネルはこういう人たちと出会った時

その声を脳内で

「川のせせらぎ」とか「小鳥のさえずり」に変換しています。

聞く価値がないので…。

それも飽きると、今度はツッコミ映像に変換しています。

目の前の、迷信深すぎるというか

いつの時代の人なのかよくわからない人を

「古墳時代の人(卑弥呼さま~!の芸人風)」とか

「体毛の薄い原始人」だと思って見ています。

現代語はたぶん、意味が全く通じないと思うので

こちらから意見は言いません🍵

ちなみに、相手が男性とみるや服従するタイプの女性も

私からすれば「エジプトの壁画の人」に見えます。

あの絵の、横向きで、王様にいろいろ差し出してる人(笑)

3500年も昔のやり方で、人生を切り開く可能性にかけて

すっごいギャンブルしてるなぁと…。

こちらのタイプの方々も、同じく言葉が通じません。

もし周囲にいたら、そっと離れることを推奨します。

親身に相談にのってあげても結局、高確率で

「私のファラオ様」と仲直り?した途端、今度は

相談にのってくれた人の悪口を言い出すタイプなので。

自立心の欠片もない、根っからの奴隷根性です。

しかも、記憶喪失なのかなんなのか

またファラオと喧嘩すると、愚痴をぶちまけにくるので

めんどくさいだけで、関係はマイナスです。

某有名歌手のお母様も、この手の人が

一番嫌いだったそうです(笑)

カルト信者も奴隷根性の人も、私にすれば同じことで

「誰かの引いた道を歩こうとする人」です。

そういう人たちもどんどん老化はしますし

まともな人からどんどん離れていきますので

最後は陰から邪の世界に落ちて

おかしな人の吹き溜まりか

虚しさと孤独の世界に到着すると思います。

人に説法するどころか、あなたが目を醒ましたほうが

いいんじゃないでしょうかね~?と思いながら

「川のせせらぎ」変換。

個人的に、相手をするだけ無駄な人というのは

かなりの確率で、迷信やカルト宗教などに

どハマリしている人だと思っています。

実際、そういう人がとっても多いので。

なので、モーネルは業(カルマ)とかの

2000年以上も昔の価値観を持っているタイプの人は

かなり警戒してしまいます。

しかも「前世からのカルマ」とか言われると…

何かの信者を通り越して

もう霊感商法みたいな気がします。

イチャモンつけて、お布施を要求するという

昔ながらのシステム…。

私、子供がほしくていろいろ無茶してきた人なんですが

「水子が3体ついてるわ…おろしたでしょ?」

とか突然言い出すへんな人もたまにいます(苦笑)

…寝てるの?

夕食時の笑い話になるので、別にいいんですけど

家族が噴きだしてご飯をこぼすので困りますw

やっぱり、エセ教祖様のご指導どおりに

いんちきスピリチュアルで人を脅したり

誰かの不幸につけこんで勧誘やお金を…とか

他人を不安で支配するやり方を

妄信→実行している人に思えてなりません。

だって…

ほんとうに子供の頃からそんなことを

自分で考えたり感じたりしたのでしょうか?

私はそんなこと、感じたことも見たこともありません。

それに、一人の占星術師として言わせてもらえれば

「カルマ、宗教、前世との関連だのの

 魚座時代はもう終わりましたよ~(*^_^*)」…と。

もし本当にカルマなどというものがあるとしたら

植民地を500年も乱暴に支配した白人さんたちが

今あんなに豊かに、そしてのびのび暮らせている理由は

いったい何なんだろう?と思います。

暴虐の限りを尽くされた国々は、いまだに苦労しているのに。

私は、現実って「カルマ的な考え方」とはだと思うんです。

悪いことが起きる→罪の現れだ!💀

じゃなくて

悪いことが起きた→さらなる高みに向かう時だ!✨

というのが、陽~聖の世界の住人の考え方だと思うので。

羽生結弦選手も、ご自身の苦しい時期をふりかえって

「もっと苦しめ!と言いたいです」

とおっしゃっていました。

その意味、モーネルは本当によくわかります

ドブに突っ込んで、何も得られないまま

泣き喚いてスゴスゴと引き返すだけの人と

こうなりゃ死ぬ気で顔まで突っ込んで

素晴らしい何かを見つけるまで足掻いてやる!

という人とで、道は分かれるのだろうと思います。

占星術師なので、よく夜空を見上げるのですが

夜空って黒ではないんですよね。

美しい濃紺だったり、豊かなグレーです。

視力10とかの民族の方にとっては

むしろ星の隙間のほうが少ないらしいですし✨

ピンチはチャンス、なんてよく言いますが

チャンスの数も、きっと心の視力次第

たくさん見えるのだろうと思います(*^_^*)

もちろん、苦労にも2種類あって

意味のある苦労と、意味のない苦労がありますから

ファラオに尽くしたり、へんな教祖様や信者のために

無意味なことで努力する必要はまったくありません💦

でも、もし、やる意味がある苦労であれば

「あえて苦しんで(逃げずに)答えを見つけてほしい」と

モーネルは思います。

なので、魔女の薬は苦くて人気が出ないのよね~(-_-;)

私は本の読みすぎで、すでに老眼と言われていて

普通の星さえ光のスジがたくさん!に見えているので

ちょっと悔しいです。

満点の星空、肉眼で見たいなぁ~(*´▽`*)

お話はそれましたが

表面的な出来事だけの善悪二元論?でもって

それを「罰」だの「業」だのという考え方は

あまりにも無意味ですし、

生き方としても弱すぎてお話にならない気がします。

現代人は、古代人よりも

体力や勇気や器用さはないかもしれないけれども

精神性(知性)では、けして劣っていないと思います。

だって、今のヨーロッパでは

魔女狩りなんか誰もしてませんし(*^_^*)

人間や技術が進歩すれば、時代だって進歩します。

もっと自分や世界を信じて

自然な歩みを楽しんでいただきたいなぁと思います(*´ω`*)

#占いスピリチュアル霊感商法カルマ業前世現世来世罪と罰ピンチはチャンス魚座時代 #迷信カルト宗教へんな宗教時代錯誤心の視力自己成長世界観

​最新記事