「感情」と「心」の違い


こちらの記事も、アメーバブログからの転載(改修)です。

今日の記事も予定通り

「人生の目標」について書こうと思ったのですが…

う~ん…?と、ちょっと考えた結果

順番的にまず「感情と心の違い」について書かなければ

そこにちゃんと届かないと思ったので

こちらを先に書くことにしました。

楽しみにしてくださっていた方は、申し訳ありません💦

でも、ちゃんと有意義な時間になるように

頑張りますので、ご容赦くださいね。

まず記事タイトルで、「え~?なにそれ?」と思った方も

多いのではないかと思います。

いくつか前の発達障害やカサンドラ症候群に関する記事で書いた

「対処」と「人間関係」の違いと同じように

似てはいるけど、実はまったく違うものなので

そこを説明したいと思います。

なぜ説明が必要なのかというと

ご自身の「その時の感情」を自分の「心」だと勘違いして、

人生が上滑りしてしまっている方が多いからです。

人は必ず、いつか死にます。

投げ出されたボウリング玉が、必ず落ちるように。

その時、上滑りのガーターだったら、嫌ですよね。

そんな人生のお手伝いなんか、モーネルはしたくありません。

人生のストライクを狙っていきましょう!(/・ω・)/⌒●✫

モーネル自身もまた、そこに向かっている途中ですので

偉そうに上から目線で書いているわけではない…

ということだけはご理解くださいまし。

みんなで一緒に頑張りましょう!

虚しい人生にしないために。

綺麗ごとやスピリチュアルや勘違いなんかに

短い人生を引っ掻き回されないために。

まず、精神の浅瀬から深海に向かって順に説明していくと

人間には「気分」というものがあります。

かる~い、気分。

お昼はこれが食べたい🎵とか。これ可愛い💕とか。

これらは、翌日には忘れている程度のものです。

およそ、人生の目標には程遠い存在ですね。

この「気分」に振り回されてしまうと

残念ながら、実に浅はかな人生になります。

水が冷たければヒュっと引っ込む、暖かくなったらビヨ~ンと出る

イソギンチャクと同じ人生になっちゃいますので…。

達成とか充実とかの高みには

到底、手が届かなさそうですよね…。

短気な人や記憶力・思考力の乏しい人に

気分中心で生きている人が多いような気がします。

若いうちはしょうがないけど、もったいない…。

もうちょっと潜ると「感情・気持ち」の世界があります。

でもこれも、相手次第だったり、環境や欲求次第であって

特に確実性はありません。

同じ出来事でも、環境が変わると

数年後にはもう違う気持ちで見るようになる、そんな存在。

たとえば、へんな元カレと一緒にいたときは

多少このことは目をつぶれて

「でも、良いところもあったし…」なんて思えていたものが

マトモな今の彼と巡り合って「平均値」が変わったら

「あいつ、マジ許さねぇ!"(-""-)"」

って気持ちになっちゃう…とか、よくあるお話です。

もちろん私にも、いろんなことで

同様の経験がたくさんあります(笑)

ですので、これもまた、人生の指針になるような

まっとうな代物ではないと思えます。

まぁ、それはそれで、刺激的で面白いし

確かに、人生のダイナミズムっぽく感じるのですが…。

ですが、それこそが厄介なんです。

辛い現実から目をそらしたい人や、

常に自分やナニカを守りすぎている人など

「うわべの平和」 を求めてしまっている状態の人が

ほんとうの事実を捻じ曲げる、その原動力になっちゃうから。

昔の人はよく言いましたよね

「情に竿さして流されると、ろくなことにならない」って。

私の経験上ですが、それは本当だと思います((+_+))

育児、恋愛、結婚、職場など

人間関係で悩んでいる最中は、感情に溺れて

誰でもどこか「夢中」みたいになってしまうものですが

後でよく考えてみると「夢中」っていうより

「霧中(五里霧中)」という言葉に近い状態というほうが

はるかに当てはまるのではないでしょうか。

実は、思っている半分も見えてなかった…とか。

感情というのは、野放しの感覚や動機(無意識)によって

無軌道に突き動かされた、精神の野生的大暴れの結果です。

しかも、その「氷山の一角」なので

とても人生の決断に使っても大丈夫なような

信頼度の高い存在ではないということです。

それを、個人として最高(天井)の部分である「心」と

混同してしまうのは、もったいないことだと思います。

では、勇気をもって、さらに深海へ。

意識的に自分の精神のパンドラの箱をあけてみると

今度は無意識や原始的な欲求、ワガママの嵐⚡が

バンバン吹き荒れることと思います。

自他のへんな記憶、嫌なもの、醜いもの…たくさん出てきます。

そして、嵐の終わり近くで

「なぜだか」思い出せない記憶が(いくつか)出てきます。

実は、天使の記事で書いた「キラキラさん」との会話

モーネルは最後の部分だけ

まるで「空白」になっているかのように

「なぜだか」どーしても!何十年も思い出せませんでした。

で、私はよく友人にこう言っていたのです。

「私、一人でいるの好きだからさ、

 淋しいとか思ったことないんだよね~w」って(笑)

本当に、すっかりそう思い込んでいたんです(;´Д`)

ところが、精神のサナギの時期に入って

自分の記憶を何度も何度も丁寧に、細かく再生してみたら

「空白」の部分がいくつかあったことに気づいて。

すごく引っかかって、ことあるごとに思い出してみました。

ずいぶん時間をかけて、やっと思い出せた記憶は

自分が「わたし、さびしいの。」って言ってる姿とかでした。

そこで、大人になった私は、口にしてみました。

「わたし…さ…みし……の」

言ってる最中に涙がボロボロ出てきました。

やっと生き別れの、本当の自分にあえて。

何儒年もずっと淋しいままにしてしまった、申し訳なさで。

やっと命の妹を探し出したような気持ちで…。

心の中で命の妹?を抱きしめながら、泣きました。

今まで経験したことのない、安堵感に包まれながら…。

その時、私のサナギの背中がちょっと割れた気がします。

そこからしばらく、人生の目標を探して

中でモゾモゾしながら

サナギの割れ目から外を見ているような状態になりました。

ここまで自分を知る(パンドラの嵐が過ぎる)と

最後に、2つ、自然に見えてくるものが出てきます。

それが①自分がいる現実の状況と、②本音中の本音です。

私はモリアオガエルのくせに

ラクダのように砂漠を横断しようとしたあげく

砂漠の真ん中で限界がきて絶望していたんですよね。

なのに、けしてそれを認めようとせず、

もといた場所も、本当の自分自身の姿も

「なぜだか」すべて忘れてたんだ!って気が付きました。

やっとやっと自分の「心」と再会してからは

「森に帰ろう。ここは私の生きられる場所じゃない」って

自然に納得できて、覚悟も決まりました。

たとえ岩山に遮られていようとも、トンネル掘ってでも

帰るために全力であがいてみよう!って自然に思えて

自然に勇気がどんどん湧いてきたんです。

梅干し見てるだけで、唾液が出てくるみたいに(笑)

「自分自身の本当の姿」に沿った強い意志(信念・勇気)や

価値観こそ、本当の「心」です。

迷った時の人生の北極星(ポーラースター)として良い存在です。

…というか、心を見失っているから

迷子になるんですけど((+_+))

長く我慢しすぎちゃうと、見失っちゃうんだよね~💦

結果は、やってみなくちゃわかりませんが

今まで関わった人たち(鑑定した人たち)は皆

「あなたは蛙ですよ」とか「鳥ですよ」みたいな

回答・解説をしていくだけで、自力で生き返れましたので

たぶんこの考え方に、大きな間違いはないと思います。

私自身の経験としても、本当に納得できて

生きていくことがラクになったし (^ω^)y-.。o○

だから、私が夫婦問題から卒業した時の記事(アメブロ)は

こういう内容だったんですよね

https://ameblo.jp/cbksk944/entry-11890339926.html

(長文なので、お暇な方だけ流し読みしてください💦)

しかも、今はそこからさらに一歩進んでいます。

わたし、だいぶ前に決意しましたので。

森に帰るために頑張ることにしました! ⌒✫⌒✫⌒🐸

というのも、精神的には今の状態は「大丈夫」なんですが

とうとう生理的な限界 がきてしまったので。

↑この(アメブロ)夫婦記事を書いた時には

「私は鳥なのに、地上で暮らしていたんだろうな」

くらいに思っていたのですが、いやいや、

時間が経ったら(自覚したから)さらに

本当の心がハッキリ見えるようになっちゃいまして。

私、鳥じゃなくて、モリアオガエルじゃん!って。

湖のある森じゃないと、生きていけないじゃん!って(笑)

モリアオガエルには、到底

砂漠で生き続けることはできないですよね~w

で、全力であがくことにしたわけです。

自分の生まれついた天命を、ちゃんと「生きたい」から。

「湖のある森🐸」に帰りたいから。

私の出生図ホロスコープで見ても、月がサビアン水瓶座15なので

(前後の水瓶座14や16も含まれます)

水瓶座14の「トンネルに入る列車」に乗れそうですし🐸

乗るのか掘るのかはわかりませんが

とりあえず電車がくるまでは掘ろうと思っています。

で、全力で帰ろうとして必死に頑張ってみて

どーしてもだめだったら、その時きっと

それなりの答え(諦めでも)に辿りつけると思うんです。

潔く、「負けた!」って白旗あげることができるというか。

格好悪くても、それが本当だと思います。

孤独や不安なんていう闇が

精神をぶわ~!!!って覆いつくす時って

必ず、「心」にマッチする方向とは

ぜ~んぜん関係ない場所に立ち尽くしている時

なんじゃないかなぁと、自他の経験上、そう思います。

いつかみんなが心の故郷で暮らせる日が来たら

人間社会も素敵になるんだろうなぁ…

適材適所って、実に良い言葉だなぁと思います。

現実と本音を直視する(パンドラの箱を開ける)勇気のない人に

幸福を求める資格はありません!

って、有名な人生相談の先生もおっしゃっていますが

本当にそうだなぁと…。(キビシーですが💦)

ラジオの人生相談なのですが(え~?と思う回答も多いです)

相談者の方々はだいたい、いつもその手前の

「気持ち」とか「感情」の部分でつっかえていて

それを「人間関係⇔現実の悩み」だと思い込んでいる…

そんな方々がほとんどです。

ですので、「人生の目標」や方向性は

感情や気持ちではなく

「心」というものから導き出していかなくては

上滑りしてガーターになっちゃうんじゃないかと

モーネルは思っています、というお話でした。

「心」って、気持ちや感情じゃなくて

「命」そのものなんですね~。

長くなりましたが、何か伝わりましたでしょうか?

次回は「人生の目標」について書いてみたいと思います(*^_^*)

#占いスピリチュアル心理精神感情心不思議な空白自己評価天命命人生パンドラの箱

​最新記事