大小タロット解釈・まとめ


ここまで大アルカナ1枚1枚の意味を

ところどころ出しきれない部分もありましたが

それなりに、現状わかっている範囲で

書かせていただきました(*´ω`*)

初心者の方や、カードに興味がおありのお客様に

より正確に、占い結果の意味を知っていただくためです。

そもそもタロットカードってなんでしょう?

モーネル自身にもいまいちわからないですが

いわゆる「確率論?なにそれおいしいの?」みたいに

何度でも同じ位置に出てくるカードって

本当に不思議だね~なんて思いながら

自己流の3カード(後に9枚へ展開)で読み込んでいます。

失せ物探しなんかだと、小アルカナ78枚を使った

ケルト十字法が役立ちます(*^_^*)

っていっても、シャッフル中にもう見えちゃうこともあるので

そっちは確認や補足でデッキを見る感じです。

これ出来るようになると、普段の生活でも便利ですよ(*´ω`*)

①シャッフル中に一瞬見える画像

②何度でも同じ場所に出続けるカード

タロットを不思議なモノだと思う理由はこの2つです。

モーネルはタロットの起源を

ヨーロッパでもエジプトでもなく

シュメール文化やメソポタミア文化の神話だと思っています。

(ちなみに占星術もメソポタミア文明の発祥ですね)

それを基にして、今のような形のようになったのは

国や時代で言えばヒッタイトとエジプトが休戦した際に

文化交流の一つとして「ヒッタイト周辺の文化」を

エジプトの人々に上手に伝わる形(絵)で

文化交流のお土産にしたものなんじゃないかなぁと…。

そうじゃないと、バベルの塔みたいな図があったり

「㉑世界」が女神イシュタル像にそっくりな絵になっている

理由もわかりません。

馬2頭を使った戦車での戦いを得意としていたのも

ヒッタイトだったりしますしね(^。^)y-.。o○

もしキリスト教の時代やローマ時代の西洋文化が発祥であれば

「世界」は男性神として描かれなければなりません。

エジプト発祥だったとしても同じことです。

「文化交流の品=商人・魔術師」から

「女神イシュタル=マギの王冠・世界」へと

実に奥深い、人生や精神の旅を楽しんでもらおうという

心遣いあるお土産だなぁと思うとほっこりしますね(*´ω`*)

モーネルは補足のカード(オラクル系カード)は

一切、併用しません。

なぜなら…「女神イシュタル」は実に豊かな女神でありながら

信者でない者や思い通りではない者に対しては

実に残虐な性質を持っていたからです(-_-;)

いくら、長い歴史の間に

余計なカードをねじ込まれていたとしても

構図やタイトルが歪められてしまったとしても

やっぱり「イシュタルの宿る世界」ですから

それ以上の混ぜ物をすることは、失礼に当たるので…。

怖いことになったら困るし(-_-;)

いえ、モーネルはオカルト優先で考えてはいないのですが

軽く歴女なものですから

「イシュタルの世界」に手を加えたであろう国や王族たちが

悲惨な最後を遂げたことを知っているんですよね。

まだ生き残っているキリスト関係でも

信者が悪魔つきごっこに走ったり、神父が自殺したり

教会の空洞化、法皇様の暗殺計画

各種のスキャンダル…いろいろありますよね…。

そもそもシュメールやメソポタミア文明の

恩恵に預かって育った若手の神が、原初の神の世界を

乱すなんてことも、道理として…どうなの?って。

神託でもあるデッキの意味を深く考えもせず

ちょっと面白そうな方法で集客しようという考えで

どう見てもタロットの玩具みたいな

最近ごしらえの異文化を混ぜるとか…

しかも波動とかオーラとか色の力とか言い出されるとね…

「何がはみでてるの?w」ってなっちゃいます。

モーネルは、パンツがはみ出てなければ

別に何色でもいいです。

波動とか、好きなだけどっかで振動してくれてていいし。

その手のオカルティストのお話には

まーったく興味がありません!(-_-メ)

信じたくて信じてる人には、実に申し訳ないのですが。

「⑳審判」って本当は

イシュタルの復活を描いてるカードだと思うし…。

ただ、神話をメインに解釈しないポリシーなので

そういうお話は割愛させていただいた次第です。

だって「神様」を占うわけじゃないから

当てはまらない部分が多くなると思うので(笑)

(これは占星術でも同じ考えです)

ちなみに小アルカナは、その後の時代に付けられたものかと。

複雑な問題や具体的なヒントがたくさんほしい時などに

補足的な役割で見る以外には利用していません。

ちなみに、小アルカナに「火・風・土・水」のエレメントを

付加して解釈するやり方は

少しオカルトに傾倒しすぎているような気がして

取り入れておりません(-_-;)

むしろ「勇気・知恵・誠実・愛情」という方向性で見た方が

意味がはっきり読み取りやすいと思います。

「①魔術師」で珍しい品(タロット)を見たところから

「㉑世界」でイシュタルの神託と加護を得るところまでが

ここまで1つずつ綴った内容なのですが。

宣託を受けた人は「⓪愚者=旅人」のような悟りを得ます。

「知れば知るほど、必要なものはなくなる」…と。

占いもまた、その「必要なくなる」ものの1つだと思っています。

占いなどというものは、いつまでも

人をリードするものであってはならないと思います。

いつまでも占いに依存していれば

非常に短気なイシュタルの不興をかい

まともな宣託が受けられなくなると思います。

(何を占ってもデッキに「㉑世界」が出なくなるとか)

占いに限らず、人間関係も宗教も同じことですが

「依存」というものの正体が「利用」だからです。

これほど失礼なことはないと思いますよ…。

依存は自他を蝕む、体に悪いお菓子のようなものです。

食べてるときは甘いけど…行きは良い良い、帰りは怖い。

…あ。

モーネルはお正月などに神道を普通にたしなむ

一般的な日本の生活をしている人であって

宗教はあくまでサブカル知識や思想哲学みたいな感じで

どこの宗教団体にも入団しておりませんので

ご安心ください(笑)

寺社巡りは好きですが「パワーがもらえる♡」とかいう

根拠のないオカルト趣味も依存心も、別にありません。

自分が生きるのに必要なパワーなんて

自分で出すものだと思います。

寺社に詣でたとき、どの宗教宗派に限らず

神様にはお願い事ではなく「お礼」を言うものですし。

日本はご利益信仰が多いですよね~。

そのへんも、占い依存への心の隙になっているような…。

どうしても自前でパワーが出ない時は

本気で休むか、全力であがくかしてください。

いつまでもお年玉をほしがる子供メンタルじゃダメ~(-_-メ)

さんざん人に振り回されたり自爆して

「もう馬鹿やってる場合じゃないな」と思ったら

人は「変わり時」です。

「新たなる旅立ちの時」と言っても良いと思います。

さんざんバカやってきた「⓪愚者」のカードは

タロットに関わる人すべてに

こう告げているのではないでしょうか。

人が勇気や目標を持って、困難や災難に立ち向かい

時には諦め、許し、認め、自己を変化させながら旅を続けた先に

神の加護や祝福ともいえる何かが待っていると信じて、

自分を変えるナニカへの扉を

いまから精一杯、自分の足で探しにいくんだよ‼(*´▽`*)

占いは確かに面白いけれど、その核心に触れたなら

頼ったり依存したりすることの無意味さを

私たちに伝えてもいると思います。

当たるも八卦の占いが、人をリードするのではなく

人が占いを超えていくのです。

そして、それこそがタロット占いの

本当のすばらしさなのだと思います。

どうぞ、占いなんかおおいに外してください。

もちろん、期待以上の頑張りや勇気で、良い方向に!

大事なのは、的中率より幸福率や自立率ですものね~(*^_^*)

迷うことなく走るダチョウのように

思いっきり、自主的に生きてこそ

誰かの人生や運命は輝くのではないでしょうか?

もちろんダチョウと人間は違うので

学び、悩み、傷つき、ときに忍耐しながら、ですが。

それが生きる強さになるんだと思います。

#占いスピリチュアルタロット大アルカナの意味文化交流自国への招待状イシュタル占いの本質

​最新記事