大アルカナの意味 ⑯塔


これもキリスト教的な図柄のカードですね。

実際は火事や落雷のカードだったのかな?

とも思うのですが、実際に占った時は

キリスト教のバベルの塔みたいな感じの意味で

出やすいので、そのように理解したほうが有益だと

しぶしぶ納得しています(笑)

以前「⑪正義」で述べましたように

「⑮悪魔」と「⑯塔」は、義務や道徳から外れるための

2つの破滅への近道を示しています。

「⑮悪魔」は幻を見せる(嘘つき)な人に騙されたり

または自分が騙したり、その両方だったりして

義務や道徳からハデに外れていく人を表現しています。

そして犠牲者が出る暗示も同時にされていて、

その犠牲者は自分自身ではない可能性もあります。

大雑把に一言で言えば「異常ステータス」です。

ところが「⑯塔」の問題点は

大義名分だの権利の「外面」が整っていて

犠牲者も自分自身だったり、パッと見は地味な印象です。

いわゆる異常な心理状態ではないまま

歪んだ方向に進む人を表現しているようです。

簡単に言うと「無茶による破綻」かなぁ…。

意味を言語化しにくいのも、いかにもバベルな世界観で

だから余計に、しぶしぶ納得してます((+_+))

見た目以上に、まだまだ考える余地のありそうなカードですね。

人間関係で見る場合

悪魔が「刺激に満ちた嘘の関係・不倫」などを

表現しているとしたら

塔は「誰の金で食わしてやってるんだ!」と怒鳴りちらす

ダメな父親のような感じでしょうか。

デッキの内容によっては、ですが

甘やかして育てた子が引きこもりになる感じも…。

悪魔が売春で儲ける人だとすれば

塔は過剰なローンによる生活破綻をする人。

確かに、過剰消費やパチンコ通いや家の新築って

ただの「自由な消費活動」ですから

誰も止めようがないぶんタチ悪いんですよね~((+_+))

「突然のトラブル」という解釈もあるようですが

う~ん…モーネルの実占の経験上

人間関係では滅多にそういう意味で出てこないと…。

ハッキリ言って、突然だと思ってるのは本人だけで

事情をよく知る周囲からすれば

「当然の結果」以外の何物でもない場合がほとんどです。

何かを過信した「高望み」による無茶な計画が

ついにここで破綻します、という感じかな~。

まったく現実味のない「亭主関白」に憧れて

大威張りしたはいいものの、家族に愛想をつかされて

みじめな結果になるモラハラ旦那さんとか…。

ただし、これだけは例外ですが

デッキ上に事故や怪しい敵の存在がはっきりあれば

単純に「突然の怪我」や「ショッキングな出来事」の暗示です。

失うものが何かはデッキ次第ですので

そこは注意深く見る必要があります。

基本的にこのカードが出たら

注目すべきなのは「エゴイズムへの自省」です。

等身大の自分を見失っていますよ…とか

悪い癖のツケが表面化しますよ、という警告。

モーネル自身も旅行前に自分を占った時

月と塔が出て「行った事を後悔するような衝撃あり」

と読めたのですが、戸締りや行動をきちんとしてもしても

庭の手入れでツケの溜まっていた腰に

「ぎっくり腰」という強烈な一撃が来るのは

どうしても避けられませんでした(笑)

遠方への旅行だったので帰り道は本当にキツく

心底、後悔しましたよ…(;´д`)トホホ

デッキや普段の生活次第では

その程度の大きさで出てくることもあるので

人間関係以外では、そんなに大袈裟なカードという

ことでもない部分もあります。

首の皮一枚で繋がれるかどうかの瀬戸際に

よく出てくるな~とも思うのですが

正直、そこまで「何かを過信している人」は

病的に自己中心な状態になっている場合が多い気がします。

視野狭窄って感じでしょうか。

実際モーネルも「甲子園」に夢中になってました(笑)

このように、このカードは

関心のあること以外には、驚くべき無関心であったり

警告を軽視する状態です。

人によっては「いいとこどり」でしか話が聞けなかったり。

逆に、不安や劣等感から

ダメなものにしがみついている最中だったりする場合も

出やすいカードでもあるので

(それは単純に超ワガママな精神状態だと思います)

堕ちるところまで堕ちるのもいい勉強じゃないかしら?

今度は前向きな地に足のついた自分で再スタートしてください。

…と、冷たく提案する時もあります。

ハッキリいって、占う内容によるカードです。

「私の連れ子を殴るやくざな男との恋愛関係が壊れそう!たすけて!」

って相談されたら、普通に道徳心を持った人間は

さっさと堕ちなさい!と思うほうが正常ですし…((+_+))

ワガママで頭がいっぱいの状態だと

こういう提案は冷たく感じるかもしれませんが

自分の行動の責任は自分でとるのが当前ですから

来る時が来たよ、というだけのことです。

そして、すべてを失ったとか

後悔を強く感じるような事態になった人は

「⑮悪魔」と「⑯塔」の示す

「いろんな意味でダメな大人」の世界から

「⑰星」の世界へと進むことが望ましいと思います。

「⑰星」の世界に自力で進めないほど

ダメな人(居直る・自分を棚上げにする人)もいるので

「望ましい」と書くしかないのが淋しいところですが…。

無理強いはしませんが、そういう人にも「⑳審判」の時期が

来ることだけは書いておきたいなぁと思います((+_+))

「⑳審判」に、「⑪正義」「⑫吊るし人」「⑬死神」などの

どうしようもないような世界に

飛ばされちゃったりするかもなので、ご注意を。

ですが、筋金入りの自己中育ちな人や

かたくなに劣等感(幼稚な自己愛)を離さない人以外は

自然と「⑰星」へ移行する人が多いとは思います。

多くを失ったり傷ついて生命の泉に辿り着いた人の目には

星の輝きは失った大切なものに映るでしょう。

でもそれを見て、自身の愚かさを客観視し

たくさん後悔の涙を流してこそ(⑱月)

再びまっとうに生きる気力を取り戻せる(⑲太陽)のでは

ないでしょうか。

自身が招いたこととはいえ、災厄はさっさと表面化させ

キッチリ祓う(払う)のが一番だと思います。

厳しいことをたくさん書きましたが

人生をやり直すのにはまだまだ遅くないよ(*´▽`*)

という、希望に繋がるカードであることに

注目すべきなのだろうと思います。

#占いスピリチュアルタロット大アルカナの意味塔傲慢エゴイズム破滅無茶な計画衝撃

​最新記事