大アルカナの意味 ⑨隠者


「⑨隠者」のカードって、一番なんにもない図柄ですね。

タロットの中で一番、仏教的なカードだと感じます。

「⑨隠者」のカードの図柄の中の夜空には、月も星もない。

あるのは手持ちのランプだけ。

背景も、単なる荒野だったり、洞窟の土壁だったり…

屋外なのに、テントもない。

これは「賢者」や「学者」みたいな

デスクワーク系の知性を表現していないんですよね。

元「⑧闘士(力)」の、ワイルドなナマの世界と正反対です。

生々しい世界の実体験を綴った日記(記憶)を懐に隠したまま

あえてそのナマの世界から孤立(隠居)して

完全なアウトサイダーとして、今度は外側から

現実社会やその中の人々、ひいては過去の自分を

まったく真逆の2方向から見つめようとする

「精神的探究の試み」の中の人のようです。

「真実を見抜くための明かり」以外をすべて捨て去った隠者は

誰の影響も受けずに、じっくりと真実を見ようとします。

過去と現在の対比や、内側外側からの対比を

さらにクロスオーバーさせてすべてを理解するには

「誰かのせいにすること」や「さらなる野心」などは

思考の邪魔以外の何物でもありません。

なので、「⑨隠者」のランプの光は

人を待っている灯台だとか、周囲を照らすためのものではなく

むしろ星にも月にも頼らずに

自分のまっすぐな勇気だけでものごとを見るための

「自分のフェアな感覚のフィルター」のようなものだと

モーネルは思っています。

そうして獲得された精神的な指針や気づきを

また本に書くのですが、それは「私個人の生き方」のためであって

誰かのためではないので、公開する意味は何もないと

隠者は知っているのだと思います。

「⑧闘士(力)」のカードは、周囲のニーズや価値観が

バーンと表に立っているカードでした。

「誰かの願望を叶え、勝者の投影をされるだけの日々」

そんなただ消耗するだけの生き方が

いつまでも続くわけがないんですよね~。

ほしいものを手に入れた後の、独特の空虚感っていうか。

奇妙な手ごたえのなさや虚しさ、疲労の中から脱出(引退)して

本当は何がしたくてどうありたいのか

本当は何が怖くて嫌いなのか

最終的には、「自分とは何者なのか?」という問いに

やっと答えが見つかる段階に来たようです。

自分探しをしている人に出やすいカードですね。

逆に、よろしくないデッキで出れば

「自分を完全に見失っている人」「意味のない他人との干渉」

なんて意味も出てきそうです。

鳥には鳥の生き方と価値観があり

魚には魚の生き方と価値観があります。

人間もまたしかり、外見上は似ていても

性分は本当に人それぞれです。

骨格や文化や肌の色が似ているから、というだけで

同じ生き方ができるわけではないんですよね~。

自分は魚か、鳥か。

鳥にしても、白鳥かペンギンかカナリアか。

白鳥にしても、みにくいアヒルの子状態か、ボス白鳥か…。

自分の天分をしっかり見極められた人間にこそ、本物の

「自分の人生のチャンスを見つけ、つかみ取り、守る力」が

備わるのではないでしょうか。

モーネルはよく(自他ともに)言うのですが

「変人には変人の生き方、嫌われ者には嫌われ者の生き方がある」

と思うのです。

「天才には天才の生き方、凡人には凡人の…」

と言ったほうがわかりやすいのですが、意味がちょっと

単純化されちゃいますので、あえてこの言い方で…。

(モーネルも変人の1人ですよ!w)

「レベル1の人気者より、レベル99の嫌われ者」のほうが

ずーっと有意義に社会貢献(活躍)できる、という意味に

受け取っていただいてOKです。

人間の多様性と、社会の仕組みや情勢…その中で

自分は何ができて、できないのか?

いや「できなくても無理してでもやるべき」なのか?

幼稚な正義感で軽率に行動する人と

最高練度のずる賢さで周到に行動する人

どちらがリーダーにふさわしいかは一目瞭然です。

レベル1の善人は、残念ながら「おとり」が精いっぱい

ではないでしょうか…。

そういう感じでご理解いただければ幸いです。

「人と鋏は使いよう」ですね~。

ご自身の人生を中途半端に悩む人や

停滞や繰り返しという壁を突破できない人は

たぶんこの段階でつまずいている人だと思います。

自分が自分をちゃんと使えて(見えて)いないのです。

目先の状況に一喜一憂することに夢中になってしまってる

そんな人にも忠告として出やすいカードだと思います。

実際モーネルも夫婦喧嘩のとき、夫から

「なぜ君はいつも俺の言い分を聞いてくれないの?」と

ムスーっとしながら言われたことがあるのですが

「あなた自身が “これだ!” という確信も持てないまま

 あれこれ理屈言ってるだけだから説得力がないのよw」

と普通に返事したら、夫が「たしかに…」と

考え込んだことがありました(笑)

対人関係がいつもネックになっている人こそ

ぜひ、このカードの内容をじっくり理解してみては

いかがかなぁと思う次第です。

実際に人のお話を聞いていると

自己評価が完全に間違ってる人や

自分の意見に特に意味(確信)がないような人って

けっこう多いのですよね~。

(だからうまくいかない「だけ」なんですが…)

最初から人に理解されようと思えば

性分というか天分というか、自分の半分以上を殺して

意味も本物の充実感・満足感・安息感もなく

人生を「ストレスと解消」の繰り返しで費やすしかありません。

その代価にうわべの小さな成功を手に入れたとしても

それって本当に「成功」で「幸福」なのでしょうか?

消耗しながら悪夢の森をさまよっているのと何が違うのか

モーネルには、幻想みたいな幸福の良さがわかりません…。

最初から周囲に理解されなくても、すぐにはわかってもらえなくても

自分の道を進む決意を持った時

行き詰っていた「闘士~隠者」の状況の人たちは

精神的に次の世界へ突破することができます。

仏教で言うところの「開眼」みたいなものでしょうか。

さぁ、すべてが見えたら今度はチャンスをつかむための

行動に出る時です。

新たな1歩は勇気がいるけれど、がんばって!

という流れで、次は

「⑩運命の輪」の世界に飛び込んでいきますよー!

#占いスピリチュアルタロット大アルカナの意味隠者賢者日記認知自己啓発チャンス確信

​最新記事