大アルカナの意味 ②女教皇


「①魔術師」の解釈は前記事でやりましたが

ちょっと中途半端だったでしょうか?

一応、占いの初心者様向けの記事なので

基本はとばして独学的な部分だけ

ちょっとずつお披露目する企画?なので

ちょっとした利用法くらいに思っていただければ

幸いです(;´∀`)

さて、次は「②女教皇」ですね。

よく、手紙やメール、ストイックな雰囲気

みたいな感じで解釈されてますね~

「船の渡し守」みたいな解釈もあったり。

モーネルの場合も最初は「船の渡し守」かと

思っていた時期があったのですが

実際占っているうちに

「空港の受付・検査係」のように

感じるようになりました。

つまり、このカードが仕事や恋愛の占いで出たら

「未知の世界(この先)」に行くには

彼女の示すいくつかの条件をきちんと

満たさなければならない、ということです。

逆向きに出れば、搭乗拒否っぽい感じ(笑)

まだビザが出てないでしょうがあああ!

それは機内持ち込み禁止ですっ!(ピピピピ

たとえば、恋愛や仕事の占いで

相手の気持ちや根本的な原因、最終結果などの位置に

このカードが出た場合

一緒に出たカード次第ですが、あなたかお相手、またはお互いが

今の条件のままでは「厳しそう」だなと

感じている状態です。

企画書やメール出せば?みたいな

単純なアドバイスではないと心得たほうがいいかと…

友人や人間関係でいえば

冒険心いっぱいのあなたを危険から守ろうと

「冷静な判断で止めてくれる人」

「重要なアドバイスをくれる人」

ということになります。

良いカードと並べば「渡航許可(手続き)」だけではなく

旅行中の通訳やらガイドやら、お世話やら

いろいろとしてくれる、頼もしい人がいるということ。

悪いカードと並べば、悪く言うと「門前払い」

軽めなら「トラブルあり」ということ。

デッキの内容がひどければ、あなたかお相手、どちらかが

門前払いしたほうが良い関係、ということになります。

搭乗して数時間後にハイジャックされたら大変ですもんね((+_+))

よく、初心者さんが「冷たい女性」「考えすぎる女性」

「キャリアウーマン」みたいな解釈をするのですが

私はちょっと違う役割のカードだと思うのですよね~。

②女教皇はつまり、条件のマッチングについて

あなたの見落としている大切な「何か」を

ハッキリとした形で知らせようとするものだと思います。

タテやヨコに並んだカードや、キーカード(結果)とかを

もちあわせてきちんと見てみる必要があると思います。

そういう意味では「⑪正義」のカードと

意味が重なる部分が多いですね。

あっちはまた別のお話なので、またその時にでも。

#占いスピリチュアルタロット解釈大アルカナの意味女教皇大アルカナ条件

​最新記事