蟹座3 毛長鹿を連れた男


※こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今日は久々にサビアンシンボルの解説です。

蟹座3「シャギーディア(毛長鹿)を連れた、毛皮の男」

について解説してみます🍵

だいたいの解説では、よーするに

「寒々しい困難な状況の中を進む時です」って感じ。

人によってはこれを「南極探検」とか言ってる。

仏教やキリスト教的な「鹿」の意味を

うまく消化してないんじゃないかな~?と思います。

日本にも強くありますね~、鹿の信仰。

皆さんが巳神様とか龍神様とかって言ってるの

あれ、事実を辿ると鹿の骨だったりします(笑)

大昔の占いは、亀の甲羅や鹿の肩甲骨などを割って…

よーするに神降ろしのヨリシロにしたのでしょうから

残りの骨をお祀りしたケースもありそうですね~

縄文時代の日本にも

巨大な体のオオツノシカがいました。

中国にも親戚みたいな種はいたようですが

角を巨大化させる際、カルシウムをあげすぎて

滅亡してしまったようです。

日本のヤベオオツノシカはシンプルながらも

面白い手のひら型の角をもち

1万4千年前まで本州などに生息していました。

化石の主な出土先は、信州、毛野(群馬・栃木)など。

2万年前にはすでに毛野にストーンサークルがあったので

最低でも数千年の間

人間とオオツノシカが一緒に生きていたんですね~

一番最近の出土は、栃木県足利市です。

その前が、群馬のあるお寺様。

そこで蛇神様のお骨?として祀られていたものが

ヤベオオツノシカの骨でした。

化石(骨格標本)から、肉食獣などに食い荒らされた後を

しっかり想像してみると、確かに蛇神様の骨っぽく…

龍神様の骨のように見えるだろうな~と(笑)

野生では栄養価の高い内臓から食べられますから

肋骨は損傷し、手足は持ち去られ…

頭から尻尾までの脊椎だけが残れば、そう見えます。

このように、鹿って意外と

いろんな信仰の根源に近い位置にいる

不思議な生き物なんですよね~

200年くらい前まではアフリカに

夢のように真っ青な鹿も実在していたようです。

その美しさのあまり、狩られて滅びました。

どんなに素晴らしい生物でも

最後まで狩りつくす人間の浅はかさ…

せめて毛皮からIPS細胞とかで復活させられる日が

来ればいいなぁと願います。

とにかく鹿ってのは、様々な信仰の根源に

ひっそりと寄り添いながら、実益をもたらしました。

食料、毛皮、漢方、インテリア、芸術、道具、高級品…

他の生物の糧になりながら、反撃もしなかったので

平安と豊かさ、従順などの象徴だったのだろうと。

毛の長い鹿は、寒い地域や環境(運勢)を示すと

解釈している方がいますが

それはあくまでも現代人の目線かと。

鹿は毛が長いんだから、ちょっと寒いくらいでは?と。

毛長種に示されてるのは「高山→信仰の根源」

であって、寒さは主体じゃないと思うのよね~

もちろん、若い時や単純な人には

サビアンシンボルはそのまま出たりしやすいです。

でも、そのままじゃないと気付かないから

そう感じるだけのような気がします。

「そのまま出にくいサビアンシンボル」だと

そういうことが分かりやすいんですよね~

東京で毛長鹿を見るのは難しいですから(笑)

サンタ&トナカイ、アシタカ&ヤックル、竜騎士などの

ファンタジーな出方をする人が多そうですね~

モーネルの解釈ですと、むしろ、種や常識の壁を越えた

風通しの良い心理状態を保つこと

自然のナニカと寄り添いあうことで発展するものを

さしているような気がします。

「ナウシカと王蟲」のよーな劇的な感じじゃなくて

もっと当たり前に、見過ごしやすいくらいのもの。

黒猫が横切るとか、カラスが鳴くとか。

「もの忌み」や「招き猫」、ひいては「八咫烏」など。

ある生物が、なにかの兆しをもたらす。

言い換えれば「導きの獣」と言ってもいいサビアンです。

なぜなら、牙を持たない鹿たちは

毎日いくつかの水場を巡回しながら生活しているから。

それは巡礼の旅を思わせますし

迷い人は鹿についていけば

必ずその日のうちに水を確保できるので。

伊勢神宮の遷宮の夜も、ムササビや二重の月虹が

出ておめでたかったんですが、あれ。あの感じ。

生物の種・科学・常識とは違う理解を伴う現象。

「南極の犬ぞり」のような、人為的・目的ありき

操作可能な範囲のお話ではない。というか。

自分も「毛皮の男」でなければならないので

野生のカンとか自然・超フラットな感覚は

持っていなければ無理だろうな~という。

ちょっと古い感覚(迷信?)の力を発揮する時。

英語では、鹿の複数形に「S」をつけません。

羊、魚、鹿などは、何頭いようと単数形…

群れているのが当たり前なので、数えないらしく。

日光の御神域も鹿の生息域とけっこう被ってて

巳神様と鹿の関係は、別の面も持ちながら絡む感じ…

鹿なんだけど水神で天神で龍神。補陀落ワールド。

種の壁どころか個の壁さえ、ないも同然。

どっちかっていうと、森の迷子が

見かけた鹿になんとなくついていったら村に戻れたよ~

みたいな流れっていうか。

私も火星がこのサビアンなので

テキトーに運転しては、気に入った車や動物などを

追跡してちゃんと到着することが多いです。

あと、ドライブ先や途中で、動物たちと関わります。

並行して飛んだり、ふと現れたり。

単純に、私が野生児のよーな人だからですが(笑)

でもやっぱり、このサビアンを上手に出せると楽しいです。

自分の心が人間社会だけに囚われないから…

だから信仰の根源と関わるのかも知れませんね~

易経にも「離為火(りいか)」という卦があり

それに相当する部分も大きいです。

柔らかな野生の「智」に従って吉。

イライラしても短気・強硬は凶。

スピ系?の出方としては

「人間を捨てる(種を超える)手前くらいの状態」ですが

神性を求めるあまりに人間を汚く思い

排除したくなる自分を「正当化する」ような人は

これにまったく該当いたしません。

難病で生まれてくる子供たちの顔を知らないから

「人間は汚い」なんていう

世間知らずな正義に浸れるんですから。

そう思いたくなる時もあるのは普通だけど

「ずーっとそうで当然」なのは、問題アリかと…

強迫観念や損得・優劣への過剰反応は

一種の病理ですが

このサビアンは、その真逆に位置するものです。

これが分かると、神仏の表情の柔らかさから

感じとれるものも多かろうと思います🍵

わかりやすい動画は

「As the Deer 日本語」

などで検索してみてください。

最近、御朱印や寺社めぐりが流行っているんですが

極端に走っておかしな「修行?」をしたあげく

勝手なことを言う人をネットで見かけます。

悪い意味で、人間の自分を逸脱してるように感じます。

ペットやご近所さんと、サラっと仲良くしている人の方が

このサビアンに近い気がするなぁ🍀

#占い占星術西洋占星術サビアン占星術サビアンシンボル蟹座3毛深い鹿を連れた男シャギーディア #鹿ヤベオオツノシカ蒼い鹿離為火種の壁を超える導きの獣タヤガラス龍神巳神動物神様

​最新記事