リリスと新月・満月


※こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

私の太陽のサビアンは「紅葉の小道」です。

要するに「山の落葉樹」です。それは土地を肥やすもの。

後のナニカのために。(自分のためにもなるけど)

40~50歳を過ぎたら、まるで月が欠けていくように

人生はただ失うばかりだという人がいます。

私も、35歳くらい…自分の姿を

良くも悪くも把握しきれていないころ

そんな気持ちになることがありました。

いま思えば…ですが

どこが「前」なのかさえはっきり見えていないままで

「ただ老いて消えるだけ?」という

冷たい疑問がいつも心の底に渦巻いていました。

その頃の私の脳内には

何人かの人と、いくつかの建物くらいしか

はっきり「実在」してませんでしたね~

いま考えるとずいぶん小さくておかしな世界ですけど

その時は本当にそんな感じでした(笑)

みえない人は、色んな意味でいない人。

しらない事は、存在してないも同然。

まるで洞窟の中で暮らしているみたいですねw

どこか淋しくなるのも当たり前っていうか…

だから、なにか決めてみても

いつも「決定打」に欠けている…

モヤモヤ~っとして

気を抜くと後悔や違和感ばっかり湧いてくる。

でも、それはぜんぶ錯覚でした。

古い自我という繭の中にいたんだと思います。

もちろん自分の吐いた糸で作った繭。

なにかを守ろうとして。

なにかに逆らおうとして。

必死に吐き続けた糸が、今や

私という名の牢獄になっている…。

それに気づくのに数年かかりました(笑) ←鈍感

それを業というなら、そうなんでしょうね~

でも私は、過去・現在・未来の境目というほうが

有意義な気がします。

良くも悪くも、過去という「糸」は消えません。

なのに、実に不思議なことに

1秒前の自分にさえ触れることはできません。

1秒先の自分を決めることも、完全にはできません。

人生にとって、時間はあってないようなものなのに

糸だけは確かにそこにあるんです。不思議ですね~

過去や今の私という芋虫が作った繭ですが

毒蛇が出てくるかもしれないし

白鳥や魔女が出てくるかもしれない(笑)

人間の魂というのは変幻自在、幽玄夢幻なので

科学とは完全に違うベクトルです。

イカの卵から蝶々が出てくるんですから(笑)

だから占術というものがあるんだろうと思います。

占術は、人やナニカを観察することで出来ました。

なんで観察してる?

なにを観察してる?

幽かな光がそこにあるかどうかを。

3歳児のピカピカの目に映る、潤ったような

なにかを正確に映し出しているような

不思議なあの感じがどこにあるのかを。

大人の言動についても、同じです。

本当は、人間と神様の関係(運命)って

幽かでも玲瓏の光を感じるほうへ

進めばいいだけなんだろうなぁって

自他の経験を観察した上でもそう思うので…。

清澄な光と言ったほうが分かりやすいかな~?

中年以後の明暗を分けるのは、たぶん

そこらへんの部分なんだろーなー

自力でひっくり返せばいいんじゃないかな

ホロスコープなんか。

ひっくり返せなかったら、回り込んでみるのもアリ。

こういうのを精神的な「力技」っていうのかな?

心にも筋肉ってあるんですね~

もし、他の人はやってる悪いことじゃないコトで

違和感がすごいこととか

ちょっとヤダナーとか、興味ないーとか

自分が勝手に引っかかってることがあるとしたら

たぶんそれが、自分の壁ってヤツです。

それはたぶん、細胞膜みたいな…

一瞬なら、心のグーパンで抜けられる(笑)

その一瞬で飛び出すものがあれば、有意義です。

何も整っていないのに暴れても仕方ないですが💦

ホロスコープで最恐のリリスって

実はそういうことなんです。

手法によって5種類くらいあるリリスですが

私は1つだけを採用しています。

個人の最高と最低は高確率で比例しているから。

肉体の寿命だけは、神様のものですが。

リリスは私の知らない、私の魂の片割れ。

私という神の欠片。私に巣くう悪しきモノ(笑)

ゆえに到達し和合した時、より高き頂きにて開眼します。

確かな運命の道のうえで、限界と安寧を得る。

よって、私の占星術においては

最高到達点(遠隔点のど真ん中)だけを

リリス(モイラ)として扱っています。

リリスは5種類くらいあるという説もありますが

多少の欠点なんか当たり前ですし

現代の社会で完璧超人なんか目指しようもないし

苦労してしょーもないモンと向き合ったり

和合したってしょうがないですから。

どうせ艱難辛苦を乗り越えるなら

いと貴(たか)き山に登ろうよ、と。

もし新月の生まれで、その夜が真っ暗だったとしても

月の裏側に滑り込んでみれば

すっごい満月の神様(陽のリリス=モイラ)に

お会いできるかも知れません✨

リリスは常に、モイラの居場所をさしているのですよね~

魔と神は同じものです。

人間にとって都合が悪ければ「魔」、良ければ「神」

誰がわけたんだか知りませんが

だいたいあってるけど、根本的に間違ってもいます。

那須(栃木)の殺生石に封じられたとされている

九尾の狐(玉藻の前)も、成仏に喜んで

お礼をしたというお話があります。

その割には今もまだ硫黄だしてますが(笑)

リリスを知るのにすごく良いお話だな~と思います。

だからホロスコープを読むのって

一種類の目線からだけでは無理なんですけど…

リリスは貞子のキメ顔や幻惑の魔性に思えるけど

本当はきっとずっと、月の裏側の中心で

その人が「恐れや幻想を超えて来る」のを

ずっと待ってるんじゃないかな~

台座の中心を微妙に避けて待っている

クロートー(天王星)みたいに。

戻れるうちに、運命の糸を辿っていらっしゃいと。

それがわかるまで、リリスは業魔や厄災の女神だけど

追い付いたら、リリスは本来の大神モイラになる。

トランスサタニアンは、本当はその導き手…

一見、厄災の使者みたいだし

愉快でも爽快でもないかもしれないけど💦

無理っぽい。

でもなぜだか、必要な気がする。

なぜだか、懐かしいようか感じがする。

それは洞窟の出口から吹き込んでくる風かも。

洞窟出たら、「…あれ?」ってなって

私、この生き方もう無理じゃない?

洞窟を抜けるまでの限定的な方法だったんじゃない?

って、気づくこともあるかもしれません。

こう書くと、欲と光って似てるんだけど

ぜんぜん違うんですよね~、根本から目的まで。

欲はあくまでも自分だけのもの。

光はいつか出会う(生まれくる)誰かのためのもの。

それは明日の自分かもしれない。

数千年後の誰かのためかもしれない。

そうと知ってなお、今の私を有意義に生きる決意は

昔でいう「即身成仏(生きたまま仏となること)」

に近いかもしれませんね~

ダイレクトに自分に反映されない光かもしれない。

けど、回りまわって戻ってくる光かもしれない。

まるで天球儀や曼荼羅のようですね~

そのくらいゆるい(広い)ほうが、中年以後は面白いし

そうでないと見えないモノも多くなります。

遠い鈴の音のような、幽かな光を追って

無茶でへんてこな生き方をしてきた私ですが

後悔する結果にはあんまりなっていません。

だって、芋虫の私は生きるのが下手すぎたから

あんまり後悔のしようがないんですよね~

何が言いたいのかっていうと、夏が終わって

雪が降ってきたくらいで負けないでいいよってことです。

雪が降ったら、雪合戦でもすればいいのよ。

ずーっと春じゃないとダメってこともありませんし。

秋には秋の良さがある、冬には冬の楽しみがある。

それが中年以後や「今」を前向きに生きる

コツなのかな~と思います。

死後にさえ極楽を夢見た人も、昔は珍しくなかったし。

チビもいつか、自我の洞窟に入ってぬけて

たくましい眼をした中年になるんだろうと思います。

今のようなピカピカおめめじゃなく。

まずは私がオトナノススメを実行しないとな~と…

いろいろやっていきたいなぁと思っています🍵

#占い占星術西洋占星術ホロスコープリリス新月満月運命宿命40代の悩み50代の悩み #人間関係の悩み人生虚無感決定違和感後悔錯覚中年の悩み自分の壁限界安寧神様老後

​最新記事