東海寺さんとストーンサークル


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

ちょっと初心に戻りたい心境だったりします。

毎度の気まぐれみたいなものですがw

せっかく東海寺さんについて触れたので

画像や記録など…残しておこうかなぁと思います。

136年ぶりの、佐貫観音の御開帳について

ちょっと前に書きましたが

祭事用のでっかい白龍さんや

祭事の山伏さん(修験者?)や稚児行列など

詳細をご覧になりたい方は

「岩戸山観音院 御開帳」の記事をいろいろと

ご覧になると詳細がおわかりいただけます。

佐貫観音は色々な呼称?なので、

画像などを探すのに、わかりにくいんですよね~

で、車で数分ほど先にある、現在の本院

東海寺さんに入りますと、すぐに

弘法大師(空海)さんがお出迎えしてくれます。

真言宗(真言密教)の開祖として

お馴染みの空海さんは

平安時代初期のお坊様ですが

お若いころに、儒教・道教・仏教の

比較思想論を著されまして、俗世の教えが

真実ではないことを伝えられました。

道教的な(儒教的な)八徳の関係は、このへんを

もともと太古の日本の時間であった8分割のうえに

上手に取り入れたものなんだろうなぁと思っています。

簡単に言うと、わかりやすくしたっていうか。

もともと2~3万年前の日本のストーンサークルは

円形に並ぶ「8石」で構成されています。

日本人のもつ、時間的な感覚そのもの

と言ってもいいと思います。

ほどよい大きさの島国だった日本の人は

大陸や大海原の国の人々のように、寝ずの番や

星を見て旅をしなくてよかったので

よーするに太陽だけを見ていればいいわけですから

「だいたいのかんじ」で動けばそれなりに

ちゃんと活動も存続もできたんでしょうね~

だから逆に、元寇・露寇・世界大戦などが

大きく記憶に残っているというか。

実際、近代までの日本の食事は

太陽が45度ずつ動くたびに

食事とゴジハン(軽食)をとる形でした。

夜はもちろん、4石の反対側に

石を並べればいいわけです。

夜は寝るからご飯はいらないんですけど

円形に石を並べたのは、夜空を切り取る目安ですね。

今の占星術でいう所のハウス。

日本は8ハウスでゆる~っと星を見ていたんですね。

たぶん1~2等星あたりで…ゆるゆる~っと。

もしかしたら、はるか昔から日本人はあんまり

目が良くなかったのかも知れません。

目は遺伝が大きく出ますから。

道教や儒教が入ってくる前から

日本には8のリズムがちゃんとありました。

八卦陣=古代のハウス=太古の鏡

として考えて見ると、面白味があるなぁと🍵

ゆる~い星の使い方をしていた日本人にとって

真言密教がもたらした「12星座」などの価値観は

実に…知的な刺激をもたらすもので

あったんだろうなぁと思います。

私だって、もしいま

「1日は24時間じゃなくて、30・8時間ですけど?」

って言われたら、おおおぉ???って

反応しちゃうと思いますし(笑)

すぐ横には、龍神様の手水場が。

水遊びが大好きなチビは

ビショビショになりながら、ここからなかなか

離れてくれませんでした💦暑いのに~💦

でも、母なる佐貫観音様の関係で

しかも子供と縁の深~い龍神様の本院の中ですから

すぐにやめさせるのも無粋なんだろうと…

少しばかりやらせておきました。

こちらは奥の御堂の外観です。

鐘紐というのは、寺社様の性質を如実に表すものです。

こちらの鐘紐の形状は

淡路島の南にある小島…沼島のおのころ神社様と

よく似ているなぁと思います。

龍神系の寺社様はだいたいこうなのかも知れませんね。

沼島のおのころ神社の鐘紐は、淡路島名産の

ハモのような…ちょっと変わった形です。

沼島のおのころ神社さんは

ぜひ出かけてみたい場所の1つでもあります。

竜宮城伝説と、イザナギ様とイザナミ様の関係の

様々な由緒や霊場があるので

日本最強の恋愛系パワスポという方もいますね~。

竜宮城伝説でも、日本神話でも

最後は女性がアレする形になっているのが

なんとも…おやおや…ですが

時や生死などの境を超えた愛…とも言えます。

捉え方は、人次第なんでしょうね。

もしかしたら、昔から

女性が男性に愛想をつかす事は

多かったのかもしれないな~

それに似たものが

真言宗のお寺様にあるのですから

不思議なものですね~

龍神様と竜伝説の関係なんだろうとは思いますが。

でもやっぱり、補陀落浄土のおおらかさには

8(八徳)の感性がきれいに絡んでいるような

気がしなくもないです。もちろん神道にも。

御堂の中はこのような感じです。

あんまり近くで撮影するといけない気がして

ボヤ~っとした画像で失礼します

※フラッシュはたいていません、陽光です。

この…さまざまな寺院様の本堂にある

黄金のシャンデリアはなんて呼ぶものなんでしょう?

浄土の光を再現しているのだろうと思うのですが

占星術をやっていると、キュビリアのようにも…

葬儀などでよく見る、左側のでっかいお鉢?は

御開帳の儀式でも出てきたもののような。

山伏や稚児行列の意味が

なんとな~くですがわかる気がします。

あくまでも超自然の理に「沿った」形での

祭事だったんだろうなぁって。

御堂の端から、静かな気持ちでお庭を振り返れば

空海さんと竜神さんに挟まれた、簡素な門。

その向こうには…補陀落浄土である日光連山。

もちろん戦場ヶ原の神話で龍神様とされた、男体山も。

門までが東海寺さんの境界?なんじゃなくて

遠くの風景までが「ここ」なんだなぁと…

はるかはるか…遠くが、無理なくここにある。

「見る」という形でもってきているんですね~。

太陽光のいい感じの部分にあった

波長で人間はものを「見て」おりますので。

このへんの仕組みは「天の川が消える日」という

本でわかりやすく書いてあります。

で、ストーンサークルも、古代の海岸線(貝塚など)も

そこにあったと…。

神話なくして占星術なし、史跡なくして歴史なし。

神様(仏様)は、残すものをちゃんと選んで

残してくださってるのかな~?

世界のいくつかの場所に、そっと隠すようにして。

神話、化学、歴史、真実、占星術…

すべて丁寧に発掘していくものばかりですね🍵

単純に、積み上げているだけではないっていうか。

モーネルは、1日は8時間でもいい気がします。

初心に帰りすぎかもしれませんが(笑)

だって、ゆっくり寝たいじゃないですか…(ボソッ)

ゆる~い感じで…

初心に帰れる優しい寺社様でした。

#占い占星術霊場巡礼パワスポパワースポット巡りパワスポ巡り寺社巡り龍伝説龍神様お寺 #ストーンサークル八徳道教仏教真言空海佐貫観音東海寺太古の日本白龍修験道慈眼寺

​最新記事