昔と今の、迷信のスキマ


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

お盆に近い裏鬼門な星まわりの日ですから、ちょっとばかり

奇妙な現実(生態学など)のお話でもしようかと思います🍵

昔はナンヤラカンヤラゆーていろんな妖怪?物の怪?

とか神様とか作ってるんですけど

「ブロッケン現象」が神様だの如意輪だのの元に

なっているのと同じように

ちゃんと実在する不思議なモノノケもおるわけです。

書物の文字を食べてしまう「紙魚」というモノノケさん

実在しているんですよね~

「活字喰」と呼ばれる菌(植物)です。

昔の人って言霊信仰があったり、時代が乱暴でしたから

迷信はあっても適当なことは言ってない場合が多いです。

嘘をふれまわるような生き方は

近代特有の症状?なんですよね~

もちろんへんなヤツはどの時代にもいますし

(思い込みの激しい人も)

北欧神話のロキのような愉快犯もいたとは思います。

でも、全員がそういうことでもなかったというか。

お盆にしたって、裏鬼門から11日後ですから。

(11は宗教的に意味がある数字らしいです)

裏鬼門が司る三角形もオカルト的に意味があるようですし。

ピラミッドとかもそーですし。

モーネルも今日は左半身に「寒冷じんましん」が出て

久々にウナの香りを嗅ぐことになりましたw

「寒冷じんましん」って医学的?には呼ばれていますが

生態学の天才ともいわれる三木成男先生の

御著書「生命記憶を探る旅」を読んだ限りでは、

たぶん先祖返りの一種です。

モーネル以上にぐるぐるした文章なのですが

書いてある内容は実に興味深いものです。

この本の後半にかかれているのですが

過酷な環境で「サンショウウオ(水生生物)」を慣らすと

たった3ヵ月ほどで(うろ覚え💦)

両生類のようになって、ウーパールーパーのような

あのふさふさしたエラがふさがるという…。

人間もまた、お風呂に入れば水中のものを

掴みやすいように指先がシワシワになりますね。

たった10分くらいでも。

子供のような、生命力いっぱいで

まだ遺伝子的な要素が確定していない状態ですと

5分もたたずにそーなります。

アレは生命力やバイタリティー?の現れなんですね~

で、モーネルの寒冷じんましんも、そのひとつです。

今日みたいに日光を浴びながら

長くプールに入ったりしておりますと

「あー、この個体は海に戻るのか!」と

遺伝子が勘違いしちゃうようで(笑)

一見、水ぶくれのような

ピンク色のカユイのが大小ぶわわ~っと足に出てきます。

細胞が「ウロコ」に戻ろうとして

必死にメタモルフォーゼしているんで、かゆくなりますw

私の意志(意識)なんかとは、いっさい関係なく

身体が魚にもどろうとしておるのです。

その昔はこういう体質は「ヘビに憑かれとる!」

とか妖怪ナンチャラとか…

けっこう嫌われちゃってたらしいですが(笑)

人間(陸の生き物)は、多くの生物が上陸しては退却し…

何度も何度も挑戦した結果…やっと

陸に住めるようになったんでしょうね~

だからクジラがおり、シャチがおり、サメがいる、という。

寒冷じんましんが夏に出やすいとか

水(湿度)や日光の刺激で

体質(特に皮膚)がアレになるとか…

医学と生物学(生態学)を切り離して考えている

現代の認識にはちょっと歪みや穴がありますね、と。

裏鬼門(トランスサタニアン)の強い今夜は

こんな虚と真のお話をしたくなりました。

モーネルがよく言う「幻想」ってのは

こんな感じのことです、みたいな。

サクセス願望だの大恋愛だの…ひいては

「幸福パワーのお月様でアロマ」

な世界とかね。溜息でますね。

満月が示すのは大潮だと前から言っていたのに

聞く耳もたずでは、せっかくの真実(占術)も

まったく役にたちません…。

満月のパワー?を受けようとして

高潮被害にあった方がいたら責任とれるのかしら?

よく見えるオーシャンビューに特攻した方がいても

知らん顔でしょうね、都合の悪いことは。

へんな宗教やセミナーってそういうもんです。

様々なイメージで頭がゴリゴリだったり

そういうのに妙に慣れていると

せっかくの、陰陽に基づいたガチ占術も

まったくの役立たずになります。

こちらは陰陽師のようなラインどりの

ふらふら~っと「解」の周囲をまわる言葉運びで

「大潮」ですと言う。

しかしあちらはこの意味がわからず「パワー」なのね!

と言う。

だーから蠍座の記事(木星IN射手座の時期)で

生死にかかわる大嵐が来るとゆーとるのになぁ…

と、また私は思う。

なぜ最初から「解」をはっきり言わないか?

(必要そうであれば、言うこともありますが)

その頭と口から引き出された「解」のほうが

ずっとダイレクトに、自分の魂に響くからです。

そんで、占い師がダレカの未来をリードするような

ことであってはイカンからです。

(いまが「危ない」方でもない限り)

そういうことをきちんと把握しますと

生物学なんかもそーですし

逆にモノノケや陰陽(陰陽道、占星術)などのお話も

楽しくなるし、意味深くなりますし

また真実に迫ることも可能となります。

最後までお付き合いくださった方に…

「貴門」的なお土産をひとつ

「占星術の基本 ④水星」の記事にね

真の運命の方と出会うための

「道」が示されております🍵

歪んだサビアンですから、わかりにくいですが。

#占い占星術西洋占星術鬼門貴門生態学生物学菌類もののけ妖怪迷信誤解錯覚嘘菌 #時代的な限界大潮大嵐陰陽道占術水星運命の人解答え真実事実幻想思い込み認知

​最新記事