シャーマニズムの世界


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

来季の12星座の占いの前に

シャーマニズムについての記事を

書くのをうっかり忘れていたモーネルです💦

相変わらず、抜けております(笑)

占いも人生も万物も、結局はそこに辿り着くのに

何のためにトランスサタニアン記事を

書き続けてきたのか…ダメじゃん!💦と(笑)

ゴールはここだっつーの…。

日本には仏閣と神社がありますが

神道と真言(仏教)の世界って、別物にみえて

ほぼ同一のものをさしています。

陰陽を滅して昇華していくのが仏教であれば

陰陽を安定(相殺)させて昇華するのが神道。

陰だけでもなく、陽だけでもなく。

突き詰めれば有の世界と無の世界という違いです。

一枚の鏡の、裏から見るか、表から見るか。

だからこそ天地逆転を起こすに至ることが

占い師とかにとって、とても大切なのです。

まことのリズムと共鳴を知る道です。

モーネルのヘンテコな占星術は

乱反射(曼荼羅)と陽身、陰身を加味した…

この先は魔女の秘密なのですが(;´∀`)

まぁ、こんな感じで見えてます…とか

思っていただければ。

要するに、とっても数学的な感じの

ものの見方をしているのです。

出生図などの星の配置は

ほんのスタート地点(点)にすぎません。

霊感、スピリチュアル、インスピレーション…

まぁ、いろんな言葉になってますが、同じです。

一切の目的と、無理な意味(目的)づけをさせず

動じず、見せられず…。

歌声に好き嫌いはあるかも知れませんが

イメージが伝わりやすい動画を2つご紹介いたします。

まずは神道の方向性。

すべからくの有を認め、それに寄り添い

そこから乱反射するように開花していく世界に

飛び込んでいくシャーマニズムです。

「少女救世論」でYouTube検索してみてください。

次に仏教の方向性。

すべからくの無を認め、それに寄り添い

そこから乱反射するように開花していく世界に

飛び込んでいくシャーマニズムです。

「東方 OMEN」でYouTube検索してみてください。

こうして並べてみると、共通の部分が多いですよね。

違いは(一見)無規則なものと、理に基づくもの。

曼荼羅とは、開眼した人にだけ感じられる

開花と開花とのさらなる共鳴が

どこまでも広がっていく世界のことかと。

そんで、それが運命の矢=生命の矢に集約されます。

分解できるものは再集約できますので。

薔薇が携帯電話になるくらい

カタチがぜんぜん変わりますけどw

無を絶対として抱えつつも、なんとも有機的な

幽玄夢幻の視界です。

この視界に魂ごと飛び込むのが

シャーマニズムであり

最高到達点の世界なのかも知れません。

モーネルは宗教はやりませんし、お勧めもしません

ほんの少し知識として持っておくだけでも

精神活動に反映されるような気がします。

私が占星術を利用する際、ある程度「見切った‼」

そこから先は「海王星の世界」の記事につけた

動画のように、円の中にダイブして

共鳴の曼荼羅世界を

モザイクの目でジロジロと満喫するスタイルです(笑)

モーネル式の独断占星術では

ホロスコープの星を、そのまんまでは見ません。

占星術でも…ほかの占術でもそうなのですが

そういうシャーマニズムみたいなものを発揮しないと

魂(生命)のカタチや宿命という大枠(大前提)が

見えないんじゃないかなぁと思います。

掘り出すと、生命の曼荼羅ってとっても綺麗です。

無垢なシャーマン(巫女)と、私みたいな変人が

同じ景色を見ることができちゃうのが

占星術やタロットの世界の

真の面白さなのかも知れません🍵

#占い占星術西洋占星術東洋思想宗教スピリチュアルシャーマニズム巫女神社神様仏真言 #真理理最高到達点自己実現真の姿真実開眼曼荼羅生命お寺現実運命人生生命存在

​最新記事