天王星IN牡牛座 ⑫魚座


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

昨夜も朝方まで起きていて(超夜型←超低血圧)

寝ようと窓を閉める時、南天に夜明けの月が🌔

それは前日も同じだったのですが

今朝は「…あ、いま目が合った。」

という、一瞬の手応えがありました。

だから何?…という感じで意味もわかりませんし

わかろうとも努力もしませんが

寝不足でない日でも、現実主義者でも、誰でも…

稀に、なんとも言えない感覚になることがあります。

「空耳」みたいな感じの…

たぶんあると思う…あるんじゃないかな?

ない?(笑)あっれ~?(笑)

で、数年後に振り返ると、何かの予兆みたいな

不思議なつながりを持っていたのかも?と、

自然に理解される出来事に遭遇したりします。

無理な意味づけを今すぐしようとして

何もわからない段階で頭を使うと

関連妄想や錯覚、幻想、迷走が始まってしまいますが

ちゃんと分かる時期や、本当に分かるものを切り口にして

考えた時には、自然に見えてくるものがあります。

昼間の月は、魚座の世界を思わせます。

今後3年間あたりの魚座さんの世界も

「昼間の月」がキーワードになりそうです。

そのお月様って夜はいったいどこにいるのかな~?

個人の状態(聖陽陰邪)や太陽以外の星を無視して

ホロスコープを解読することは不可能なので

だいたいの流れというか、最大公約数ということで

気楽にご一読いただければ幸いです🍵

🔯2018年5月16日~2020年3月22日までの流れ

魚座

まず、細かな表面上の事象については

12星座別2018年の運勢

土星IN山羊座の記事後半で書いた通りです。

役割や立ち位置について、吉凶わかれる運勢。

個人の状態や星によって、様々な出方をしますが

全体像がわからないまま無理に向き合うより

視野を広げたり、相対化したり

すでに結果の出ている誰かの智慧を借りたり…

解決の目途がつくまで、慌てて動かずが正解🌸

正面から見えないものは、別の場所や角度から

見たほうが正解になりやすいのだろうと思います。

早い方だと半年くらい前から

キツめの運命期に入っていることと思います。

本当は、より個人の実力や運命値があがる方向への

人生の転機なので、あんまりガッカリしなくて

良いような気がします🍵

5月16日の天王星の移動あたりから

ちょっとしたヒントっていうかなぁ…

そんな感じの横風が吹いてきます。

気付かぬうちに前方の視界が変わるというか。

8月11日からは、その動きが顕著になります。

太陽じゃなくて「昼間の月」が

魚座さんのモノクロな世界を照らすような感じです。

2018年は、モノクロな世界。虚ろ。智慧を探して踏ん張る時。

2019年は、セピア色の世界。役割や対象が変わる。停止。

2020年は、10万色の世界。開眼。深い縁。

簡単に言うと、2018年はキツイ時期。

2019年はまだ自分の主導権で動けないんだけど

心は先に動いていて、目線が変わっています。

2020年は主導権を回復できるチャンスが来て

色鮮やかな世界へと移動していきます。

独身組は慌てずに出会いや目標(座標)を探る時で

特に2019年は自分磨きに最適な時です。

へんな鎧を脱ぎやすく、スキルアップや転職もアリ。

趣味嗜好や考え方まで変えやすい時です。

この3年間の変化は、なんというか

正確に言葉では言えないんですけど

染み込んでくるもの…みたいな感じで

じわじわ~っと日常的に作用してくる気がします。

個人の状態が良くない人ほど波は荒くなります。

個人の状態が良い人でも方向性は同じですが

日常的な…ささやかな出方をします。

表面上は突然の変化や吉凶混合の時なんだけど

後から振り返ると、自分がナニカの「糸」であって

知らないうちに丁寧な手順で、脱色→染め直し

されていたんだろうなぁって思える時期かと…

なので、一喜一憂する必要も、焦る必要もないのです。

強いて言うなら「染色」の段階で

注意してほしいことが1つだけあります。

トランスサタニアンと等価交換をする時期なので

自分の実力以上の高望みは絶対にタブー💀💦

後の人生が何十年も暗転したり、

大切なナニカが代償になったら大変ですから…

モーネルは、盲目のピアニストである

辻井伸行さんの弾く「月の光」が大好きなのですが

盲目の方が「光」を表現している…って

ちょっと考えたら、無理のあることですよね。

そもそも光って見るものですし。

真夏の太陽とか、春の陽気など「昼間の太陽」ならば

盲目の方にも、温度とか刺激として感じることは

簡単だと思うんですよ。

でも、夜の「月の光」って…無理ですよね、普通は。

で、彼はどう表現したのかというと、たぶんですが

「月の光を見て、感じたことを音に反映させる」

という普通の方法をマネしようとしたり

そういう人よりもっと綺麗に弾こうとはしていない…。

ご自身が、何度も何度も月夜に出てみて

肌で敏感に感じた、夜風の中のわずかな湿度とか

風の感触とか、運ばれてきた草木の自然な香りとかを

演奏の中に、ご自身の感じた「感覚」そのままで

反映させたのだろうと思います。

そして、聴き手は、それらの五感を含んだ音を

無意識に身体にしみこませて行きながら

それぞれの見てきた、かすかな「月の光」を感じます。

彼の演奏が、どこか懐かしい柔らかな音色なのは

そのためだと思います。

精神的な抵抗感の波紋をまったく起こすことなく

気付かぬうちに、自他の境界線や時空を超えます。

彼の素晴らしい演奏を聴いてみたい方はぜひ

辻井伸行 / 月の光~

で、YouTube動画を検索してみてくださいね。

彼のこの演奏(前半の月の光)は

優れた五感とピュアすぎるほどの感性によって

唯一無二の天上の音楽を奏でることに

成功していると思います。

「ハンデがあるのに頑張ったから賞をもらった人」

ではなく、本物の天才だと…。

一応、私もジャンル違いとはいえ感覚世界の人ですから

ショパンの数ある演奏の中から

知識もないのにマウリツィオ・ポリーニ氏のものを

別格だ‼とわかるくらいの感性はありますので

辻井さんの演奏(特に月の光)は、本当にすごいと…。

たしか、昔、伊藤みどりさんが言っておられました。

「良い演技は、リンクいっぱいに広がる。

 素晴らしい演技は、会場いっぱいに広がる。

 最高の演技は、天井まで突き抜けて行く。」

という感じの言葉だったような…(うろ覚え)

今後3年間の魚座さんたちは、揺れ動く視界で

モノクロの世界の「昼間の月」を感じようとします。

しかし、それは非常に感じとりにくいと思います。

なぜなら、状態の良くない人ほど…

周囲のあらゆる刺激から心を守るための鱗(鎧)である

ペルソナが表層意識で頑張っちゃってるので。

無駄に肥大化してるというか…。

超自我がペルソナの奥に隠れたり、眠った状態で

自分本来の感覚を取り戻すことは困難です。

それが様々な形で外側から揺り起こされるのが

たぶん、この3年間なのだろうと思います。

内外全てにおいて、フルモデルチェンジ✨を

果たしていく方が多くなりそうです。

3年後~遅くても2023年(たぶん2020年)には

一度の停止(休養)期間を経て

何かしらの開眼や転身をなさったり

今とはやりたいことも全然かわっていたり

新しい状況(役割)の中にご自分の椅子があって

そこで何かの作業に勤しんでいらっしゃる…

という感じがします。

まずは本当の自分を探してから、

本当に感じられるもので素直に歩んでいくのが

モノクロ世界からの最短脱出コースだと思います🌈

#占い占星術西洋占星術魚座天王星昼間の月モノクロセピア色鮮やかな世界脱色染色運命 #人生の転機人生五感記憶ペルソナ見えないもの超自我目覚め開眼転身素直月の光侵食

​最新記事