不思議なものについて ⑦守護霊


こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

しばらく「聖~邪」のお話が続いていたので

そろそろ気楽な話題を書きたくなって

よもやま話(守護霊)のお話でもしたいと思います(*^_^*)

なんの検証もできないお話なので

ちょっとした気分転換にでもどうぞ🍵

毎度のことで申し訳ないのですが

モーネルはオカルト主義者でも依存的な人物でもないので

守護霊とかは、あんまり興味がありません💦

ただ、お客様の鑑定中にですね、ごくごく稀に

ウチのほうにソレが出ていらっしゃったケースがありました。

昔、お雇い占い師だった頃のお話です。

もうその占い会社がなくなっているとしても

お客様の個人情報は出せませんので

その方はAさんとし、相談内容などは

フェイクで書かせていただきます。

Aさんのご依頼で、結婚のご相談を受けていました。

霊感タロットのご希望だったので

集中してシャッフルしていたのですが

妙に手早くカードが出せたので、私は「…あれ?」という

小さな違和感を感じたのを覚えています。

というのも、当時の私はあてものごっこに変な自信があった

愚かな若手の占い師だったので

ご指名は多かったものの、シャッフルに10分ほどかかる

マイペースな占い方をしては

「待たせすぎよ!(≧◇≦#)」って

お客様によく怒られていたんですよね💦

ちなみに、今でもシャッフルは遅いです(笑)

早ければいいってもんじゃないと思うのですが

素人さんに集中の難しさなどご理解いただけるはずもなく。

仕方ないので、この数年はもう

お客様がいらっしゃった時点で勝手にシャッフルしはじめて

なんとか5分くらいで出すようにはしています。

うまくいかない時もありますが💦

そんな私が、1~2分で「キタ!」の瞬間を捕まえて

カードを並べることができたので

ナニカが妙だ…と思ったわけです。

デッキには、近い将来のお二人の気持ちなどが

ちょっといい感じに出ていました。

「普通のご縁」くらいの感じで、特に問題もない…。

なので、それを電話越しにお伝えしていたら

突然、後ろに見知らぬ「着物のお爺さま」の霊が❕❕

べつに幽霊くらい、どこにでもいるだろうと思いますが

何も鑑定中に出てこなくてもよくない❕❔💦って

一瞬焦ったあと、その時見えていた

「痩せた着物のご老人」について何かご存知かどうか

Aさんにお尋ねしてみました。(着物の色柄など伝えて)

「あの~、いま後ろに立たれてて、気持ち悪いんですけど…💦」

「なんでこっち見てるんですかね…?💦」

という失礼な発言も、ついでにしました(笑)

いかにも若いころの私らしいなぁと、懐かしくなりますw

懐かしさはともかく、その時は本当に

悪寒と胸やけと眩暈の同時進行みたいな気分になってて

心身ともに余裕がありませんでした。

ただ幽霊みたいなものを見かけるだけでは

へんな状態になったこともないし

昼間の自宅だし?仕事中だし?

というか、生きてる人と同じくらいの存在感があって

知らない人がいきなり部屋に立ってる怖さのような…

もう何言ってるかわからないですね、この文章(笑)

とにかく、へんな状況でした。

ちゃんとどっか行ってくれなきゃ

これからお爺さまと暮らすことになるの?困るよ~💦とか…

私は幽霊になんか興味もないし

当然、祓い方?なんか知りもしませんので

色々な意味での焦りがすごかったです。

しかしAさんは、私から幽霊の外見を知らされた後

ひと呼吸して、「たぶんそれ、私の曽お爺様です…」と。

お仏壇の引き出しに入っていた古いお写真を

学生の頃に見たことがあったそうです。

よ…良かった、ただの守護霊?みたいなもんか~💦と

私はへんに安心しました。

電話が終わったら、帰ってくれそうだと思ったので。

で、タロット占いの続きを伝えようとした瞬間

受話器をあてていた方の耳がキーン❕❕と耳鳴り

「ちょっと、仕事の邪魔しないで~💦」と思った瞬間

私の持っていた受話器をぶんどるように手をかけて

そのお爺さんがすごい勢いで、Aさんに何か言い出しました。

なにぶん昼間の幽霊で?声がまったく出てない。

しかも、必死に話しかけてるその部分…

耳にあてるほうですよ…おじいちゃま…

話すほうは、下です…(笑)

気持ち悪い落ち着かなさは変わらないのだけど

なんだか少しだけ可愛くなったので

ちと頑張って通訳めいたことでもしちゃろうか~と。

イタコの経験なんかありもしないし知識もないのに

なんだか出来そうな気がして…

自分をお爺ちゃまに貸してあげる感覚というか

そういう状態に近づくように、努めて無心になろうとしました。

するとすぐに、占いの結果とは違うことを

私自身が言うハメになりました(-_-)💦

「その人じゃない!」というお爺様の声ならぬ声が

頭の中に直接、言葉としてハッキリ響いてきたので

「その人と結婚してはだめ。あと数年後に、ある人が…」

と、占いなんか無視で、心まかせにお話しました。

こうなっちゃもう商売はあがったりですが

もうしょうがない。

可愛い曽お爺ちゃまには勝てません(笑)

今は死んでるけど、元は人だったわけで

占いなんかよりも

「人」を優先しなくちゃね、と思いましたし。

Aさんは、せっかくのご縁を

これといった問題もないのに否定されたわけで

しかも突然の「幽霊👻からの電話」とか

とりついでる私にも意味がわからないし

怒り出すのではないかと、私は心配したのですが…

「そんな気がしていました。数年、保留してみます。」

と、なぜかストーンと納得しちゃってるうえに

曽お爺様とお話させてくれてありがとうございます✨と

感激したような感じで、お礼まで言ってくださったので

こっちが申し訳ないくらいでした💦

個人営業だったらお金とれない鑑定内容です。

電話が終わる少し前に幽霊は消えてくれましたが

ほんのわずかに一礼したように見えた??だけで

実に不愛想な方でした。

昔の男性っていうのは、女性に対しては

大きく頭を下げないものだったのかな?などと思いつつ

悪寒の残滓(ざんし)を払拭したくて

珈琲☕を入れようとしたら、立てませんでした((+_+))

全身の力がだだだ~っと漏れちゃった後みたいでした💦

へんな二日酔いみたいな…。

その後、数日間は具合悪かったです(笑)

占い師のお仕事も、事務所に言って3日休みました。

ハッキリ言って、完全に赤字鑑定ですし

事務所にも軽く怒られました(笑)

ちなみに私は(何度か書いていますが)

月が水瓶座15のサビアンですので

「2つの世界の境界のフェンスの上のラブバード🐦」

というのが、前後や対向のサビアンよりも

一番強い意味あいになります。

なので、色んなものが見えたりするんだろうなぁと

思ってはいましたが、イタコ芸までしたのは予想外でした💦

映像として、亡くなった方の目線からの記憶を

垣間見ることはたま~にあるのですが

電話とか通訳とかは、本当にそれが最初で最後です

…今のところは(-_-;)

というか、本当に疲労が酷かったので

やりたくないというか…そういうのはもうご馳走様です💦

モーネル自身の結婚(再婚)問題の時も

祖父がくらーい顔つきで枕元に座っていて

やっぱりというか…やめて正解という感じでした。

だからといって、私もそうなんですが

ご自身のご意志を曲げてまで

お相手を変えるなんてことはしなくていいと思います。

私の場合は自然とそうなった(相手がボロを出した)だけです。

そういう体験をいくらかした感想ですが

守護霊?については、ポケモンみたいに

毎日一緒にいる都合のいい存在という感じはうけません。

ここ一番で突然でてくる親戚、という感じかなぁ💦

なので、普段から気にするようなものでもないし

「あなたの守護霊は~」とかいう話も

あんまり信じなくていいと思いますし

わざわざ人に聞く必要性もないような気がします。

必要となれば、たぶん、イヤでも出てくるから(-_-;)

ここまで書いておいて、こういうのもなんですが

頭おかしいと思われそうなお話を

頭おかしいと思われないように書くって

難しいけれど、ちょっと面白い試みですね~

基本的に、突然出てこられちゃった場合以外は

特にそういう感じのご依頼は受け付けられませんので

ご容赦くださいませ💦

たぶんまた大赤字になるので(笑)

それに、育児中で寝込めませんから、本当に困ります💦

そういうのが得意な占い師さんもいらっしゃるんでしょうが

私は…苦手です💦

けれど、どの道をどう選んだにせよ

Aさんがお幸せをご自身で掴んでくださっていたら

私にとっては何よりです(*^_^*)

守護霊なんて言ってもね、結局は元・人間ですから

その方(霊?)の判断が正しいとは限らないですし

時代や価値観がズレている場合も多々あると思うので

今を生きるご自身がしっかりお考えになるのが

一番良い選択だと思います。

受話器の使い方もわからない人たちですので

アテにならないかも知れません(笑)

#占いスピリチュアル不思議な体験恐怖体験電話鑑定電話占い占い師イタコ幽霊守護霊結婚

​最新記事