周囲への理解の求め方


こちらの記事も、アメーバブログからの転載(改修)です。

ここまでの何個かの記事で、丁寧に小分けしながら

「どうしたらわからない絶望的な状況(行き詰まり)から

 現実的な希望の道を見つけ出す方法」

をお伝えしてきたわけですが…

自分の道が、周囲の理解とすぐに重なるわけじゃない。

そういうことも多いと思いますし

応援(味方)は多いほうが、心強くて頑張れるよね

ってことで、周囲への理解の求め方を少し

提案してみたいと思います。

まず大前提として、エネミー気質の人や

判断力がマイナスな状態の人物とは

いくら話し合っても単なる時間と気力の無駄なので、

キッパリと諦めたほうが良いと思います((+_+))💦

淋しいけれど、それが現実です。

人生の時間もチャンスも一瞬ですから、

仕方ない…と、割り切ることをお勧めします。

いつか後悔しないでいられるように。

たとえ「結果」を出してからであっても

理解者(仲間)の陣営に入れること自体がマイナスな人を

ふるいにかける時でもあるということです。

白ピンじゃなくて、病んだ黒ピン(-500~-5000点!)ならば

排除しなければなりませんので…。

鳥は、これから飛び立つという時に

体を少しでも軽くするために、フンをしてから飛び立ちます。

つまり…そういうことです。

それ以外の、白ピン~青ピンに該当する人々に

ちゃんと理解してもらおうとする場合のお話をします(*^_^*)🍵

まず大事なのは、イメージや願望や感情などという

「曖昧なもの」を相手に分かってもらおうとしないことです。

何かの時、若い方ほど「私の気持ちをわかって!」

と言いたくなりますね。

でも、ご自身でもうまく形(言葉)にできないようなものを

相手がしっかり把握して納得するというのは

ちょっと無理があると思います。

感情やイメージなどの曖昧な「答え未満」のものを

相手にどれだけ伝えても、

自分にさえハッキリとした「確信」がないわけですから

そもそも言葉に説得力などあるわけがないのです。

しっかりとした「答え」というのは、具体的で現実的です。

たとえば、しゃべれる金魚が飼い主に

「はらへったよぉ…はぁ…」と、ブツブツ言ってる場合。

「そっか、ほれ、えさだぞー。(今回だけ)」とか

「エサならやってるだろ!」って言われちゃいそうです💦

それよりも

「わたしはメスだから、定期的に産卵期になるので、

エサを増やしてくれないと不健康になっちゃうの」

って言ったほうが、言われた飼い主さんも

ちゃんと反応しやすいのです。

相手にちゃんとした反応をしてもらうには

「思い切って(勇気や勢いで)突然すべてをブチまける」

スタイルは、手順の悪い選択です。

金魚さんは、数日前から元気のない様子をちゃんと見せて

(少しずつ匂わせて)相手に「あれか?これか?」と

「予測」してもらってから話すのです。

相手は少し気がかりに思っていますから

「聞きたい気持ち」になっているので、素直に理解してくれます。

「なんだ、そんなことか~!よかった、病気かと思ったよ。」って。

突然の愛の告白も、だいたいうまくいかないですもんね~。

せめて何度かは、自分の気持ちや価値観を

素直にチラ見せしないと、相手も反応に困るのです。

夫婦喧嘩などでも、突然ブチキレて

「今から話し合いしましょう!」とかいうと

相手の心は「自分を守るモード」に入ってしまいます。

まったく「聞くモード」になんかなってない…。

そこで重ねて感情をぶちまけると、相手は自分を守る為に

完全に心の耳をふさいでしまいます。

できれば数日前くらいに

「週末、話したいことがあるの。時間とってね。」

と、不機嫌なら不機嫌、そこまででなければ普通に

素直な態度(ちょっと控えめ)で伝えておきますと

パートナーも「怒ってるのかな?何かしたっけ?あれかな?」

なんて、数日間、心の準備ができますし

気をもむ状態を早く終わらせたいので

早く真相を確かめたい、と、耳を開いてくれますw

なんでも根回し作戦って、必要なんだなぁ…と

再婚組かつ2人の男児の母である私は思うわけです。

ビクビクしながら、消極的にチャンスを待つのではなく

自分勝手にタイミングを決めるのでもなく

積極的に作戦を開始するくらいの前向きさと冷静さが

話をするうえで重要なのだろうと思います。

最後に、本題ですよね。

いざ、切り込み!…なのですが…

人間の脳って、自己防衛機能の指令室みたいなものなので

自分でもなかなか本音中の本音を

さっぱりと言葉にすることって難しいものでして…💦

0や1から始まって、99まで

思ったことを言うのは誰でも簡単です。

でも、最後の、肝心かなめの100の部分(本当の答え)

これがなかなか出てこないんですよね~

なので、話し合いって

完全に不発に終わったり、モヤ~っとしたまま終了したり

感情ぶちまけただけで何も変えられないまま

終了することが多くなってしまいがちです。

自分の言いたいことが

頭の中でグチャグチャになっちゃったり。

聞いてる方はもう、何がなんだかわかりませんw

現状を維持したがる(安全を最優先する)脳は、

2重にロックがかかった状態 🔓🔓になっているので

それを外してからじゃないと、なんでも

意識や言葉や行動に出すことが

できないようにできているのです。

目の前にバナナがある、というひとつの理由だけで

さっと手を伸ばせるのはお猿さんだけです。

人間には理性という名のブレーキ🔓があるので

どうしても、もう一つの理由が必要です。

お腹がペコペコで死にそう!とか、珍しい香りがするとか。

理性の強すぎる人(自分を守りすぎた人)なんかですと

「これはあなたにあげます(*^_^*)」と手渡されないと

目の前のバナナに近づくことさえも躊躇したり

バナナに気付かないフリをしてしまいます。

なので、「本当に愛しているのにマリッジブルーになる」とか

「心から大好きだけど、言えない…」とか

いろんな現象が起きるんですよね。

これらは、もう一つのロックが解除できないまま

答え(決断)に向かおうとするから起きる現象です。

ですので、本当に言いたいことがうまく言葉に

できそうにない方や、答えを決断しにくい人などは

ひと工夫が必要です。

自分の奥でうごめいている「100」の部分を探すよりも先に

「~99」を理解してもらえた場合のメリットや

「~99」を理解してもらえなかった場合のメリットを

現実的に先に「仮定」してみると

「本当の理解」という目標から必ずズレていますから

いや、あれかな、これかな、とちょっと考えるだけで

最後の1つの鍵🔑(第二の理由)を見つけやすくなります。

すると、目的もよりハッキリして

100の部分も驚くほど素直に出てくるようになります。

断られることも別に怖くなくなるので

姿勢にも余裕と力強さが出てきますし。

素直さ(100の部分)と、余裕。

それが一番の説得力(融和力)になると思います。

「負けたくない!」とか「もう耐えられない!」とか

自分の中のへんな敵対(自己防衛)スイッチを入れちゃうと

台無しになるので、そこは先にOFFにしてくださいね💦

彼に結婚の希望を伝えたい時

ご両親に何かを理解してほしい時

周囲に何かをカミングアウトしたい時

相手に困る部分を直してほしい時…などなど。

人生には色々な、説得力を必要とされるシーンがあります。

精神の鎧のONとOFFの使い分けをする「鍵🔑」を知れば

自然と素直で可愛い自分で人と接していけるし

周囲に理解や協力を求めることが

さらに「簡単なこと」になります(*´ω`*)

精神的に余裕ができるから、もし1回目が不調和に終わっても

落ち着いて次の作戦を考えることもできますし。

理解って、素直さに満ちた融和の状態なんですね ~(*´ω`*)

かたい話ばかり続いたせいか

そろそろ笑い話みたいな記事が書きたくなったので

次回はまたよもやま話シリーズでも、と思います(*^▽^*)🍵

#占いスピリチュアル人間関係理解相互理解融和解決法確信現実説得力根回し作戦余裕

​最新記事