大アルカナの意味 ⑮悪魔


これもずいぶんハッキリした形で

キリスト教風に改変されたカードだなぁと思います。

モーネル的には、悪魔が椅子に座っていること自体

なんか違和感があります。

悪魔(ケダモノという意味も持つ)って椅子に座るかな?

な~んかヘンじゃない?って。

そう仮定してカードを眺めていると

「奴隷売買」のカードにしか見えないんですよね。

「邪教崇拝者」でもいいんですけど、それだと

やっぱりキリスト教な香りが強い解釈になっちゃうので

私はあんまり重要視しません。

「⑪正義」から要求された、大人の責任を

「⑫吊るし人」 「⑬死神」 「⑭節制」

という3つの方法でみんななんとか頑張るのですが

「⑮悪魔」 「⑯塔」 の2つの方法で

責任(納税)逃れをしようとした人は

この2枚のカードのどちらかを選択します。

その結果、「⑪正義」のカードによって裁かれ

未来まで縛られてしまいました。(「⑱月」に到着します)

残酷なペナルティの始まりです。

「⑮悪魔」は、「⑪正義」に対し

根本的な部分から逆らうことで、責任を回避しようとします。

しかし前にも書いたように

「⑪正義」は集合知の力であり「勝ってはいけない相手」ですから

勝敗は一方的。即、落着します。

捕まるか、国も家もすべて捨てて

他国かアングラ組織の中に逃げるしかありません。

財産を差し止められたり、犯罪者扱いされたうえ

罰として奴隷にされたり、犯罪に巻き込まれたり

まぁひどい目にあいます。

いずれにせよ「体で払え!」ってことなのでしょうね~。

椅子は何らかの権限を持っていることを表現しますので

悪魔は奴隷商人なんかではなくて

あの悪魔の仮面の下は「⑪正義」の部下かもしれません。

しかし、思わぬ異常事態に怯えた奴隷たちに

それが分かっているでしょうか?

一見、ただひどい目にあっている人のようですが

これは当然の罰をうけたり

その罰からも逃れたりした人たちの姿なのです。

「⑮悪魔」の意味は、簡単に言えば

何かの理由で道をふみ外してしまった大人が陥る

異常事態のことです。

選択を誤った、信じるものを間違えた、それも同じです。

ゲーム風に言うと、ステータス異常の状態。

今のその人には、正常な判断力はないと思って

良いような気がします。

不倫、脱税、セクハラ、モラハラ、変態行為、悪事もろもろ…

中にはヘンテコな宗教にドはまりしてみたり

悪い集団に入ったりと。

逃げなかった人たちはキツイ罰を受ける時です。

死なない程度に食事を与えられながら…。

動ける程度に殴られながら…。

絶賛不倫中の人の頭の中を、客観的に絵で表現したら

こんな感じになるだろうと思います;

憑りつかれたみたいに、へんな妄想で頭がいっぱいになり

誰の忠告も届かない、何度でも約束を破り

言うとこも気分もコロコロと病的なほどに変化し

可愛い子供たちまで平気で裏切って

まったく悪びれない、あの感じ…((+_+))

ステータス異常だから、しょうがないんですけど。

悪魔が「おまえもうツマンネ」って捨ててくれるまで

この人は自分から外の世界には行けないようです。

正位置だとそれが強く出て、

逆位置だとそれが弱く出る感じです。

このカードは何の占いで出たとしても

良い意味になるカードではありません。

恋愛なら、いわゆる悪縁や体目当て、変態行為

結婚なら、不倫や奴隷扱い

仕事なら、いわゆるブラック企業

病気なら、不摂生やインチキ健康法に頼って悪化

宗教なら、問題外の似非カルト

親子や身内関係なら、虐待に似た環境

…みたいな感じですね。

「奴隷売買」のカードですから、まともに人間扱いされません。

ろくでもないです。

この人は悪魔に支配されているうちに

主体性や現実をどんどん見失っていくし

心身ともにかなり病むので、記憶もねじ曲がって

気力もなくなっていきます。

何かの拍子にふと目を覚ましたとしても

判断力を完全に回復させるのには

まだ時間がかかるようです。

痛い目をみて、目が覚めつつある人は

悪魔から這う這うの体でなんとか逃げ出して

「⑱月」の世界へ行きます。

反省や後悔の悲しみの中で

自分の人生が残りわずかであることを感じていて

そこから再び、まっとうな現実感覚が復活しそうです。

ぜーんぜん目が覚めない居直りタイプの人は

周囲から見ると突然じゃなくて当然なんですが、

ある日突然「⑯塔」の世界に飛ばされて

いや~もう、あるもの全部を失うかも。

親兄弟、家庭、子供、仕事、お金、仲間、居場所…とか。

残るのは、瓦礫(がれき)の山のみ。

前者と後者では、模範囚と死刑囚くらい違います。

確かに古今東西、大人には色んな自由と権利がありましたが

その中には「愚かになる自由」も

少なからず含まれていることを

きちんと認識しなければいけませんね(;´∀`)

大人の失敗は、だいたい洒落にならないってことも…。

さて、次の「⑯塔」までで

納税の方法と賞罰の流れはおしまいです。

でも実は、自立した大人の実生活で生じる(強いられる)

たくさんの「義務」や「忍耐」とどう向き合って生きるか

というのをわかりやすく「納税」と表現したわけです。

「⑪~⑰」への一連の流れから

ここまでの説明で「労働や煩わしいこと」に対する

ご自分や周囲の姿勢がどんなものだったか

デッキを見て色々と考えてほしいなぁと…。

「⑩運命の輪」で決めた自己実現の夢は

ここまでをきちんと受け止められた人だけに

大きな成果としてもたらされるのだと思います。

というわけで、次の「⑯塔」にいる死刑囚のお話は

ここでちょっとしちゃったので

簡単になればいいなと思います。

#占いスピリチュアル大アルカナの意味タロット悪魔奴隷妄想異常事態逃避

​最新記事