• munyu0011 .

乱気の特徴


※こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今日は、誰にでも起きる低調バイオリズム

「乱気」のお話をしようと思います🍵

運勢のお天気そのものは嵐なんですけど

台風の目の本人だけは妙に快晴だったりします(最初は)

だから、そこからちょっと外れるまでは

自分がすでに乱気に入っていることさえ気づきにくい。

家電などがやたら壊れたり

たまに耳鳴りする程度だったりします。

だいたい、周囲の出来事などで「あれ??」ってなって

やっと気づく場合が多いような…

通常のバイオリズムが ~~~~~ だとしたら

乱気の時は ――www―w―wWVVVWwWwW――w―

って感じかと。状況や人によりますが。

中盤もまだ、自分自身には何の厄災も幸運も

まったく起きていないのに

周囲が落ち着かなかったりして、気分が乱れやすく

考え事もなにかとまとまりにくいです。

おのずと勘違いや失敗も増えます。

そういう時は、じっくりと読書や作業などして

一人だからこそ出来ることに

精神を集中させてみるといいかも知れません。

嵐の日に、おうちにいるあの感じと一緒です。

陰は形になりやすい性質なので

アイデアが形になりやすい時ですから

手芸などに良い時でしょうね~

星を見るのにはあんまり…ですが

タロット占いなどは、むしろやりやすい(笑)

むやみにアクションをせず

幸運への不思議なアンテナだけは張っておく…

必要なことが出たら、動く。

一粒の不思議なモノも、紛れ込んできやすいので

それ待ちで(笑)ぜひゲットして頂きたく。

勘違いしないように、ワンクッション確かめてから

ゲットしないといけないんですが。

(とりに行くことになる場合も多々あります)

面白いアイデアもわきやすいです。

デザイナーさんや技術系、天才組などに

乱気の時期が長い(気分が不安定な)方が多いのは

そういう部分もあるのかな~と思います。

乱気の時は不思議な臨時収入や出会いなどを

戴きやすい時でもありますが

やみくもにギャンブルしても当たりません。

乱気にすっ飛ばされて、そっから「ふと」出てくる感じ。

普通に思い浮かぶ系のカオスではないんで

扱いにくいんですよね~、形にはなりやすいのに

「なんじゃそりゃ?」って思いますよね

でも、その「なんじゃそりゃ?」そのものが

乱気の正しい評価だと思います。

そう分かっていれば、当たる地雷も少なくなります。

その源と軸については、まだ考察の途中ですが

なんか少し見えてきたような気もします。

もうちょっと…喉から出そうな感じ。

いろいろ考えながら歩いていたら

いつも白鷺のいる池の横で

右肩のすぐ上をハトがビュー!と通り過ぎました。

近いし後ろからだったから

ちょっと驚き…ませんでした。補陀落(日光の浄域)あるある。

自然には、乱気は関係ないのかな?あるのかな?

よーわかりません💦

でも、そのよーわからんものを分かった時が

いちばん楽しいし得もすることも多いので

難問ほどスルーしないでおります。

わからないものは「わからないものフォルダ」に

正しく入れておくのが常ですが。

慌ててナニカに結び付けない知性の発揮、です。

乱気のときは、過去の経典などには頼らないのが

トランスサタニアン組の「コツ」だと思いますね~

はっきりいって、経典・教科書の類は常に

万人向けに編集されたものですから、合いません💦

人の都合や捻じ曲げだってあると思うし

昔ならではの迷信も多いですし。

初心に戻って、裏付けや根拠となるものを探す方が

良いヒントに当たるような気がします。

変な方向にすっ飛んでも、ろくな事はないので。

普通の範疇のことなんか、40代にもなれば

時代ごとたかが知れる部分が多いですから

頭の運動にもならない…

虚しい老化をしたくないなら

常に進んでいくことを選択しないと。休みながらで。

平凡を認め、平凡を愛し、平凡を許しながら

さらなる正解や生産を求める

トランスサタニアン組の道筋は

どこか哲学や宗教に似ているなぁと思います🍁

#占い人生スピリチュアル人間関係の悩みバイオリズム停滞期不安定運気陰陽臨時収入幸運 #台風一過根拠不思議な体験不思議な感覚慌てないタロット占い乱気オラクル手芸芸術哲学

25回の閲覧