• munyu0011 .

大昔と現代の占星術


※こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

先日ほんの少し書きました

鹿の骨を(火で炙って)割って占う例のアレが

けっこう占星術っぽいので

ちょっと違うんですが、図にしてみました。

電気がない前提で、手書きです。

手書きの都合で16ハウスになっちゃいましたが

本当はカスプは24本以上のようです。

ヒビ割れた位置が中心から遠いか近いかで

アワやヒエ、ごぼうの出来の良し悪しを占うとか…

まったりしていいですね~

現代の日本では2件ほど祭祀として

催されているお社さんがあるそうです。

(諏訪湖の御渡り占いもこんな感じかな~?)

はるかな昔は、技術の進歩もかなり遅かったので

現代のホロスコープのように

たくさんの星やサビアン、地図などを落とし込んで

奇天烈なものを見る必要もなかったのだろうと思います。

火縄銃と機関銃のような精度の違いでもあるけれど

電子タバコとキセルのような味の違いでもありますね~

なんだかヤジディ教(三大宗教のおおもと)の

天井から下向きの蓮の花に似ています。

何かの理由で電気がなくなってしまったら

必要になる技術かと思いますので

ぜひこのまま残ってほしいな~と思います。

日進月歩の現代ならではの悩みは

奇天烈な…まったく予想外の未来を

予測しなくてはならないことです。

で、仮のチャートを作ってみました。

あえて太古の鹿の骨占いテイストで(笑)

西洋占星術とまぜるのであれば

PCで出したチャートの上からコンパスで手書きして

(8枚の花弁の蓮の花のように)

見てみると、ハッキリ見やすいものがあります🍵

占いのお勉強をしている方でもないと

完全に意味不明だと思いますが

わかるとすごく星が生き生きと語り出します。

歌う、と言ってもいいかも知れません。

大昔ならともかく、現代から未来を読むのは

本当に難しいですよね~

現実はハチャメチャですが、チャート通りです。

正解は、目の前にちゃんとある。

世間で話題になるようなものだと

サビアン占星術を抜いても、わかりますし。

だから占いは面白いんだろうな~と思います

太古のやり方も、けっこう使えますね~

要は、銃器よりも射撃の腕前の問題なのかな~

実は占術って、やればやるほど

破道気味になるのもやむなしなんですよね~

だって時代(実際の事象)がハチャメチャなんだから。

ん~、日々是精進也で頑張ります🍵💦

#占い占星術西洋占星術サビアン占星術宿命占星学太古太占卜占鹿の骨亀の甲羅蓮ハウス #ホロスコープ未来予測預言星の声を聞くスピリチュアル現実人生時代現実は小説より奇なり

10回の閲覧