• munyu0011 .

ナニカを見失った時


※こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

R.E.MのLosing My ReligionのPVは

悩みに落ち込んだり、ナニカを見失っている方の

心理状態をすごくよく表現しているな~と

改めて感心しながら、見ています🍵

好きな曲なので、よくカラオケで歌うんだけど

綺麗なPVも日本語訳もないカラオケだと

「なにこの暗い曲?もっとノリがいいのを…」

みたいになるんですよね~(笑)

実は、マライア・キャリーさんの大ヒット曲

「Emotion」と同じ年に出ていて

R.E.Mが大賞とったんですけど…。

こういうの知らないと、ただの「なんか暗い歌」なんですねw

数の暴力ってのは、カラオケの個室にまで

入り込んでくるもののようです(笑)

それは悩みや考え事なども、同じな気がします。

流行の大合唱による、根拠のない錯覚とか

世間知らずな自分が産みだす、単純な幻想とか

退屈が紡ぎ出す、薄暗い感覚とか。

そういう、うっすらとした影みたいなものに

囚われてしまった心というものを

助けてあげるには、どーしたらいーかなー?

まずは影の中に、通りすがりのようなスタンスで

すーっと溶け込んでいき

突き抜けた理屈や、奇妙な理屈を「ひとまずの灯」として

ゆっくり薪をくべていけばいいんじゃないかな~と。

急がば廻れ、が最短コースだと思います。

そもそも、まっすぐに進めないからあがいてるんだし。

できることなら誰だって、最初からそうしてるはず。

暗闇で通せんぼしてるんだ、ナニカが。

牛若丸と五条橋の弁慶も、宵闇のうちで会いました。

悩みやおかしな憧れのために

千本刀に執着する弁慶を

ヒラっとかわしたり、笛でこづいたり、からかったり(笑)

そうやって斬り結んでいくうちに

いつしか呼吸が重なって、剣舞のように…

それに気が付いたら笑顔への着地成功ですね~

暗い部分とか見たくないモノを自分と切り離して

「外側から」どうにか「倒そうと」しやすいんですけど

そうじゃないんですよね~

敵じゃなくて仲間をスカウトしにいく感じ。

だって、弁慶もまた自分の一面なんだから。

こりゃどーも戦力外だなーって思ったら

お餅にはさんで食べたり

成仏させるしかないんですけど。それもまた解決。

易経で言うと、「天地否」をまずまずの「天地泰」にもっていく。

完璧を目指さないのがコツです。キリがなくなるから(笑)

それもまた堕落の一つのカタチですし。

悩みをハエのように潰そうとすればするほど

悩みもまた、同じ強さで「私」を潰しにかかるものです。

この軋轢が新たな悩みや錯覚を生み出すので

戦えば戦うほど、ネズミ算式に…💦

このへんは虚空座の記事(トランスサタニアンのカテ)でも

ご一読くださるとわかりやすいかも知れません。

R.E.Mの動画でもいいですが。

そういう失敗はだいたい、西洋的な価値観が原因かと。

光と闇の対立軸みたいな考え方っていうか。

人間まみれの世界観というか。

それはエベレスト周辺の「マニ石」などに見る

東洋的な価値観とはかけ離れています。

もっとはっきり言うと、西洋的な判断基準は

日本人にはあいません(笑)

西洋では、部屋の中や町の人々を基準にして

脳内の光景を描いているけれど

東洋では、カラス天狗や龍などが

百鬼夜行のごとく綴る光景を描くんだから

ヒューマン映画と神獣絵巻くらい違うんですよね~。

西洋的な目線は、対人関係の部分をよく揉んであるので

人に対する優しさや自立、自尊の精神に優れています。

でも、自分らしさや人間関係の悩み、嵐、災害などには弱い。

一神教は基本的に神様まかせだから、悩みに弱いの。

悩んだときは、純和風でいくべきと思います🍵

R.E.Mじゃなくて「Okami OST - Ushiwaka's Dance」のノリ。

レッツ ロック ベイビィ(笑) ←ウシワカの名台詞

北海道の大災害の中で行われた

「天狗の火渡り」も、人の心を綺麗に洗ってくれました。

やってらんない時は、はじけたらいいと思うよ。

どうせなら、華麗に、神妙に、荘厳に。

嵐や火の上にいて、なお踊り笑うものを

天狗というのかもしれませんね~

ハレの日は朱雀のように飛翔し

アレな日は龍のようにズドーンし

嵐の中をカラス天狗のようにかけぬける。

…そういう「人???」に私はなりたい。

日本の心は、ゲゲゲの宮沢賢治(笑)

雪にしなる竹林に、むしろ思いっきり乗ってバイーン!と(笑)

私も行き詰っていた頃、妙な勢いで趣味が増えましたw

今となっては良かったし、当時にしても

けっこう有意義だったと思います。

生きるのがうまい人はこうですよね、実際。

特に嵐の時のカラス天狗が強い。

アクロバットして、軽やかに笑いながら

嵐の道をヒョイヒョイ走って行く(ように見える)。

日常的なことでのたうちまわるのは

強い弱いではなく、もともと単純な「人間カード」しか

手元にないってことなんだろうと思います。

経験が足りないとか、イメージ貧困とか。

些細なことまでいちいち真剣にとっくみあってたら

自他ともに疲れるし、人生がいくらあっても足りないし

こじれてるものを一時棚上げしてみてもいいし。

焦って不必要なハルマゲドンを起こすよりも

牛若丸みたいに八艘飛び(はっそうとび)してみると

闇夜ばかりをうろつく弁慶が

刀より美しく煌めくものを見つけるかも知れません🍵

#占い占星術人生スピリチュアル人間関係の悩み西洋的な価値観日本の価値観考え方絵巻弁慶 #牛若丸天狗カラス天狗灯り希望ハルマゲドン悩み仲間暖炉錯覚幻想退屈急がば回れ

0回の閲覧