• munyu0011 .

衛星と生命の樹


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今日は生命の樹と衛星について書こうと思います🍵

えっと…たしか、木星IN射手座の時期の占いの

乙女座の記事で書いたと思うんですが

生命の樹(ユグドラシル)は1つでも

民俗学と聖典を調べていくと

なってる実は2種類なんだそーです。

1つは林檎🍎に象徴される、知恵の実。

1つは桃🍑に象徴される、生命力の実。

体力の衰えたモーネルとしてはぜひ

今年の東北・高山・古(いにしえ)系パワスポで

桃🍑の実をもらいたいもんだなぁ~

なんて思ったりもしますが、よく考えたら

もうお客様から桃の紅茶を戴いてましたw

(お客様から見てウチが東北…私の星周りは逆さまです)

なんか鑑定って、いろいろな相互作用がありますよね。

お客様の水星ラジオを見ると

ちゃんと、その時の私の状態が出てるのです。

「妙にやる気のない人→ もう寝る・モーネル」

とかね…(遠い目)

古来シャーマニズム経由で得られた

見えない2つの実も

冥王星と衛星カロンのような

ナニカ異質な存在とご自身との相互作用を

示している…ような気がします。

自分とは畑違いのダレカかもしれませんし

不思議な出来事や世界観かもしれません。

キリスト教的な生命の樹、仏教的な須弥山

北欧神話的なユグドラシルのほかにも

エジプト、日本、イースター島…

様々な民族性とシャーマニズムに基づいた

不思議な世界観があります。

しかし土台は同じで

「天」との関わりを指している気がします。

天から降りてくるもの→桃🍑と

天に近づいて行くもの→林檎🍎といえば

わかりやすいでしょうか?

冥王星の衛星カロンは、太陽系の衛星の中で

最大の比率と相互作用を持っています。

で、冥王星の裏側?には生命の樹の印があります。

冥王星はイリーガルだったりアバンギャルドだったり

誤解を放置して、勝手にドンドン不言実行していく

か~~~なり理解しにくい星です。

致命的な災厄でもあります。

ですが、生命の樹とかユグドラシルへの門でもあります。

大きく分けますと

キュビリア、カロン、生命の樹の印(ダイレクト)

という3つの入り口があります。

(なので、冥王星は「印」を司ります)

それはもしかしたら、オールトの雲と呼ばれる所に

繋がっているのかも知れません。

まだ空想の範囲でしかない存在なのが

またね…天(須弥山)っぽいよね…

そのオールトの雲って(予測の範囲ですが)

山中湖に映る富士山のように上下対称になっています。

日本人の不思議な富士山信仰って

単に一番でっかいとかカサが綺麗とか

だけじゃないのかも知れません。

お話はそれましたが、ここまで考えが行きますと

衛星の示すものがちょっと見えてきますね。

「他人への関心度=関係度」

「畑違いや不思議なナニカに対する関心度=関係度」

ということになります。

ここまでにざざ~っと書いてきた

モーネル独断の占星術の土台は

衛星と惑星をキッチリわけることで成立しています。

このへんを踏まえてホロスコープを見ますと

宿命占星学と近いものの見方になりますし

リズムや節目が出てきますので

絵画的というよりは

音楽的・映像的な捉え方になります。

だから言葉に直すのが難しいんですけど…。

CDジャケット写真(絵)みたいに

絵の方がわかりやすいですよね。

宿命占星学による、基本的な解釈(新解釈)は

実はぜんぜん新解釈じゃないんですよね~

むしろ超古代的な解釈と言ったほうが

しっくりくる感じがします。

そういう読み方をすると、

現代をふつーに生きてるモーネルにとっては

「知らないモノ」がいっぱい出てくるので

見るのに時間がかかります…

対面や電話の鑑定向きじゃないとかの理由で

あまり浸透しなかったのかなぁと。

でも消滅させるのは本当にもったいない

スグレモノなんだけどなぁ…。

超古代との対話になりますから、たいがいの場合

調べものをしなければ解けないし

その調べものに至るにもシャーマニズム必須なので

確かに大変な作業にはなりますが

天の理(ことわり)や真理に迫る楽しさを

ご自身でしっかりと味わいたい方にはぜひ

これまで書いてきた記事を

よくこなしていただければ…と思います🍵

ホロスコープという浄玻璃を通しての

神との対話は、わかりにくいけど…楽しいですよ(*^_^*)

たまにダメ出しとかもきますけど

それも楽しい刺激(やりとり)です。

#占い占星術西洋占星術宿命占星学ホロスコープ神話生命の樹生命の実知恵の実智慧の実天 #衛星関係桃林檎民俗学民話民謡わらべ歌昔話冥王星須弥山歴史地方史民俗性

5回の閲覧