• munyu0011 .

占星術の基本 ⑦木星


※こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

トランスサタニアンも見えなければ

化学の道具もない2000年も前に

火星の「歪み=魔」が金星をお迎えに行く

金星ワープの始まりの時期を

「降魔の時」と称したお釈迦様のシャーマニズムは

すごいなぁと感心しつつ…

そっから複雑化していく続きを書くのに

頭をひねっているモーネルです💦

なんでも「言葉」にできるわけじゃないのよね~

が…がんばります💦

降魔→悟り→覚悟と自覚の世界へ…

で、「守りたいもの」や「ひとりの限界」に気づき

タフさを身につけて…木星の門が開きます。

そこは、火星よりは星が見やすい世界です。

星座くらいは見える…って感じ。

小さい星とか星雲とか、遠くの星は見えていません。

火星を社会人1年生とすれば

木星は中間管理職あたりです。

もう仕事はできるのだけど

取引先や人間関係で苦労する…。

同期や後輩の出世が気になる…。

わかりやすーく言うと、そんな時期です。

極でも赤道でも温度差がない

木星の主な作用は「平等化=平均化」です。

膨張→爆発→消滅

みたいに見える作用もありますが

世界中に散っているだけで

消滅しているわけではありません(笑)

人類史や生物学…それに付随する

神話の共通性などが良い例だと思います。

役割は土星の「アシスト」です。

ただ対になっているのではありません。

アシストする側になるか、される側になるか

または両方か…は人によります。

悪く出ると、すごく手のかかる問題児。

良く出ると、尽くし甲斐のある秀才。

普通くらいだと、プラマイゼロで平均的な人。

運勢も同様になります。

多少、自然や哲学との関わりが強くなる程度です。

ゆえに「集合知」「公約数や平均値」なども示します。

木星の衛星は4つですが

そのうちの3つが共鳴関係にあるため

ちょっとトランスサタニアンじゃないですけど

その真似事=ゴッコくらいの作用をします。

本物のトランスサタニアンの作用は

基本的に能力(運命)の開花に向かいますので

そんな感じが多少でてきます。

トランスサタニアンの作用を少しばかりうけている

と思っても良い気がします。

そんな、少し不思議な土星への導き手です。

…でも、まだモノゴトの意味は拾いきれてないので

質より量‼意味よりカタチ‼内容より結果‼

みたいになりやすいです。

そのつもりがあろうがなかろうが

不思議と他人に影響を与えます。

どんな影響かは星周りや個人の状態次第です。

多少のひらめきはありますが

木星の世界はまだ開眼まではしてませんので

基本的に秀才型です。

カンストすると数年間ほど一世風靡します。

特に何もしなければ平凡&のんびり…です。

普通くらいの方の出方では

良くも悪くも平等主義な頑固者になりやすい。

だからこそ助け合い精神があるのですが…。

でも、これが土星の門へのカギを

見えにくくしているんですよね~💦

平等や公平というのも善し悪しでして…

100mの一流選手に音楽の授業をさせても

仕方ないわけです。

でも、一流選手などのルーティンには

音楽や習慣などの、まったく畑違いの要素が

必要になったりもします。

料理の研究に、サムライの言葉が役だったり…。

木星の強い方は、そういう複雑な関係性や

特殊な出来事に対して

頑迷な(単純な)反応をしやすいのが問題です。

そして、そこが出口です。

質より量!意味よりカタチ!の考えでは

絶対に突破できない壁が必ず出てきます。

世の中も人間も、単純ではありませんので

おのずと拾いきれない事態になるのです。

で、一般的な考え方では理解しにくい

特殊なモノゴトの中身を、火星の世界で作った

自分なりの価値観で決めると不正解になります。

「決めつけないで‼」

と木星の強い方はよく言いますが

それって、いわゆる「投影」なんですよね~

無意識に…ですが

一方的に決めつけて考えているのは

自分なんだと気付く方向に進まされます。

木星とは、アンビバレントな

「投影の世界」なのであります。

そこに気が付きませんと…

トランスサタニアンもどきの衛星もありますし

次の土星の世界への門番はキビシーですから

頑固な方ほど長く苦労します。

ゲンキンで単純なのに現実味がない

不思議な…妙にフワフワした世界なのは

衛星と対の星の関係で

特殊さと平凡さの狭間を反復しているせいです。

このへんがわかりやすい動画は

中島美嘉さんの「永遠の詩」です。

木星の強い方とお話すると感じるのですが

「すごく大事な話」と「軽い話題」が

まったく同じ調子で語られる(扱われる)特徴があります。

そんな感じで、木星の世界の中では

たとえば…単なるゲン担ぎや無意味な習慣と

重要な歴史や神話がまったく同列になっているのです。

ゆえに「森羅万象」を司ったりもします。

神話とは、自然現象が発生源やシンボルですから。

それらひとつひとつの意味(中身)を

事実(現実的な根拠)や時系列に基づいて

きちんと理解=整理していきますと

一気にビビビッ⚡と一本のナニカが繋がって

「理(ことわり)」の大枠=地図ができあがります。

神話や民話、習慣性ばかりではなく

雷、電波、磁気、地図、遠い世界、開花

なども木星の示すところです。

すると「実生活での(個人の)最高到達点」を示す

土星の世界の門が開きます。

普通くらいの生活をなさっている方でしたら

木星の世界のカンスト付近まで

「気づき」を得れば、穏やかな好循環に入り

満足できる人生になると思います。

アンビバレンツの解消さえできればいいかなと…。

ここから先…土星の世界は

ナニカを追い求める、求道者の世界ですので

無理に行かなくていいと思います💦

木星がカンストすると、個人のナニカは開花して

曼荼羅の大枠のようなものができます。

木星の世界は、望遠鏡などの時代の

占術みたいな感じです。

大雑把でアラがあっても「実用品」だった時代。

いかに平凡であろうとも

実生活の充実は大切なものですから

木星は、現実的な生活(感覚)の目安として

活用するのが良いのだろうと思います。

#占い占星術西洋占星術木星降魔の時覚悟自覚平均化共通性集合知公約数平均値投影 #開花秀才助け合い単純アンビバレンツ自己矛盾神話歴史地図電波実生活好循環実用品

4回の閲覧