• munyu0011 .

占星術の基本 ①太陽


こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

やっと本業の占星術の記事に入れて

へんにほっとしているモーネルです(;´∀`)

今日は兄やんの帰宅が早かったので

やっと画像作りを手伝ってもらえたので。←他力本願

兄やんは自分と家族に甘~い牡牛座男子ですw

素人様や初心者様が読んでも意味がわかる…かな?

という部分だけをわかりやすく書くので

お気軽に楽しんでいただけたら…と思います🍵

自分が一番楽しいんですが(笑)

細かい部分や独学で発見した部分については

魔女の秘密ということで…( *´艸`)フヒヒ

太陽の性質のイメージを表現できる画像を

ちゃんと自分で作りたかったので

久々に筆ペンで絵を描いたのですが(楽しかった♬)

テキトーすぎて申し訳ありません💦

占星術の基本 ①太陽

太陽=獅子座=5室

というイメージのお話ではなく、太陽そのものの捉え方です。

生まれた日の星座を10天体すべてを見ても

「表面的な特徴や、出来事のシンボル」

という形でしか現れませんが

太陽はその中でもひときわ重要な意味を示す天体です。

質量的にも、太陽系の惑星全部のうちの95%以上を

太陽が占めていますし、地球に生命があること自体も

全ては太陽との関連に基づいています。

太陽は遠い遠い古代における最高の女神ですので

女性として描く(イメージする)のが妥当だと思います。

占星術の入門書などでは、長男や夫や息子など

ギリシャ神話に基づいた解釈が多いのですが…

1時代の神話だけに傾倒した見方をすることに

有益さが見出せないので、モーネルは無視しています。

だって、最近の神様を占うわけじゃありませんから

どうしても当てはまらない部分がでてしまうので…💦

それに、占星術はシュメールやメソポタミア文明から

出発したものだと思うので

なんの根拠でギリシャ神話がいきなりでしゃばるのか

まったく意味がわからないんですよね~💦

なので、太陽神アポロンが天を駆け抜ける…というより

原始的な欲求に基づいた世界の女神が

花魁道中よろしく、他の天体をひっぱり回している…という

解釈のほうが、ずっとしっくりきます。

実際、お供をぞろぞろ引っ張って歩くタイプは

太陽がホロスコープの重要な位置にある人が多いです(笑)

良い面では、民族衣装(和服など)が似合う人が多いし

悪い面では、主観ONLYの現実離れした世界観の中で

じたばたとヒステリックに暴れる人もいます。

自分が自分に囚われる、籠の鳥のように…

まぁ、太陽は自分の重力で自分を捉えてますし

そうなりますよね、みたいな。

そんな太陽さんの3大要素は

①宿命 (人生の課題)

②主観の世界

③生まれつきの性分

…などになると思います。

ホロスコープは一生モノのようでいて、実は

太陽の年齢域である35歳を過ぎてしまうと

星の縛りみたいなものがあんまりなくなりますので

籠の鳥組の皆さまもご安心くださいね(*´ω`*)

35歳を目安にして、色々と準備を蓄えておけば良い

だけのお話ですので…。

どんなに幸福なホロスコープの人も

すさまじく不幸なホロスコープの人も

35歳からは、外惑星の自己責任の世界に入ります。

そこからはもう、言い訳無用、問答無用の世界です。

でもやっぱり、太陽にひっぱり回される地球人ですから

上記の3大要素だけは、太陽より後に死なない限り

ず~っと、人生を照らし続けるものになると思います。

それがちょっと緩くなるだけのお話で。

でも、その「ちょっとの隙間」こそ

籠の鳥組の皆様にとって、素晴らしい脱出口になります🌸

人生の自由度を上げることができるということは

自己決定と自己実現が可能になるということですから。

もちろん、籠の鳥組以外の皆様も

同じ地球人だと思いますので…似た作用を受けます(笑)

主観という幻想(妄想)の世界ではなく

現実の世界で飛翔していただけるように…という気持ちをこめて

まだお若い花魁さんには目を閉じておいていただきました。

自分が知っている(見えている)と思い込んでいたものを

本当は知らない(見えていない)ということを知ることこそ

何かを実現なさりたい方の第一歩ですので🌸

アポロンなどで解釈すれば

実現不可能な高望みをする青年をさす場合もありますが

モーネル式では、女神イシュタルのように

信者には手厚い加護(成長を促す形の加護)を与えながら

信者ではない者には残虐な顔を見せることもある

少し荒っぽいタイプの女性がイメージしやすいです(笑)

ご自身のホロスコープのどのお部屋に

気の強い花魁がいるか…というふうに見ると

その花魁を熱い視線でどんな星が見つめているか、とか

擬人化して理解していくことができて

ご自身のホロスコープの示す宿命

ご自身が辿りやすい(35歳までの)恋愛のイメージなどが

分かりやすくなると思います(*^_^*)

ソーラーチャートと言って、太陽がある星座を1室に見立てて

ざっくりとホロスコープを見る方法もあるのですが

それは主観の世界に近いものになってしまう気がするので

モーネルはあんまり使用しません。

西洋占星術ではなく、サビアン占星術で見る時に

ほんのちょっと使うくらいです。

私は着物や民族衣装を派手めに着るのが大好きなので

太陽の強いホロスコープの方って

個人的にとても羨ましいなぁと思ったりします✨

太陽は毎日、地平線の向こうに沈みますが

数時間後にはまた元気に反対の地平線から顔を出します。

なので、妙にケロっとした人

毎日言うことが違ってしまうような人もいます(笑)

それはそれで、とても元気があって良いのですが…

周囲ではなく自分が歩むことも考えたほうが

人間として成長できるのでは?と思いますので

日記をきちんとつける習慣を持つことをお勧めします。

そうじゃないと、周囲がよその花魁に逃げてしまって

中年以後、たぶん孤独になっちゃいますから…💦

セレブや有名人の女性などが

孤独について、何を格好よく言ったとしても

ご自身の幸福とはまったく関係ありません。

ファンに認知されてこその花魁(女神)の真価を

ぜひ、輝かせていただきたいと思います🍵

#占い西洋占星術占星術サビアン占星術惑星天体太陽ホロスコープ太陽星座花魁花魁道中 #イシュタルメソポタミア文明仲間性分宿命主観孤独着物民族衣装日記