• munyu0011 .

休養のとり方


こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

前記事までのいくつかの記事では

幻想による思い込みなど、人生の中の邪魔者について

いくつかにわけて書いてきたのですが

今日は、違う方向のお話をしようと思います。

ここまでは「より良い頑張り方」を記事にしてきたので

今日は「より良い休み方」について

経験から感じたことなどをつらつら書こうと…

頑張るのと同じくらい、休養も重要ですもんね~🍵

うつ病や神経症とか、気疲れや過労など

形や程度のちがう休養が必要な時期がありますね。

生まれつきの個性によっては

ずーっと休養的な環境が必要になる人もいますが

それはレアケースだと思いますので、

一時的な(年単位でも)休養について…

ちょっとした気疲れから

神経症(軽い鬱)くらいの間のお話です。

それ以上の方には当てはまらない部分が多いと思いますので

無理なく拾えそうな部分だけ拾ってみてくださいね💦

まず、うつ病や神経症、気疲れの類は

そもそも人間の毒💀が原因なので

1日に2時間以上、人間の事を考えないようにすると

ずいぶんと気持ちがラクになれると思います。

空がどこまでなのか気になるとか

海の色が気にくわないとか

鳥はどうして飛べるのかとか

そんな理由でメンタルにきちゃう人っていませんので…

緊張やマイナス感情の蓄積の裏には

必ず「誰か」の存在があるような気がします。

それが悲しみや憎しみじゃなくて、不安や心配

逆に期待や楽しみであっても同じことです。

恋煩いでは、1日中お相手のことで頭がいっぱい💖ですw

ずっとそんな状態で生活していたら

誰だって、神経系のバランスがおかしくなります。

悲しい人も、嬉しい人も同じように

仕事に手がつかなくなったり、普段ならしないようなミスをしたり

夜もよく眠れなくなりますよね🌙💦

リラックス(安定)と興奮(混乱)の問題であって

プラスの感情か、マイナスの感情かは

脳にとってあまり問題ではないようです。

なので、焦ってしまったりして

最初から「誰か」についての感情を片づけようとせず

まずは棚上げした方が良いと思います。

夢(悪夢)に見るほどなのは重々わかるのですが

元気の足りない段階でいろいろ考えても

かえって混乱をひどくするだけというか…

はっきり言ってしまうと

しっかり勝てる時に戦った方がいいと思うのですよ(´ω`*)

敗北ではなくて、一時的な戦略的撤退です。

元気さえ戻れば最後にはちゃんと勝てると思いますから

心配しすぎないでくださいね。

身体ををリラックスさせてあげるには

まずは栄養(ビタミン・鉄分など)と、血流が大切です。

きちんとした整体院でのリンパマッサージや

家に誰もいない時間の入浴などで

まずはガチガチになっている身体をほぐします

次に、「誰か」のことをつい考えてしまう時間を

実体のないものを鑑賞する時間に置き換えると

脳の負担を軽減できます。

音楽や映画、ゲームや漫画、読書や小旅行など

「誰か」に繋がる現実とは関連がないものが良いですね🍵

もし休養の時期に入ったら

せっかくなので?今まで読みたかった本や見たかった映画

行ってみたかった場所に触れる機会…

などにしてみてはいかがかなぁとも思います(*^_^*)

家族や知人が出てきていろいろ話しかけたり励ますよりも

一人でのんびりした方が

脳が「休養が必要」と「早く元気にならなきゃ」の間で

葛藤しなくてすむので(葛藤は脳の天敵です)

周囲の方からのお声かけは、極力

食べ物や身体の休息に必要なお話くらいに

とどめておいた方が良いように思います。

もし、お声をかけるタイミングがきたら

「朝、自然に目が覚めるようになるまでは

 何年でも休んでて正解なんだよ」

「マッサージしてほしくなったらいつでも言ってね」

という具合のお話が良いのかなぁと思います。

ご本人はとても焦っていると思いますので…

または、評判の良い整体院を探して送迎してあげるとか。

私が神経症(カサンドラ?)だったとき

一番ゆっくりできたのは、昼風呂と整体院でした。

っていうか、素人のマッサージとは比較にならないほど

整体院のリンパマッサージはよく効いて

10回も通わないうちに元気が出てきました(*´ω`*)

鬱とか神経症とか言うと、メンタルの病気だと

思い込んでしまう方が多いと思いますが

私の経験を振り返ってみると

過労と栄養の偏りと冷えが原因の、心身症でした。

だから、眩暈とか肩こりとか

症状もやたら具体的なんですよね~

今になって思うと…ですが。

うつ病の本なんか読んでも、役に立ちませんでした(-_-)

冷えと栄養不足と過労が原因なのに

お散歩やカウンセリング?に効果があるわけないですよね(笑)

ただあったかいところで栄養のあるものを食べて

のんびり昼風呂に入って、マッサージうけて…

マイペースにやってたら、1年くらいで自然に治りました🍵

明治の文豪たちも、ノイローゼ気味になったとき

「湯治場」に1年ほどいて治していたらしいですし。

※私の経験は私の話でしかありませんので

 生兵法をそのままマネしないでくださいね💦

ある程度、元気が出てきても慌てずに

食欲や睡眠が安定するまで休んだほうがいいと思います。

ただでさえ揺り返しがあるので、ぶり返しちゃうといけませんし。

それがある程度安定した時点から

たまにウィンドウショッピングや外食をしたり

映画館や小旅行などに出かけたりすると

良いような気がします。

スポーツ観戦なども楽しめるかもしれません。

さらに、もうちょっと元気になったら

ガーデニングやお散歩、お茶の時間などの

ちょっとしたルーティン作業を始めるといいと思います。

「1日に1つは何かする、それで合格🌺」

とか決めて、自分を責めるストレス(葛藤)が

負担にならない生活を始めると良いかもしれません。

それが自然に維持できるようになったら

今度は「1日に2つ」…などに増やして行きます。

外出の予定なども、まずは月に1回からはじめて

毎週でも大丈夫になったら、いよいよリベンジマッチです。

外出も負担にならなくなったあたりでやっと

自分の心の整理をつける時期になるのでは、と。

意識的に…ではなくて、人と話すこととか

本や文字の世界や歌を通して、自然な感じで

少しずつ見えてくるものが出てくると思います。

自分の考えがある程度整ってから

最後に「誰か」との関係を再考してみると

きっと、休息が必要になった最初の時とは

まったく違う目線でとらえられるようになっている

ご自身を自覚できるんじゃないかと思います(*^_^*)

元気がしっかり戻ってきた後は、「誰か」について考えても

もう最初のような強いストレスは感じなくなっています。

もう2時間もかからないというか

数分(一言)で答えが出るというか(笑)

「アイツ、ただの馬鹿じゃんw」みたいに。

勝てるときの喧嘩って、早く片付くものなんですよね~

やたらと時間がかかる時は、要するに劣勢なのです。

モーネルにすれば

「頑張って活動すること」と「回復に専念?すること」は

同じことだと思います。

どちらも、しっかり生きていくために必要なことですし

少しずつ自分を変えていく過程としても同じですし。

「誰かや何かに克つ(かつ)ための道」ですから。

整体院の方が言っていました。

「ダメな人ほど、身体のどこも凝ってない」そうです(笑)

愛情や向上心のない人は絶対に悩まないっていうけど

本当だなぁと思います。

嫌がったり逃げるだけで、悩まないし頑張らないんですよね。

頑張るくらいなら、簡単に捨てちゃうし、裏切っちゃう。

モーネルは、神経症(カサンドラ)になるほど

誰か(子供)のために頑張れる人間だった自分が好きですし

自力でそれを乗り越えた自分はもっと好きです(´ω`*)

神経症になってよかったと思えることもありました。

自分の弱点とかがハッキリ見えたので

元気になったとき、バランスの良い状態になれたというか。

もちろん、神経症の最中は不安定にもなったし

へんにあがいたり勘違いしたり、失敗もしたけれど

問題の「誰か」と出会う前の自分

ハッキリと思い出せたあたりから

ちゃんと自力で戻っていけました。

ゴールが見えれば、あとは歩くだけ…って感じです。

自分のためでもあり、子供のためでもあったので

回復への意欲は本能にも後押ししてもらえました。

そんなに遠い存在でもないですしね、自分らしい自分って。

だからこそ、その遠くないはずの自分を

完全に見失ってしまうと、混乱状態になるのですけど。

そういう時に私を支えてくれたのは

マライアキャリーさんの「HERO」という歌(動画)でした。

はからずも、洋楽の幅が広がりました💿✨

我慢や努力という形で蓋をしてきたせいで

自分の本音が膿んだり、歪んだり…

なので、不安や焦りやマイナスの感情が

色んな形で噴きだすのは当たり前だったんだろうなぁと…。

膿が出尽くして、かさぶたも落ちたら

心の傷とニキビがきれいになってたという感じになりましたw

吹っ切れるというか、元の自分より強くなってたというか(笑)

完治したからこそ言えることですが

「回避型の生き方をしない私だった」ことが

神経症という事実に裏打ちされて

確実な自信になったんだと思います。

きっと、神様?が

「お前はいい奴だから、もう苦労を背負わなくていいよ」

って言ってくれたんじゃないかなぁと、勝手に思っています。

キラキラさんも、何度も遊びにきてくれましたし。

※キラキラさんについては「天使占い」の記事をどうぞ

元気な人にも日曜日はありますし、連休もあります。

重すぎる何かを抱えて特別に頑張った人は

神様からよけいに休暇を戴けるのかもしれません。

あと、身軽な人生観も…

どのような休養にせよ、しっかり受けとるのが

一番良いのかなと思います。

人間の元気がなくなったら、ちゃんと横になれるように

神様は重力を作ったのかもしれませんね(*^_^*)

地球って、みんなの揺りかごのようなものなのかな~🍵

#占いスピリチュアル休養うつ病メンタルヘルス無気力人間の毒葛藤心身症神経症整体院 #昼風呂勝つときは一瞬戦略的撤退趣味を広げる時期真人間の悩み本来の自分自信人生の転機

9回の閲覧