• munyu0011 .

不思議なものについて ⑤前世の記憶


こちらの記事も、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

今日もご飯を食べてくれない2歳児(チビビ)に

困らされていたモーネルです(;´∀`)💦こんばんは~

最近、チビビがよくしゃべるようになってきました。

と言っても、まだ2歳ちょっとの男児なので

ムニャムニャ語中心で、語尾だけ発音している状態です。

話しかけた後の反応はちゃんとしているので

意味はわかってるみたいなんですが…

筋肉や神経の問題なのか、まだうまくしゃべれないみたいで。

それが突然、背後で遊んでいると思ったら

「あれ?こうじゃなかったっけ…」って突然

大人と同じ口調で話すときがあります。←ビビる❕❕💦

私もそういう子供だったので

あ~、この子やっぱり、前世の記憶ある系だわ~、と…。

お客様から「前世」についてお尋ねいただくことは

さほど珍しいことでもないので

記事にしてみようと思いました。

まず先に申し上げておきたいのですが…

「前世とかお客さんに言われたら、

 テキトーにそれっぽく答えておいてください(笑)」

という指示をうけたことがあります。

つまり…そういうことです。

もちろん、中には「前世を見るのが得意よ🔮✨」っていう

レアな占い師さんもいらっしゃるかもしれませんので

全部がそうとは言えません。

私自身では、ちゃんと前世が「見える」お客様に

お会いすることもありますが、正直、稀です。

たぶん私が、前世というのもをまったく重要視していないので

今世で「前世が関連していない人」については

特に何も見えませんし

見る必要性もないような気がします。

誰かにへんな幻想を与えるのは、

その時は面白いかもですが

後々、良くない影響が出る可能性がありますので。

ほとんどの場合、前世と現世ってべつに関係ないですし(´・ω・`)

なぜそう言えるのかというと

私が前世の記憶を持っている(名前までわかる)のに

別に今世とは、な~んにも関係ないからですw

東京都に某お屋敷があります。

そこに澄子さんっていたんですが、

それが私の1つ前の前世の記憶です。

あんまり良い記憶じゃないし

建物まで実在しているので詳しくは言えませんが

森に囲まれたお庭で、ひとり淋しく

白いブランコ(すぐ撤去された)に乗ったり

近所の明治の文豪の書生さんから

ゲーテ(ギエテ?)の詩集を勉強させてもらったりしてました。

その書生さんとは、現世でも再会しましたが

前世の時ほどきちんとした人じゃありませんでした💦

でも、ちゃんとつらい時に出会って

ささやかな助けにもなってくれました。

でも結局、それ以上に迷惑もかけられたんですけど(# -ω-)

前世の時、その書生さんの先生が書いたある作品は

「主語」というか「主人公の目線」が不安定なことで

とても有名です。

そりゃそうでしょうよ、書生さんの日記をとりあげて

それを元にして、私の悪口を書いてやろうってだけの

くだらない贋作(がんさく)だもの。

だからタイトルが「〇ん」なのよ(笑)

しかも私、その本にあるような生き方なんかしてないし❕

実にひどい書き方されたもんだと思います。

異性にだらしない女ってことになってるけど

それどころか、尼寺に行ってるからね~❕❕

そいつと現世で会ったらグーパンですよ、マジで👊

前世のお話に戻りますが

黒服の人たちが大勢、ビリヤード室に入るのですが

実はそこにいるのは秘書さんたちだけで

オオモノさんたちはその奥に行っていたことも知っています。

〇〇邸には入館したことはないのですが

階段の形や位置もわかります。

東京の知人に話したら、驚いた後、信じてもらえました。

ネットにも入館資料にも出していない情報だったからです。

その、白いブランコのお話だけは。

その人は、建築関係の仕事を目指していた江戸っ子だったので

よくその建物に通って、案内の方と仲良くなってから

そのブランコのお話を聞けていたんですって。

私も、その人とそういうお話をするまで

その人が建築関係を目指していたことも知りませんでしたので

すごい偶然だなぁと思います。

事実は小説より奇なり、って本当ですね♪(*´▽`*)

(好奇心旺盛なので、そういうのは好きw)

でも、…だから何?って感じで

特にこれといって何の事件もありません(笑)

共通しているのは、誰にでも当たり前のテーマくらいです。

「自分自身が自分の最高の理解者でなければ、

 結局は何もできないまま人生が終わる」

ということを、無力さと淋しさの中で学んだだけの

なんともうつろな女の人生でした。

上記の内容のヒントからいろいろ調べていただければ、

本当だってことはお分かりいただけると思います。

意味のない嘘ついたって、なんにもいいことないですし。

前世の記憶があってよかったことは

大人の会話の意味が2歳程度でもある程度はわかるし

本や文字を書くことを、誰からも学ばなくてもできたこと。

精神年齢が実年齢+αになることくらいですw

だから、英才教育なんかしても

そういう子にはかなわないって知っているので

モーネルは英才教育反対派なのです。

私の知る限り、偏差値70以上の世界の人は皆

クッキーを焼いたりテニスに夢中になりながら

全国模試一桁をとるような人ばかりです。

もちろん塾なんてかえって時間の無駄❕❕って感じです。

土台(+α)の精神年齢みたいなものが違うので

最初から、競争相手にならないと思いますよ。

それがわかってないのは、期待で目がくらんだ親だけで。

努力っていうけど、もし私が今から努力したら

五輪の100mで優勝できると思います?

町内大会だって無理です(笑)

+α組にもそれなりの悩みはあって

保育園で「メモリーグラス」や「ルビーの指輪」を熱唱して

「もっと子供らしい歌を歌いましょうね~(;´∀`)」って

先生に注意されたり、学校(会社)などでも

「めんどくさいガキの集団」に見えて困ったり…

親にも先生にも説明できないんですよね、これ(笑)

なぜ私の記事が、占い師にありがちな

ハートフル💖に生きましょうね~(*´▽`*)系じゃなくて

むしろ無機質な雰囲気( ˘ω˘ )なのかというと

前世で本格的な仏教徒(尼さん)だったからです💦

(特に役に立たなかったので、現世では無関係です)

でも(前世で)死ぬ直前、無理やりキリスト教に

改修させられるという意味不明っぷり…(笑)

ほんとに人間が嫌いになりました、あの瞬間だけは。

人生の後半、台無しだよ❕❕って

内心(本音)では憤慨していました。

もうめんどくさい、わかったからどっかいって❕❕👉

って心の底から思って、でも言いなりになってました。

今の私がそんなことされたら、最後の勢いで

なんか思いっきりぶつけて

拒絶したまま死ぬと思います(笑)

尼さんの時、寺のお使いでよく出かけて

本当に静かな良い関係だった仏師さんが

現世では幼馴染だったりします(*^_^*)

彼は覚えてないみたいだったのだけど、

自分なりにお礼はしました。

前世で唯一のまともな人間関係だったので。

でも結局、それ以上に

またすごーくお世話になっちゃったんですけど(笑)

分かり合おうとしない例の友人(前々記事の友人)も

たぶん…

キリスト教・改宗強化月間のあの姉だろこの野郎!

って、わかって?います(笑)

頭おかしいと思われるの嫌なので

本人には言わないけど、まぁすごい圧なのでわかります。

独特の気配っていうか。

申し訳ないと、本人も心のどこかで思ってくれてるのか

現世ではとっても良くしてくれます。姉のように。

きっとあの後、うんと後悔したんでしょうね。

現世の本人は、よくわかってないと思いますが

あと、私の前では妙にいい格好をしようとします(笑)

笑い話が弾んだときとか、とても嬉しそうですし。

その友人、前世でそういうことがあったせいか?現世では

二度と勉強なんかするまい❕❕と思ってるような

独特の生き方をしています。(当時のキリスト教は教養でした)

そこまで気にすんなよ~💦

現世は別人なんだから、関係ないって(;´∀`)💦

いろいろ書きましたが、記憶は紙芝居状態

実にとぎれとぎれです。

なので、さほど影響はうけてないつもり…ですが

改めてこう書いてみると…ちがうのかな?💦

違う、と思いたいです。

自分のために。

正味な話、その方が生きやすいです(*´ω`*)

やっぱりね、アレコレ持ち込んでも

ただでさえ厄介な現実が、もっと厄介になるし…。

なんかもう、あんだけ流されて1回生きちゃうと

もはや誰かや何かに頼りたくないし

何も決めてほしくないので、そう思うのかもですが。

だからなのかなんなのか… ←頑なに否認するスタンス

現世では、何かする前に熟考して

とにかく後悔のないように生きてます(*^▽^*)♪

どんだけ周囲からアナーキーすぎるだの

ワガママだのガンコだの非常識だの言われても

あんな人生を繰り返すなんて、二度とごめんですから。

自分もそうだし、周囲もそうで

性格、外見、家庭状況、個性の特徴などは

ほとんど前世と一致しておりません。

「前世がこうだったから、現世でも…」

みたいなお話はTVの中のファンタジーだと

思っていただいても良いような気がします。

そうじゃないと納得しないお客様も多いんで困るのですが、

あれは「報道」じゃなくて「番組」ですから💦

前世の記憶がある人は、俳句だの書道だのできたり

誰も文字を教えてないのに本が読めたりします。

チビビもたまに、誰にともなく

「う~ん、何が違うのかなぁ…」と言いながら

オモチャをいじくっています👶💦

次回は、後回しになっていた「天使の夢」の

よもやま話でもしてみようかと思います(*^_^*)

#占いスピリチュアル前世の記憶前世現世学習能力オカルト不思議な体験

10回の閲覧