• munyu0011 .

今年の運気について(2018年)


こちらの記事は、自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

チビビとアンパンマンを見ていると

釈然としない気持ちになるモーネルです(;´∀`)

明日の月食を楽しみにしつつ、こんばんは~🌙✨

いろいろ書いてるけど、私の自覚としては

タロット占い師でも霊感占い師でもないし(やるけど)

占星術師が本業(?)だと思ってるからね??(笑)

特にサビアン占星術と、西洋占術と

独自の見解を組み合わせた、ガチな占星術師…

の、はずなんだってば~!!w

…誰に言ってるんだか、まったくわからないですね(笑)

私にもよくわかりません。

ただ、恋愛や困りごとなどのご依頼が多いと

どーしてもタロット占いばっかりになっちゃうので

なんつーか、あれよ、本業じゃない系がメインになってる

独特の違和感や反動が、たまにこうやって

激しく自己主張したくなる時がありますw

よくわからないけど、アンパンマンの世界って

全員が妖精?とかいう存在?らしいですよね。(違う?)

ジャムおじさんって、ジャムの妖精?なのに

なんでいつもパンばっかり作ってるの?(笑)って

すごい違和感があるんで、なんでかなぁと思ったら

あ~、自分が同じ感じになってるせいだなって気付きました。

で、自分のブログで吠えてみました(笑)

あー、スッキリした(^。^)y-.。o○

今年(本番は旧暦2/16以後)の運気はこんな感じで、

大きな山の上で、わおーん!(≧▽≦)と

年神様が遠吠えなさった瞬間

山のてっぺんから光の柱が、天までドドーン!な感じです。

やりたいことがある方にとって、いい感じですね(*^_^*)

月とは、太陽の光を反射するものです。

特になにか働きかけをうけているわけでもないのに

何らかの感情が動くものって、自分の感情の鏡のようですね。

で、そのお月様が今日(2018-01-31)

この神気の強烈な今年の流れの中で

単なる月食とかじゃなく

「スーパー・ブルー・ブラッドムーン🌚」になるということで

ホロスコープを眺めて見たら…

獅子座の月がドラゴンヘッドと一緒になって

蠍座~牡羊座までの間に綺麗に並んだ他の星たちを

ぐいーん!と引っ張っている状態でした。

あやとりの「熊手」みたいな形です。

べつに、ホロスコープ調べまくって

ここまで見越して「今年は神気が強い!(パワスポがガチ)」

とか、「熊野神社が熱い」とか

言っていたわけではないんですけど…

御渡り観察で得た、単なるフィーリングっていうか。

…、いえ、占星術師ですってば!(笑)

霊感・オカルト・巫女系じゃないってば!

ただ、あんまりホロスコープや天文歴を見ないタイプの

へんな占星術師なだけなんです…

誰かわかって~💦 ←私にもよくわかんないけどw

今年のお正月は、戌年ということで

可愛いワンちゃんのお写真やイラストつきのお葉書が

飛び交ったことと思いますが

本当の意味で戌年の「イヌ」って、

普通の🐶ってより「オオカミ」なのよね~。

アイヌの「カムイ」に近い感じっていうか。

優しくて人懐こい🐶ってより

猛々しくて、鋭い爪と牙を持ってて、気高い。

ちょっと畏れなければならない、そんな存在。

で、オオカミってのは「大神」の隠語だったりします。

「大神」の呼称のままでは、

民話として残すのに、まずいんですよね。

日本の神様は、基本的に隠れ神だから。

「闇」という字は、月のない真夜中の時などに

神様が、音もなくご降臨になる様子だという説もあります。

それが獅子座でこんだけど派手に出るということで

モーネルは色々と心配になってしまいます

神とは本来、恐れなければならないもの

つまり、厄災も強く示す存在なので…。

だからこそ、八咫烏を祀った熊野神社系へのお参りが

今年はいいんじゃないかなって書いたのですが。

(爪と嘴など、鋭い部分が多いのもよくあってますし)

が。

メッキが剥がれる時間帯なのにも関わらず

勇気があるというかなんというか…

あえてパワスポ?で「逆光で」写真をとりまくって

それに画像加工を重ねて

「こんなすごい写真がとれました!私、霊感すごいの!」

みたいな、子供だましをしている人を見かけました(笑)

ちょうどいま、星座アイコンを自分で作ろうと

ペンタブなどの画像加工の修行してるので…

笑っちゃいました(笑)

なのに、信じてありがたがってる人も多くて…

やっぱりカモ体質の方って

ファンタジーに没頭しやすいんですよねぇ…

こんだけ神気の強い時期にまで、空回りって…💦

定期的に「魔女の苦~い薬」を処方して申し訳ないのですが

そういう方に必要なのは、不思議なチカラ(ご利益)じゃなく

まず、常識的な感覚だと思いますよ。

仏教用語では、こういう状態を「酔生夢死」と言います。

酔っ払いのように、へんな幻とともに生きて

へんな夢を見たまま死んでいく、意味不明な人生を意味します。

読んで字の通りですね。

「悟りの境地」から遠い人たちには、

誰でもそういう部分がありますね。

オカルトじゃなく、自己認識などのことでは私も通った道です。

しかし、今年はそれが終わりやすいというか

メッキが剥がれる流れが、予想以上に強烈に出るようです。

強い覚悟の必要な運気というか。

明日(2018-01-31)のホロスコープを見ると…。

実際、お相撲さんや音楽家とかのスキャンダルとか

すでにどんどん出てきていて

みんなウンザリしてきていますもんね~((+_+))

逆に言えば、固すぎる自分の殻を破りたい!とか

真実を知り、現状打破の突破口にしたい!

守ることの限界を知って、今度は攻め込みたい!

本当の自分(や相手との関係)を知りたい!

なんて人にとっては、実に有意義な時期になりそうです(*^_^*)

(2018年の秋の御渡りまでです)

画像加工にせよ、嘘偽りのミノムシ状態の方にせよ

今年のムキムキがおー!な神様たちの「動き」と

反するようなことは、危ないんじゃないかなぁと…

特に男性なんですが…。

ご自身が六角堂の闇の中で「神降ろし」の儀式を通過する

天皇陛下以外の男性はどうしても

闇(お腹)の中で「命」を宿すことがないので

ちょっと「神性」という面では、どうしても弱いのです。

なので、神性の強い女性が

占いでも心理学でもそうなのですが

精神の深みをわかっているつもりの男性の方と話すと

「はぁ…(んなわけねーだろ)」という

アホらしいような印象になることが多いのですよね。

昔の心理学の本なんか読むと、ほとんど性欲に繋がるし

現代の心理学なんかだと、ただの対処術みたいな感じの

お話がとっても多いように感じます。

もちろん、全部が間違っているとは思わないし

学問は間違いと修正の積み重ねですから

それを非難したいとは思ってないのですが

単純に、まだ使い物にならない部分が多いなぁと。

占星術も同じで、その人の人生を

入門書どおりに覚えこんでオシマイ、ではダメで

「1つの国や民族の歴史」と仮定してみていかないと、

見えるものも見えないというか。

これもまた、間違いと修正、一生勉強の世界だと思います。

(ホロスコープを重視しない、変な自称占星術師に

 言われたくないと思うけど💦)

昔、祖母が言っていた言葉を思い出します。

「人間と、人間の作ったものは全部が不完全だから

 どれも過信してはいけないよ」と。

私も気を付けなくちゃね…。

強すぎる光は、強すぎる闇を抱えていますが

本当の闇とは「穢れや災い」のようなことではなく

「ホンモノへの修正の道」なのだろうと

今年の運気を見ながら思いました

なんだか「アナと雪の女王」のお話みたいですね(*´ω`*)

ちょっと話に出たので、次回は「不倫」について

書いてみようかと思います。

#占いスピリチュアル今年の運気旧暦占星術師オオカミ神様メッキが剥がれる現状打破真実