• munyu0011 .

問題の解決能力(突破力)


こちらも自身のアメーバブログからの転載(改修)です。

前回(木星IN射手座)の記事で

問題が多く出るけど乗り越えよう!

という内容の記事を書いたので

じゃあその方法をわかりやすく解説しようかと。

射手座さんじゃない人でも

何歳の人でも、独身でも既婚でも、誰でも身につく

問題の突破力について書きたいと思います(*^_^*)

明日は関東でも大雪⛄?ということで

チビビとの雪遊びの約束を

楽しみにしているモーネルです(*´▽`*)♪

キャラ弁用の道具などを使って、色々やってみせたくて。

頭をひねってみるのも楽しいですね。

子供に、こちら側からどんどん「約束」を提案して

どんどん実行していくのって、お互いにとって

とても楽しいし、信頼関係ができて有意義だと思います。

今どきは、お子さんの自由ばかりを「尊重」せよと

世間で大合唱がなされていますが

モーネルはまったく、バカバカしい話だと思います。

正直、アホの考えたへんな宗教にしか見えません(-_-;)

自由な会社とか、縛られない家庭って実在しますかね?

自由なんていうくだらないものを「ご神体」にしてしまうと

信者は社会不適合になると思います。

それに、ダメ親と、まっとうな親が、なんで同じ目線で

同じように「余計なことをしない」育児をしなくちゃいけないのか

まーったく理屈が通っていませんよねw

良き親とダメ親の「育児」ってのは

愛の行為と強姦くらい違うっつーの…。

人間は一種類じゃないですよ、と。

たしかに、精神的に放置ぎみ・遠巻きに接する方が

良いケースもありますが、それってハッキリ言ってしまうと

子供より親の方がバカ(病的)な場合のお話です💦

そこをちゃんと理解していれば、

子供や周囲に振り回されない、しっかりした親になれて

一歩前に近づいたWin-Win育児ができると思うのになぁ…

マジメな方ほど、机上の空論や性善説を真に受けてしまったり

100の失敗を見つけて100回躾を行ってしまうので

子供の無気力や絶望が増えているんだろうと思います。

躾は、せめて本当に必要な10個くらいにしとかないと

子供がまともに成長できないと思いますし…。

大人でも、そんなにいっぱい覚えていられませんってw

それに、失敗は成功のモトっていうじゃないですか。

子供は、かけた手間やお金の量、意見の正しさによって

大人の言うことを聞こうとする生き物ではありません。

AIやアンドロイドじゃないんですからw

心から大好きな人や、羨ましいとかスッゲー!みたいな

何かしらの「リスペクト」のない大人の言葉は

ぜーんぜん心に響かないし、うざいだけです。

自分が子供の頃を思い出せば、たぶん皆そうでしたよねw

子供に言うことを聞いてほしければ

子供番組の人と同じくらい、歌を覚えて踊って見せたりする

「子供に歩み寄るための努力ができる大人」

でなければなりませんし

(他人に負けるか!これはウチの子じゃ!という気概)

ちょっとした手品から戦争体験、夫婦関係の成功体験まで

なんでもいいから、「すごい」「羨ましい」と思わせるものを

ちゃんと披露して見せなければなりません。

そういう土台をきちんと作ってから、必要な部分だけを叱り

「あとは自分の頭で考えなさいね」というのが

本当の「余計な口出しをしない育児」ではないでしょうか。

少なくとも私は、これで無気力ゾンビ状態だった長男を

まっとうな元気と前向きさのある大人に戻せました。

自慢話みたいで申し訳ないのですが、事実です。

ただ綺麗ごとばかり言って、そのくせ気分次第で

怒りの感情をぶちまけるだけ…

そうして長男を病ませていった元夫には

絶対に「できないこと」ばかりです。

長男は「死にたい」とかまったく言わなくなって、そのかわりに

「おうよ!まかせろ!」と胸をたたいて見せたり

「これ(弟のチビビ)俺の子供にちょうだい(´ω`*)💕」

とか冗談を言いながら、愛情たっぷりに

お風呂に入れたりしてくれています。

(何もいわなくても、お風呂洗いもしてくれます)

私、長男をひきとってすぐに言われたんですよ

「死にたい」「生きてても仕方ない」って。

だから、何度目かのときに、言ったんです。

「今日カレーにするって言ったのに、じゃあ食べないの?」tえ。

そしたら、「…はぁ?」って顔した後

「べつに…あれば食うし…」っていうんですよ(笑)

そこで私は即

「カレー食うかどうか気になるような奴が

 本気で死にたいわけないだろwww

 お前の“死にたい”はぜーんぶ気のせいじゃアホ!w」

って爆笑したんですw

そしたらね、「…たしかに。」って苦笑いして、

それきり、もう言わなくなりました。

大嫌いな勉強もしなおし、アルバイトや就活も頑張りました。

そして嫌がっていたはずの大学に進学し、

グループリーダー、トップの成績をとり

1年の留年や就職の内定辞退という不都合な経歴も

その全部を突破して、そこそこの所に内定しています。

きっと、それだけ私のカレーが美味しいのでしょう(嘘ですw)

でも、得意料理のカレーの日を狙って

そういう会話をしたのは本当です。

食いしん坊の長男は、少し楽しみにしていましたから。

個性や立ち位置、現実的な感覚などの

土台の部分をすっ飛ばして、

ただガマンや対処や躾だけを必死にやっても

脳の活動が低下した子供にとっては

ほぼ意味のない行為になります。

脳の活動が低下した状態の人は

いろいろ諭すより、悟らせる方が(騙す方が)早い!(笑)

…これらは、いくつかの育児の問題の解決策の例です。

他の対人関係でも使えるものもありますし

仕事でつかえる場面もあると思います。

いわゆる、愛情や信頼関係の生まれるような方向性の

処世術みたいなものですが

それは家庭でも親子でも、必要な場面があるということです。

様々な問題を抱えて

悩みや辛さのの中に沈み込む人に足りないのは

「勇気」や「根気強さ」や「愛情」だけではないと思います。

だれしも、若いころは才能だの容姿だの家の事情だので

色んな利得や不都合なんかを味わいますよね。

そこで、若いうちはみんな

「生まれつきの手持ちのカード」だけで勝負しちゃうのです。

経験もなくて、そうするしかないと思い込んでいるから。

だから必死に自分磨きしたりしますね。

向上心があるのは良いことだけど…それだけ、ってどうかなぁ。

で、なぜだか大人になってもまだ

無意識にそれだけを続けていて

実力不足というか、世間知らずになっちゃう人もいます。

でも、ちょっと待って…。本当にそうかしら?

そう思い込んでしまっているだけじゃないですか?と

突破力に定評のある、蠍座の私は思うのです。

「今ある(と思っている)手持ちのカード」

だけにこだわってしまうと、結果が出ない時

誰かや運のせい、愛情の問題、心の浄化がどうだとか

精神のレベルがあーだとか、間違った方向に

頭がすっとんでいっちゃうと思うんです(-_-;)

経験・知識・智慧・知性・思考力・想像力・企画力による

「手持ちのカード」が少ない状態で

現実にデュエル(遊戯王)やっちゃって負けてるだけ…

という場合も多いんじゃないでしょうか?

たとえば、ご主人がウザくて仕方ない奥様が

休日のストレスを何とかしたいんだけども

子供たちの手前、一緒にレジャーしなければならず

毎週、心身ともにイライラへとへとになって

週末や連休アレルギー(笑)になっちゃったとします。

オカルト脳の人は「受け入れて~」とか「愛の波動が~」とか

クソみたいな、まるで役に立たないことを言いますし

他罰的な人は、金の剣で誰かを正論切りすると思います。

実は他人のことなんかどうでもいいオトモダチは

「わかる~!大変だよね~!うちもうちも~www」

で、自分の話して、お茶飲んで帰ると思います。

モーネルにすれば、どれもバカバカしいです。

子供とレジャー会話もして、ウザ夫と一緒にいなくてもよく

自分も楽しめる方法なんかいくらでもあるからです。

私なら、そこで魔法カード発動です。

「俺のターン!銭湯!!」

男湯と女湯に分かれていればいいじゃない…(笑)

美容にもいいし、ストレス飛ぶし。

子供たちと一緒にリラックスできるし、風呂も済ませられるし

マッサージうけられるし、食事だってできるし、健康にも…。

安売りのタイミングで回数券を買えばいいですし💰♪

これは一例なので、うんと頭をひねればきっと

方法は他にもた~~くさんあると思います。

スキー場に行くとかねw 滑ってる間は喋れませんし

うまくいけば、ムカつく夫がすっ転ぶところを見て

ちょっとはスカっとできるかもしれませんよ(笑)

自分が転んだらそれどころじゃないけどw

基本的に、問題を抱えた人というのは、だいたいですが

認識のズレ(間違い)が多くて

自分の「本音」を知らない人だったりします。

(自分ではわかってるつもり) ←死にたい期の長男とかw

マジメな人だったり、誰かの言葉(きれいごと)に

まみれて耐え抜いてきちゃった人だったりすると

さらに事態は悪化します。

いつまでもいつまでも、爪が剥がれても

心が完全に死ぬようなギリギリのところまで

出ない井戸を掘り続けてしまうからです。

もっと酷いと、自他の心の口と耳を悪気なく塞いでしまい

劣等感と無気力さにあふれた

「全く現実味のない存在(冬彦ちゃん)」にしてしまいます。

自分で自分を冬彦ちゃんにしてしまっていることに

「なぜだか」気づかない人も多く見かけます。

そういった人のうち、ほとんどのケースが

「自分を守りすぎた結果」だと思うので

今度は攻めの、「俺のターン!」に入ればいいだけなんですけど

そういう状態のときって

なぜだかそれが思いつかないんですよね~

(攻めこむ「目標点」が見えてないせいだと思うのですが)

自分に嘘をついている人(自分を守りすぎた人)の特徴は

言ってることがだいたい矛盾だらけで滅茶苦茶なことです。

「自分を殴った元カレが、いかに紳士だったか」みたいな

他人には理解しがたい認識や意見を

普通に披露していることに、なぜだか自分だけが気づかない。

ただわかっているのは、いつもナニカが怖くて仕方ないので

いつも不安にさいなまれ、生きた心地がしないことだけ。

(誰かへの負の感情を自覚するのが怖い場合が多い)

「そこは怒るところだろ!」

と他人が思うようなことも、この人にとっては

なぜだか「普通のこと??」になっている…

そういう人、けっこう多いですよね。

「カード」のなさと、自分への嘘(真実から目をそらす)

この2つが、問題を解決できない人の2大要素です。

そのせいで失敗ばかり繰り返し、自信喪失…

そんな人には小さな問題さえ突破できなくなります。

ますます事態を悪くする選択を繰り返すというか。

最後はもう信じがたいレベルまで堕ちてしまいます。

逆に言えば、これに気が付いたら

問題の突破口はちゃんとわかりますよね(*^_^*)

①恋人だろうが我が子だろうが親だろうが自分だろうが

 醜いものは醜い、美しいものは美しい

 そういう真実と事実を見る勇気をもつ。

②机上の空論(綺麗ごと・スピリチュアル・愛情論)

 を現実に持ち込まない。

③勇気よりも先に、知性・知識・想像力を発揮する。

④性善説を捨てる。(バカは諭すより騙したほうが聞く)

⑤自分のいいように事実を捻じ曲げない。←最重要

⑥徹底的にあがいて、本当の目標に近づく努力をする。

人間には一人ひとりの事情と個性があります。

ハッキリいって、個性とは弱い狂気のことです。

つまり、全員がイタイ人です。

それが原因でたくさんの問題が起きたりします。

でも、皆さんの個性(狂い)ってね、ちゃんと

文化的な多様性を生み出してくれているし

それが、カードをたくさん増やしてくれているのです。

私がネット経由のゲームをするようになったのは

べつにオタクだからではなく(アニメや漫画は苦手です)

そういうカード(キャラクター)の使い方や個性の方向性を

キャラクターを通して勉強したり再確認するためです。

実戦のシュミレーションに最適なので。

ヤフー知恵袋や発言小町とかもいいのだけど

正直、怪物というターゲットとバトルするほうが

よほど智慧が回るようになりますw

「あ。これ現実で使えるな」って。

話がそれちゃいましたが、「突破力」について

少しだけでも何か伝わったでしょうか?

少しのアナーキズムと知恵と現実主義について。

お分かりいただけた方には、さらに士気の高まる

良い方法をお教えしたいと思います。

鏡に映った自分の顔(目)や、特定の相手に向かって

「私、本気よ。」「これ本気で言ってるのよ?」って

真顔で普通に言うことです。

相手もビビるし、自分でもビビりますけどw

覚悟してかかってらっしゃい!というか

とても柔らかい、戦闘開始の合図を送ることで

事態の停滞と自分のためらいを突破できます(*^_^*)

次回は、そうですねぇ、この流れですから…

人生の目標とか、そのへんのお話にします(*´ω`*)

#占いスピリチュアル育児子育て対人問題人間関係切り札カード勝負突破力企画力計画

10回の閲覧