• munyu0011 .

大アルカナの意味 ⑲太陽


「⑲太陽」は「⑱月」と対になっている部分が

とても多いカードだと思います。

どっちも同じ「太陽の光」で輝いているものですから

「異質なもの」を示すということはない

と、モーネルは勝手に思っています。

原始、女性は「母」という太陽でありました。

月もまた女性神や「妻」を意味するものでした。

なので、幼い子供たちが「⑲太陽」にむかって

「おかあさ~ん(*´▽`*)」と天真爛漫に

素っ裸で両手を広げている構図のものが多いんですね。

実際、幼稚園などのお迎えに行くと

幼児はこんなふうに、安心しきって駆け寄ってきますw

なんと暖かな日常の風景でしょうか。

または、公的に認知された宗教(国教)などの

「習慣性」に馴染んだ様子でもあります。

日本であれば婚姻制度や初詣やお正月

キリスト教であればクリスマスなどの家族の様子

そういう感じの意味もあると思います。

高価なものや立派なものなど何もなくても

そこにある、確かな安らぎと暖かさ。

子供が2人とも喜んでいるのは

気に入った子供だけを可愛がるような

心の狭い愛情ではないことを示しています。

母というのは、自分自身ではなく子供たちを主人公にして

生きることを喜んで受け入れることができる

実に高い精神性(立ち位置)を獲得できた人のことです。

子供さえいれば、子供よりスマホやドラマ!みたいな

夢見る中学生のような女性でも

「母」呼べるかどうかは…違うと思います。

それは子供を生んだ「高齢の小娘」じゃないかしら…。

まだ「⑱月」の世界で夢を見ている最中なのでしょう。

「⑱月」は女性や社会の闇(陰)の部分を

「⑲太陽」は女性や社会の光(陽)の部分を

それぞれ表現しているのかなぁと思います。

底なしの不安や虚無感と、無限の安らぎと充実感…など。

余計なものが一切必要ない安らぎの世界というのは

まぎれもなく自分自身の宿命(天分・本当の個性)を

まっとうした人が辿り着く境地なのだと思います。

それは理屈でどうにかなるような世界ではなくて

最も原始的な、性分(本能)の世界だと思います。

「⑱悪魔」の追記の記事でも書きましたが

生物のほとんどは、単体で「生殖」を担当しません。

同じ生物と同時期に咲き、飛び、産卵します。

満月の夜の珊瑚のように…。

そういう、実に全体的で、豊かで

抗いがたい現実や現象を暗示している

そんなカードでもあると思います。

月はもっと個人的で不毛な雰囲気の世界なので

ここでも対になっていますね。

太陽と月のコンビネーションは

運命の輪や審判と同じくらい

様々な占いで、よく出てくる印象です。

初歩的な、結果(成果)から遠いところで迷っている…

そういう場合のデッキ以外では…ですが。

「⑲太陽」は昼の世界をしっかり照らすカードでもあるので

物事がよりハッキリする、という部分に注目して

リーディングするのが一番良いような気がしますので

カードの吉凶にとらわれず

注意深くデッキを読み込んだほうがいいでしょう。

「太陽=成功」というのは、ちょっと違うと思いますので…。

スリーカードなどで展開してみると

状況がより分かりやすいような気がします。

ただ、その人の、自分らしい人生(生活)への

現実的な道が周囲のどこかにあるのは確かなようです。

「それ」がどこかがどうしてもわからないデッキで

しかも「⓪愚者」が逆位置で出ていたりしたら

占う(質問の)内容がズレていたり

選択肢に入っていない、予想外の何かが「鍵」なのかも。

または単純に、カードがテーブルから落ちて

何枚か欠けていたりしていて

「見つけて~!」という、カードの意思表示かもしれませんw

カードって意外と袖にひっかかったり

テーブル上の何かに挟まったりしやすいんですよね~(;´∀`)

もう一度、落ち着いてカードを数え直し

目線を変えたり、視野を広げて

占い直すことをお勧めしたいと思います。

それぐらい有意義なカードですので

チャンスを無駄にせず、しっかり読み解きましょう(*^_^*)

#占いスピリチュアルタロット大アルカナの意味太陽母親子供平等安心自己成長宿命天命