• munyu0011 .

大アルカナの意味 ⑱月


「⑱月」のカードが指す時間帯は「真夜中~夜明け前」で

実に奥行きのある意味を持ちます。

「⑮悪魔」の続きでもあり「⑰星」の続きでもあるので…。

なので、吉凶や善悪だけでこのカードを解釈しようとすると

意味がほとんどくみ取れずに終わってしまいます。

お若い方には単純な出方をすることが多いですし

年配者の方には実に味わいのある、優しい出方をする

そんなこともよくあります。

ひとことに「月」と言っても、新月から満月もあれば

真昼の月もスーパームーンも月蝕・日蝕もありますので

当然、解釈もデッキ次第でずいぶんと

意味が違ってくるカードなのだと思います。

ちなみに西洋占星術ですと

月の遠隔点や軌道の交点なんかも見ます。

「宿命」に関する重要な「ホシ」の一つです。

本当は、ぜんぜん光ってないんだけどw

別世界を意味する二本の柱や門のモチーフが

ここでも出てきますが、そこを道が通っているのは

このカードだけです。

別世界や未知の世界へと続く道の途中に

どう見てもザリガニな蠍の絵が描いてありますw

狼(ジャッカル?)の絵も描いてありますね~。

中央アジア~エジプト的なイメージです。

一方、目を閉じて、しっとりと月を抱く女性だけが

描かれているカードも(近年の作品)出ています。

西洋的な月の解釈だと思います。

どちらも「危険や嘘」を示しているのは従来どおりなのですが

「敵意や障害」を表現したものとしないものがあるようです。

モーネル的には「夜、見えないものを照らすもの」

という解釈でほぼ共通するのかな…と思っています。

月自身は光を放つものではないのですが

宿命や生命(太陽)の光が、暗い世界にあるものを

優しく照らしてくれる、または見せつけるような。

自分では気づかなかった(見たくなかった)

宿命的(原始的)な何かを見せてくるものでもあります。

絶対に話し合えない相手(天敵)のような存在なんて

考えたくもないのが普通ですもんね~。

自分の中の醜い部分とか、説得不可能なライバルとか

愛しい人のひどい嘘などに触れた時

初めて自分の根本的なものが

ハッキリと正体を現してしまうものです。

雪が降ると、世界は美しく覆われます(隠されます)が

月が輝くと、世界は実際の姿を照らします(表面化されます)。

障害(トラブル・嘘)を仲介者として

目覚めの時(夜明け)に近づいているようです。

「⑰星」や「⑯塔」から月の世界に来た人は

「メイク前の女優さんを見てしまった!」という感じですが

その女優さんは、いったい誰なんでしょう?

そこに注目するとリーディングが容易になる気がします。

メッキが剥がれるのは、お互い様かもしれません。

月(思い出)が眩しすぎると

遠くから見てあんなに恋しかった故郷が

実際に帰ってみると、ほかの町よりつまらなく見えたり

してしまうのかもしれません。

それは、いったい誰が「変わった」せいでしょう?

そこに気づけた人は「⑲太陽」の世界に近づいていきます。

一方で「⑮悪魔」から月の世界に来た人は

「辛い思い出・記憶に支配されたままの人」は

悲しみや恨みの世界で悪夢を見ている最中かもしれません。

きっと「新月」や「昼間の月」で

あまり現状把握に役立たない「月の状態」なのでしょう。

もうすぐ朝になるのに、まだ気づいていないようです。

永遠に分かり合えない相手、しかも終わったことを

ぐるぐる考え続けるノイローゼ状態の場合、

嫌でも頭に浮かんでくる「敵=カタキ」に対して

復讐心や無力感に気を取られずに

まず「なぜ許せないのかの根本的な気付きを得る」

ことに注意を向ける必要があると示しています。

(許せないものはここで無理に許さなくても大丈夫です)

愛されたかったのに、さんざんに裏切られたのなら

恨みや悲しみや絶望感に没頭するより

新しい愛(新しい朝)をまた探したほうがいいのだと

気付くことができた人は

自然の回復(目覚め)を待って、再出発します。

遠回りするかもですが、運命のパートナーが待っている場所に

辿り着けるといいですね(*^_^*)

元気に進んでいた人は、とりあえず

狼にお尻をかじられる前にルート変更(迂回)して

違うルートを探しましょう(*_ _)

人生のお正月を迎えるのに、今は遠回りしたほうがよさそうです。

別の見方をしますと、月は黄泉の入り口であり

神の住まう世界でもあります。

自分の人生の残り時間(老後の問題)を指すかもしれません。

諸行無常の世界観を奥深くで感じているのかもしれません。

質問の内容次第では、遺産ややり残しの問題を暗示します。

宗教問題や来世への関わり(関心)なども暗示したり…。

「こんな世界、もうどうでもいいや!」みたいな自殺願望など…。

でも道はまだ続きそうですから、あわてて現実逃避したりせず

まずは現世の問題をしっかりやり遂げましょう。

回り道には意外な発見があったりして

案外、楽しいかもしれませんよ(*^_^*)

このように様々な状況の人を様々な意味で照らすカードですが

共通しているのは、太陽(自然の摂理や宿命)への道が

確実に暗示されている点です。

そこは、あったかいコタツに蜜柑の山があって

お笑い番組が流れる、まるでお正月のような世界。

自分の運命、宿命、目標、戦果などに関して

はっきりと現実が反映される時期に入って行きます。

#占いスピリチュアルタロット大アルカナの意味月回避天敵問題障害夜明け前回帰

11回の閲覧