• munyu0011 .

大アルカナの意味 ⑬死神


死神の足元には、人間の手足や頭がバラバラになってて

不気味な図柄のカードになっているのですが

モーネル的には単なる「農夫の収穫」というのが

本来の図柄だったんじゃないかなぁと思う節もあります。

いかにも農村風のコートと鎌ですし、田畑にいるし。

なので、このカードを見る時、不謹慎?にも

吉幾三さんの、あの名曲が頭をよぎってしまいます。

TVもラジオもないっていう、あの楽しいメロディ(笑)

💀地平線の向こうに2本の柱の間から朝日が見えるもの

💀不気味さを強調するように、闇夜に浮かぶ三日月を描いたもの

💀生命の薔薇の旗を持ち、騎士のように白馬に乗っているもの

なんかも~、ま~、みんな色々とアレンジしちゃったのね~

あらら~(;´∀`)って感じですが

そうしたくなるのもわかるほどミステリアスな刺激に満ちた

1枚であることは確かです。

もし私が描くとしたら、痩せた老農夫をまだ幼い孫たちが

お手伝いしている畑に狼が来る図柄にするかなぁ…。

もしくは戦国時代の合戦場(だいたい田畑)の夜に

生存者や遺品回収などをする野盗や鳥たちを描くと思います。

さて、意味について。

「⑪正義」で納税を迫られたあなたは租庸調の中から

「租→コメや農産品」で納税することを決めたようです。

丹精込めた、先祖代々の土地。

可愛い子供たちやアヒルまで手伝って、みんなで作った

大切な実りが、ここで他人のものになってしまうんですよね~。

自己愛(我儘な願望)でご意見無用に生きてきた人ほど

自分に付随するものをたくさん失うことになるでしょう。

納税なんて、先にわかっていることなのに

なぜ「不幸」のような形で出てくるのかというと

ちゃんと働いたり準備していなかったからです。

もし飢饉であれば、「調や傭」を選択すべきだったのに

その方向に行かなかったばかりに

食事にもこと欠くような生活になってしまいました…。

飢えないために、前もってたくさん働いておけば…

釣りや狩りや織物を覚えていれば…

無駄な犠牲を払わずにすんだのではないでしょうか。

確かに、「⑬死神」は停電みたいにドーンと暗い世界を

突然に連れてくることが多いのですが

それは日頃の生活習慣や考え方などにあった

間違いや病巣をガツンと修正するためのリセットなんですよね~。

簡単に言いますと、不摂生だった人や

周囲に無理をゴリ押ししていた人

欠点や無茶の多かった人ほど、重く出る感じです。

逆に言えば、占ってみて「⑬死神」が出てしまったら

それまでのご自身の考え方や言動には無理がなかったか

もう一度ふりかえるチャンスです。

重い病の人にはちょっと朗報がある場合もあります。

入院先のベッドから、自宅へと「移動」させられるというような

出方をするケースもなかなか多いような。

デッキ次第では、「亡くなってお棺に移送される」

という場合もあることはあるんですが、かなり稀です。

このカードは本来、「死」ではなく

「生と死」を表現している要素が図柄にもたくさんあるので

ネガティブ要素だけが出るとは考えにくいのです。

次の「生」への転機そのものと思っていいと思います。

転機だけに「生と死の間」で揺れているものがある感じです。

恋愛占いなどで「しばらく連絡をやめてみましょう」

という解説が多いですが、モーネル的には

「放っておいて、なんか違う、楽しいことしましょ!」

という解釈になります。

デッキ次第ではありますが

「てっきり連絡してくると思い込んでいたお相手」が

3日も放置されたら大慌てで謝罪の電話をかけてくる…

なんてこともありますから(笑)

このへん、ちょっと「⓪愚者」の逆位置と似てますね~。

ちょっとわかりにくい例えだったと思いますが

「⑩運命の輪」の、Aから☆へ、と変化するような

かけはなれた感じの転機ではなくて

連続性のある、1から3へ、という転機です。

小娘からしっかり妻へ。

しっかり妻から、肝っ玉母さんへ。

弱虫から、強さを持った優しい人へ。

そういう変化を求められている時だと思ってください。

このカードは「コメ(お金)の上納」を意味しているので

なので、悪いデッキに逆位置で出てきた場合

とにかく目先のイロ・カネの条件を最優先にするような

愚にもつかない人の姿を表現します。

ここでも自他のそういう暗部に気づかないと

なんともゲンキンな人々は、さらに無茶を重ねたあげく

最後は「人生の意味すらも見失ってしまう危険性」を示唆します。

恋愛では、やけぼっくいに火が付く、という解釈もありますが

それはデッキに「⑳審判」「⑲太陽」「㉑世界」とかが

ばーんと揃った時のお話じゃないかと…。

腐ったデッキなら先のない腐れ縁を示します。

体の内外の切除手術(実りの刈り取り)が終わった直後は

心身ともにヘトヘト、おなかもペコペコだとは思いますが

納税は終わったわけですから

そこから「⑰星」の世界に入り、簡素ながらも

安息の時を迎えることになると思います。

生命の泉に映る星々は、「⑬死神」を通過した人にとって

過去の記憶として見えることだと思います。

でも、いつかきっと、あの星たちもまた

ひとつの太陽なんだと気付いた時

目の前にある、一番近くの太陽のあたたかさを

顔をあげて、やっと実感できるようになりそうです。

病める日も、健やかなる日も

陽はまた昇り、沈み、そして年は無機質に過ぎてゆきます。

嘆き暮らしても一生

笑って暮らしても一生

私のこの人生が終わるまでに

本当に自分が守りたいものは何だろう?

命をかけてもいいものは何だろう?

それが見つからないのはどうしてだろう…?

この部分にフィーチャーしてみれば

喪失感や無力感に囚われた人々を解放するカードだとわかります。

生の実感なんて、ナマケモノには無縁ですよ、と。

フラれるにしたって、自分の最高の思いやりを示してこそ

ふんぎりがつくってものです。

だって、もうそれって、本物の愛情を失っている(フラれてる)のは

相手のほうだもの。

特にお若い独身の方でしたら、薔薇の大鎌でザクっとやっちゃって

さっさと次へいっちゃうのもおすすめです(*^_^*)

#占いスピリチュアルタロット大アルカナの意味死神農夫自己修正縁目的意識

11回の閲覧