• munyu0011 .

大アルカナの意味 ⑫吊るし人


「⑪正義」で理不尽な要求への対応や

倒してはいけない関係性を学んだ人は

いつの間にか「守るための戦い」覚え(決断)ました。

そして「⑫吊るし人」は傭→兵役を選択しました。

身内や天分(夢・自己の可能性)を守るため…。

戦死こそしなかったけれど、捕虜にされてしまい

辛い状況で1日1日、命をつないでいるようです。

しかも、ちょっと長期戦になると思います。

早くて数年、遅ければ子供が卒業(成人)するまで…とか。

デッキの吉凶関係なく、ここで一番考えなければならないのは

「これは本当に意味のある犠牲なのだろうか?」

ということです。

愛する家族のためにする苦労なら、意味があります。

将来に必要な資金がほしかったのなら、意味もあります。

だから「⑫吊るし人」のカードの左右には

緑の葉をつけた木が描かれているんだと思うんですよね。

ただ、「目先だけのことなかれ主義」でもって

「流されてる」うちにこうなっちゃった><

なんてのはちょっと、今後良い方へ行く要素が

あんまりないような気がします…。

左右の木が腐ったり、枯れちゃってそうな…。

このカードの男性が穏やかな顔をしているのは

身体的につらくないからではなくて

故郷や家族や今後の夢をしっかり思い描いて

いるからなんじゃないかなぁと思うのです。

まったく動けない人に見えますが。

実は避けられない「納税」をクリアしつつあり

頭の中もフル回転していて、夢も希望もあるからこそ

あのような表情でいられるのでしょう。

自己犠牲を払えるほど、大切な何かがあった人なので

悪いデッキでもない限り「開けない夜はない」状態かと…。

講和が成立するか、助けが来る可能性を

信じられるだけの状況があるのかもしれません。

(離婚問題であれば、実家の援助が期待できる、など)

足を縛るロープは、家族の絆や大切な夢への道でしょうか

それとも、しょーもない腐れ縁や悪癖でしょうか?

後者のほうだったら、迷わず切っちゃえw

つまんない相手に義理立てや遠慮、貸し借りばかりで

人生がどんどん終わっていく

そういう人(特に中年)って意外と多いですよね~。

もう愛もないのに、ただただ、フナムシのようにひっついて…

そういう人って、この「試練」を乗り越えるほどの

精神力も覚悟もまったくなかった人なんだと思います。

身勝手な「吊るし人」の場合は、自分だけ助かろうと

さっさと兵役逃れしたり、大切な家族の絆(ロープ)を

いとも簡単に切り離して脱兎のごとく去っていくでしょう。

逃亡者や兵役逃れ組の場合

「⑮悪魔」「⑯塔」のどちらかへとお話が進みます。

厳しい納税システムの中のお話ですから…。

勇気と覚悟を持って兵役を終わらせた「吊るし人」は

戦争見舞金やら税の免除やら、たくさんのものを得て

夜空の「⑰星」を辿り、心の故郷へ帰還できます。

もちろん疲れ果てているので、しばらくは休養が必要ですが

満点の星空が祝福するとおり、まずは一休みして

じっくり今後の計画を寝る段階にはいるんだろうと思います。

長い期間の夫婦喧嘩だの下積み時代だの…

人生の納税ってのは本当に大変だけど、そこを通らないと

たどりつけない安息の地(自分の居場所)には

希望の光が生命の泉にキラキラと輝いています。

これまで当たり前だと思っていた日常も

また違った目で見られるようになるかもしれません。

とにかく乗り越えた(決断した)人は、まず休息して

それぞれの立ち位置から前に進む覚悟を決める時です。

次は「⑱月」まだちょっとやるべきことがあるようですが

月の光は太陽光を反射しているものですから

さほど暗い内容を示唆してはおりません。

俗にいう「よくある」ことでしょう。

そこを超えたら「⑲太陽」という人生のお正月までもうちょっとです。

1日1日、とてもつらい時ですが

先をしっかり見据えて頑張っていきましょう(*^_^*)

#占いスピリチュアルタロット大アルカナの意味吊るし人吊るされた男犠牲兵役選択捕虜絆

11回の閲覧